このブログを検索

2019年3月31日

2018年末時点の日本の家計の金融資産が10年ぶりに減少に転じて1,830兆円になったという話です

日本銀行公表資料から_2019年3月





おはようございます。

2019年3月のビルメン王提供の経済財政概況に関するブログ配信記事です。

いよいよ、日本の少子化高齢化による人口減少による影響が具体的な数字で出てきました。

日本銀行が2019年3月19日に発表した公的資料「資金循環統計(速報)」によりますと、2018年12月末時点の日本の家系の金融資産の残高は2017年12月末比較で、10年ぶりのマイナスを記録し▲1.3%の1,830兆円となりました。

これは、かのリーマン・ショックと呼ばれる米国金融危機に端を発した世界的な景気後退状況があった2008年12月末以来、10年ぶりに前年末の水準を割り込んだということになります。

2018年の後半に進んだ世界的な株安が、家計の株式や投資信託の評価額を引き下げたのがマイナスの大きな原因です。

ちなみに、資産別に見た株式の残高は175兆円です。

これは、家計の金融資産の約10%であり、相変わらず全金融資産の半数を占める現預金(984兆円、53%)に比べて小さい割合ですが、それでも、株安の影響により大きく全体を押し下げる結果となってしまいました。

これにより、日本国内での株式や投信の購入額は低迷しています。

現預金の残高は相変わらず成長しており過去最高を更新しました。

政府が貯蓄から投資へ、と音頭を振れば振るほど、国民は逆の方向を向いてしまうという構図が続いていると言えそうです。

株式投資においては、株主優待重視の少額投資をモットーにしております筆者からの記事は以上です。

(2019年3月31日 日曜日)

▷▷次のページは

素数が無限にあるという証明を通じて整数の深淵に迫りたいと思います

2019年3月30日

2019年3月Apple(アップル)が定額制のニュース配信サービスと映画配信サービスを相次いで発表したという記事です





おはようございます。

2019年3月の新しい年度に関する配信記事です。

ついにAppleが日本のお茶の間の「新聞」にも狙いを絞ったニュース定額制サービスを始めると発表しました。

月額9.99ドルで、ありとあらゆるニュースソースからの「記事」を適宜適切に配信するというのです。

このサービスの名前は、定額制のニュース配信サービス「アップルニュース+(プラス)」であり、先行して米国で始めたと発表しました。

ニュース専用のアプリをダウンロードし、月額9.99ドル(約1100円)を払えば経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」や経済誌「フォーチュン」など300を超える新聞・雑誌が提供する記事が読み放題になるということです。

当然、それらの膨大な新聞や雑誌を一から読むことはできないので、顧客の志向や興味に合わせた記事を自動配信し、読者は読者側で許された時間をこのアプリを使ってApple側が提示した記事を「読みつづける」ことになるわけです。

これは、顧客ごとにユニークなニュース配信をすることと同じです。

読みたい記事から自動的にピックアップして上位に表示されるというのは非常に気持ちが良いものではありますが、能動的に、あえて、自分の知らないことや分野にも知的好奇心を向けようとする場合、こうした手取り足取りのニュースサイトアプリは好ましくない点もあると思います。

結局、人間は弱いもので、自分の見たい現実しか見ない結果になるからです。

本当は、見たくない現実やあえて目をつむっている分野にこそ、新しい発想や知見の種が眠っていることが多いのですが、どうも人間一旦自分が得意分野と「思い込んだ」領域からなかなか外に出ようとしないのはよくないところです。

また、アップルは独自配信の動画や映画のサブスクリプション(定額)番組サービスも始めるようです。

こちらの定額制の動画配信市場への参入するサービスの名称は、「アップルTV+(プラス)」というそうで、米国映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏らと独自のコンテンツを用意し、その他気鋭の映画監督のJ・J・エイブラムス氏や俳優のジェニファー・アニストン氏、リース・ウィザースプーン氏らと連携し、他の動画配信サービスでは見られない独自の映画やテレビ番組、ドキュメンタリーなどを用意するとのことです。

こちらのサービスのローンチ(開始)は2019年秋ころであり、料金は未定とのことです。

この定額制動画配信サービスにおいては、すでに米国の最大手のネットフリックスやこのブログでも何度も紹介しているアマゾンプライム内では無料のプライム動画サービスは、独自映画制作で先行しています。

ただ、こうした「動画映画」は劇場公開期間などが非常に限定されており、旧来の映画界の面々が反発もあり、今回のアップルの戦略は、後発組としてこうした保守映画制作層を取り込み、映画界との協調体制を前面に押し出し覇権を取り戻そうとの狙いも垣間見えます。

いずれにしろ、動画プラットフォームの覇権を握るのは誰か、ネットフリックスかアマゾンかあるいは旧来映画界を味方につけたアップルか、これからの熾烈な戦いから目が離せません。

今のところはユーチューブプレミアムの無料動画のユーザーでありますこちらからは以上です。

(2019年3月30日 土曜日)

2019年3月29日

人間は失敗から学ぶ生き物であり成功か否かを論じる前に好きなことにフォーカスした方が良いと思う話です






おはようございます。

2019年3月のビルメン王提供の日本の教育に関するブログ配信記事です。

3月も末になりまして、大学入試の国公立大学の後期試験の結果も出揃い、いよいよ4月から新しい道が定まった学生さんも多いことと思います。

後期試験といいますと、たった10名の枠に数百人が殺到するというようなイメージがありますが、筆者が学生の頃から、最後まで諦めない者には福音があるといいますか、後期合格した強者は筆者の周りにもたくさんおられます。

同じ(国立)大学の同じ学部に、現役の前期後期、浪人の前期も落ちて、最後に後期で受かったとか(4回受けた)、経済的な事情で国公立、しかも自宅から通えるところだけ、というような制約の中、最後まで諦めず図書館の自習室にこもって勉強を続けて、見事後期試験に合格するといった話はそこここに転がっているのです。

人間、なんでも、諦めない限り可能性があるものです。

完全に目が消えたら、そこできっちり切り替えて次に進めばいいのであって、ほとんどの人が、結果が出ないうちに「諦めて」「決めつけて」チャレンジするのをやめるということが多いと思っています。

失敗を受け止める覚悟を持つというのは失敗しないことよりもはるかに重要です。

かのロベルト・バッジョも言っています。

「PKを失敗できるのは、PKを蹴った者だけだ」

人生において、本当の勝負の場面というのは実はそんなにやってきません。

何か大きなものにおののきながらチャレンジするという経験は、それを達成するために頭を働かせ、情報を収集し、自分で分析して納得して習慣にして対策を打つ、という生きるために必要なスキルや知恵を要請するまたとない機会です。

基本的に、人間は失敗からしか学べません。

成功すれば、それでよかったのだという「確認」に学びが後退してしまうのです。

教育現場においては、失敗を認めない、極度に恐るという習性から、われわれは「失敗から学習する」という進歩と修正のための道筋を自ら塞いでしまった感すらあります。

これは、同学年(同年齢)相対序列偏差値主義とも言えるレイヤー組織論に侵された病癖であるといえ、例えば日本の官僚組織の財務省の事務次官といったトップ役職が1年で変わること、これはこの同学年(同年齢)相対序列偏差値主義をそのまま社会人組織に入っても数十年続けているという困った証左であると筆者などは見ています。

すなわち、日本の上級公務員、銀行といった大組織においては、同学年で一斉に新卒採用を行い、この同学年(同年齢、大学の浪人生や留年生もいるが概ね+2年程度の範疇に収まる学年同期)内での相対序列主義を取っているため、大組織でありながら、薄い「同期」同士で割り当てられたポジションの奪い合いをやっているだけで、イノベーションやダイナミズムは生まれないように仕組み上なっていると思うのです。

というのも、筆者も大銀行に所属しており、◯◯さんは、昭和◯◯年入行、平成◯年入社でどんな部署を異動してきて出世してきたか、といった「経歴」を割と諳んじていた方であり、よく人にも他人の経歴の問い合わせがあったくらいですから、よくわかるのです。

しかしながら、学生や子供の数がとにかく多かった競争圧力が強かった筆者の世代のやり方では流石にこれからは難しくなりそうだというのはそんな筆者ですらわかります。

非常に気が滅入る予言になってしまいますが、日本の少子化により、高等教育機関としての日本の大学を含む学校教育はこれからますます落ち目になっていくでしょう。

世界大学ランキングで、東大が100位以下に没落するのも遠い将来ではないでしょう。

回復の見込みはありません。

18歳人口の急減によって、大学が次々と淘汰されて消えてゆきます。

公表資料によりますと、2017年度で大学を経営する660の学校法人のうち112法人(17%)が経営困難であり、大学を運営する法人の破綻や解散も相次ぐでしょう。

人口が「持続的に」減少するという社会は、人類がホモ・サピエンスとしてアフリカの奥地で誕生してから約20万年の「歴史」において、おそらく初めての事象です。

大きな病気や大災害、戦争があって一時的に人口が減ることはあっても、一貫して増えてきたのが社会性を身につけた人類の強みだったのですが、この21世紀というのはそうではありません。

それではどうすれば良いのでしょうか。

しかし、答えはわかりません。

初めて経験する状況なのですから当然です。

わかっているのは、このような状況や社会で生き延びる方途は筆者を含む一人一人が自分で自分なりに見つけるか創り出すなりするしかないということです。

メディアや情報網を駆使して、自分に必要な情報を集め(このブログがそのような一助になれば幸いです)、事実を直視している人の意見に耳を傾け、あるいは相談し、親身になってくれる(本音を言ってくれる)人に相談しながら、自分なりに環境や将来を分析して、自分で納得して、あとは(かなりの部分はわからないながらも)決断して跳ぶように生きる道を選ぶしかありません。

そして、選ばなかった人生などない、ことを肝に命じて、人生の選択を、正しいか否かを明らかにする行為ではなく、結果を全て受け入れる行為だと心から感じるようになることが、これからの後悔しない生き方になると信じています。

さて、大学その他の教育機関において、いったいどのような専門的な知識や技能を手につけたらよいのかを判断をする時、これまでは、そうした技術や知識が「食いっぱぐれない」とか「安定した地位や収入が持続的に期待できる」といった一般的な経験則や演繹法がありました。

しかしながら、世界の産業構造や雇用状況、そもそも働くといった概念からして、これから持続的に続く少子高齢化により激変していくことを考えると、そんな経験則だけに頼るのは非常に心もとないわけです。

ということで、ここは一つシンプルに、映画「シン・ゴジラ」の名言にもありました「好きにしろ」ということでいかがでしょうか。

筆者はアニメ初心者でもありますが、筆者のような初心者でも知っている名作「耳をすませば」という映画にも「雫の好きにさせようか」という言葉(台詞)がありました。

「学びたいことを学ぶ。身につけたい技術を身につける」「やりたいことをやる」「心の声に従う」ということです。

「やりたくはないけれど、やると食えそうだから」というのは、結局うまくいきません。

やりたいことだけをやる、やりたいことに時間を割けるように、やらなければならないことを調整する技術、これからはそのような振る舞いが必要になりそうです。

「やりたいこと」だけに集中することで、人間は自分の持つパフォーマンスを最も高めることができるからです。

そういった、パフォーマンスや生きる知恵と力を駆使して、これからの不確実な時代を乗り切り、生き延びようではありませんか。

皆さんのご健闘をお祈りします。

その前に、自分の人生をコントロールしたい筆者からの放談は以上です。

(2019年3月29日 金曜日)

▷▷次のページは

「人は二度死ぬ」というとてもありがたいお話を聞いたので共有します

2019年3月28日

「人は二度死ぬ」というとてもありがたいお話の意味するところについて







おはようございます。

2019年3月のビルメン王提供の生き方に関するブログ配信記事です。

人は一体いつ死ぬのかという割と根源的な話をしたいと思います。

人は二度死ぬと言いまして、一度目は物理的な個人としての死です。

瞳孔が開いて呼吸が止まり、心臓が停止し、死化粧をして一般には火葬されます。

しかし、それだけで本当に人は死ぬわけではないというのです。

二度目の死、それは、その人のことを覚えている人が世の中からいなくなった時に訪れるというのです。

カンニング竹山、という日本の芸人さんがいらっしゃいまして、この人が、実は「カンニング」というコンビの片割れであり、その相方(カンニング中島)は若くして売り出し中、2006年12月に亡くなってしまった、というエピソードを知る人すら今のお笑いの世界では少なくなってしまいましたが、毎年、カンニング竹山さんは、相方の命日には墓参りなどをして、簡単なツイートをして故人を偲び、思いを馳せ、そして明日への活力を得るべく自分を奮い立たせているようです。

カンニング竹山の芸名を変えないのも、亡き故人に対する思いの現れなのでしょう。

お笑いの世界では、ビートきよしを忘れないビートたけしや(ふたりのコンビ名は「ツービート」)、横山やすしを忘れない西川きよし(ふたりの通称は「やす・きよ」)、松本竜介を忘れない島田紳助といった(通称「紳竜」(しんりゅう))伝説的な話者の話も伝わってきますが、これも、本人を覚えて、そして活動しているファンが存在する以上、二度目の生をしっかり生きていると言えるのです。

筆者も、もういい齢ですから、若くして亡くした親類縁者友人はたくさんおりまして、そういった人々のことをたまには思い出して、自分のこれからの人生のよすがとしております。

思い出すついでに、命日には、その亡くなった方々の縁者に電話の一本でも入れて、毎年簡単な言葉を添える、というような振る舞いができれば、非常に人間として練られた対応になろうかと思います。

自分がそういう電話を受けたら、間違いなく嬉しいと思いますので。

さて、今日は長くなりましたがこの辺にいたします。

天国で友達や縁者に会うのは、もう少し先にしようと改めて頑張りたいと思いました筆者からは以上です。

(2019年3月28日 木曜日)

▷▷次のページは

「人は二度死ぬ」というとてもありがたいお話を聞いたので共有します

2019年3月27日

2019年3月末時点における日本の国民年金制度は受給資格期間10年猶予制度ありとかなり柔軟になってきているという点について






おはようございます。

2019年3月の、社労士(社会保険労務士)試験に5回連続落ちているという不名誉な記録を更新中のビルメン王こと筆者提供のブログ配信記事です。

日本においては少子高齢化で、これから年金財政、健康保険財政が厳しくなってまいりますが、自分が積み立てたお金を将来高齢者になって(高齢者、の定義が65歳から70歳、75歳と、まるでゴールポストが交代して行くような気もしますが。。)年金として受け取ることができるというのは、国民の生命財産を守るという国の責務として大切な制度であることは間違いありません。

しかしながら、その年金制度の基礎を為す国民保険制度について、現在の法改正を経た真の姿については未だ十分な理解がされていないと思いますので、ここに学習者(社労士試験未合格者)の分際ながらポイントだけ掲載して、皆さんの正しい国民年金の理解の一助とさせていただければと思い、筆をとりました(否、PCを叩き始めました)。

まず、年金受給できる受給資格期間ですが、少し前までは25年だったのが、一気に10年に短縮されています。

10年、受給資格期間があれば、年金を受け取れるのです。

具体的には、2017年8月1日から、公的年金をもらうために必要な期間(受給資格期間)が25年から10年に短縮となっております。

これまで、(原則として)25年(厳密には300ヶ月)掛けつづけなければならなかった年金が、これからは、10年(同様に120ヶ月)掛ければもらえるようになるのです。

これは、国民年金制度が1961年にできあがって以来の画期的な改正であります。

これまでの、25年という年月は、諸外国の例や類似の民間年金の例を見てもかなりの長期間でした。

年功序列を良しとする日本の雇用環境とあいまって、この受給資格期間25年は長らく続いてきたわけですが、年金財政の専門家が検討を重ねた結果、消費税が10%になればそれを財源として10年でもらえるようにすることができる、いうことで、社会保障と税の一体改革に伴い2012年8月に本件が財源を前提にまとまりました。

実はその後、消費税の10%への増税が2度見送られ、同時に年金の期間短縮も見送られてきましたが、2016年末には財源のめどが立ったとして、消費税10%増税に先駆けて先行実施が決まったという経緯です。

また、2016年7月1日の制度改正において、国民年金がどうしても支払えない人には、未納に陥ることを防いで支払いを猶予する、という猶予制度の年齢が50歳未満まで広がっています。

これは、もともと「若年者納付猶予制度」と呼ばれてきましたが、対象が若年者以外にも広がり、「50歳未満納付猶予制度」としてリニューアルされた、ということです。

対象となるのは自分の収入だけであり、配偶者や世帯主の収入が高くても関係ありません。

納付猶予の対象となるのは、2019年3月現在、年間の収入が「(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円」以下の場合、つまり単身者なら57万円、結婚していたら92万円以内です。

猶予期間は年金を受け取るために必要な受給資格期間(現在10年間に短縮)に入りますので安心です。

さらに、国民年金の「未納」ではないので、万一の時に、障害年金などが貰えます。

なお、支払いを猶予された国民保険料は、10年以内ならあとで支払うこともできます。

これは、平成26年度末(2015年3月)の時点で、実に44万人が利用しているという、「メジャー」な仕組みなのです。

ただ、当然ながら、実際の受け取れる保険料は、納付した保険料とその期間によって計算されますので、国民保険料(月額)を480ヶ月(40年)支払い続けた人が満額もらえる

77万9300円(平成30年度価格)

に比例して

×加入期間(保険料納付期間月数)/480

によって実際に支給される年金額は減っていくということになります。

20歳から60歳までの40年間(480月)、国民保険料をちゃんと納付していたら、満額の約78万円を年金として毎年65歳から受け取れることになりますが、当然ながら納付している期間が短くなるとそれだけ年金額が減る仕組みです。

「納付猶予」は、保険料の支払いを待ってくれるだけなので、当然に、猶予期間中は将来の年金額は増えませんが、万が一の際に障害年金や遺族年金を貰うことも可能です。

このように、日本国民および日本に長期滞在している外国人にとっても、国民年金制度は非常に重要な社会保障の仕組みですので、こうした記事で構いませんので、頭の隅に入れておかれれば幸いです。

お金が苦しいと感じたならば、国民保険料猶予制度、44万人もの人が利用している制度ですから、ぜひ気後れせずに手続きされてください。

こちらからは以上です。

(2019年3月27日 水曜日)

▷▷次のページは

3階建て年金の「厚生年金基金制度」が事実上廃止の方向に進んでいる

2019年3月26日

2019年3月の恒例夜ピク(夜のピクニック)完了報告と太宰府天満宮の梅ヶ枝餅のトリビアを2つ述べます





おはようございます。

2019年3月のビルメン王提供のブログ配信記事です。

先日ご紹介した夜ピク(夜のピクニック)、無事終了しました。

初詣に限らず年中人気の観光スポットである九州屈指の神社である太宰府天満宮を午前0時に参拝した上で出発(そこで神主さんにありがたいお話を聞いてお守りを貰う)、卒業生小学生11名(女子2名男子9名)、その保護者および運営の小学校PTAおやじ組のメンバーとで約20キロメートルの道を歩き、卒業した小学校に戻ってきたのは午前6時2分、非常に良いペースでの踏破となりました。

道中ひじきを噛みながら、途中のコンビニではカップラーメンをすすりながらの旅でした。

太宰府天満宮では、PTA関係の知り合いの神主さんが、真夜中にもかかわらず、わざわざ正装で出迎えてくださり、太宰府天満宮のいわれやありがたいお話をされて、お祓いののち、祝詞(のりと)をあげてくれました。

曰く、太宰府天満宮は、祭主として祀られている菅原道眞公の墓所の上にそのまま建っていること、このような墓所がそのまま神社になっている例は非常に少ないこと、菅原道眞公は、もちろん学問教養に優れた知識人であったけれども、同時に弓の名手であったということで、「文武両道」の神様として今も崇敬をあつめていること、であるからして、小学校を卒業した諸君らにおかれましても、「文武両道」、文が先ですよ、より広い世界を見て知見を広げ、そして武としてスポーツでも武道でも、心と身体を鍛えてもらいたい、とそのようなお話でありました。

全国に天満宮を冠する神社はたくさんありますが、ご祭神が菅原道真公という、学問で身を立てた立派な方を崇敬した同年代および後世の人々のおかげで、一説には1万社以上の天満宮が世界中に広がる状況となり、そうして、墓所である太宰府天満宮と、朝廷により呼び戻された北野天満宮が、共に全国天満宮の総本社となっている、ということでございます。

道眞公に限らず、当時から歴史に名を残すほどの人々は、頭も良いですがそれ以上に、頑強でなければ勤まらなかったはずで、その心身健やかなることがどれだけ大切かというようなことを、真夜中の20㎞踏破で体感してもらえればよかったかなと思っています。

さて、一緒に付き合った筆者のような大人の側はどうかと申し上げますと、非常に疲れました。

絶対1人ではやらないイベントです。

それゆえに、公民館に戻ってきたときに食べたかしわおにぎりと仕出しの豚汁のうまかったこと、これは歩いてこなければ味わえない味でしょう。

筆者が人生で一番美味しかったのは、高校1年生の夏、山岳部で無謀にも北アルプス登山に連れて行かれ(どこにいくのですかという質問に先輩が「スペイン」とか答えるわけわからん部でした)、死にそうになりながらの4泊5日の合宿から上高地に降りてきたとき、最後に食した「マルタイの棒ラーメン(確か一袋2食分78円)」だったわけですが、人間極限状態に置かれますと、なんでもうまいと感じる生きる力が湧くようで、踏破した子供達にも、あの豚汁や途中のコンビニ休憩で食べたカップラーメンの味などは永く残るのではないかと思います。

さて余談が過ぎておりますが、ここで太宰府天満宮に関してぜひお伝えしておきたいことが2つあります。

太宰府天満宮の参道でお土産として非常に有名な「梅ヶ枝餅(うめがえもち、おもち)」ですが、これは通常あんこを白餅に包んで焼いたものでこれはこれで非常に美味しいもので全国的に有名です。

この梅ヶ枝餅、毎月限定バージョンがあるのです。

まず、毎月25日に限定して発売されるのが、よもぎ餅の梅ヶ枝餅です。

菅原道眞公のお誕生日と命日が、ともに25日であることにちなみ(誕生日(845年6月25日)と命日(903年3月25日))、毎月25日は、道眞公、すなわち「天神様」にとって大切な日なのでありますが、この日には通常は白い餅生地の梅ヶ枝餅に加えて、ヨモギが入った梅ヶ枝餅も販売されるのです。

もう一つあります。

毎月17日に限定して発売される、紫っぽい古代米を使った梅ヶ枝餅です。

古代米入り梅ヶ枝餅は、2015年11月17日からスタートしました。

諸説ありますが、どうやら太宰府天満宮の敷地内に建設された、日本で3番目の国立博物館(東京京都についで3番目)である、「九州国立博物館」の開館10周年を記念してお試しに提供したところ評判が良く、続けて毎月17日(九国の開館記念日)に販売することになったらしいです。

梅と道真公の縁は深く、

道真公が左遷されることを知った梅の枝が主人を追う気持ちが高じて飛んで大宰府までやってきたという飛梅伝説があるくらいであり、梅は太宰府天満宮の代名詞となっております。

今は梅から桜に変わる季節の変わり目、四季を愛でる日本人の心に触れながら、夜中の太宰府天満宮からかつての「都」太宰府政庁、水城の大堤を見ながらの徒歩の旅、ゴールは太宰府政庁の出先機関であった福岡城址にあった鴻臚館まで、昔の人は半日で簡単に往来してきたということですからいかに足腰が強かったのかと感嘆しながら歩いた次第です。

報告を終わります。

いまだに足腰が筋肉痛の筆者からのコメントは以上です。

(2019年3月26日 火曜日)

▷▷次のページは

小学校を卒業した子供たちが3月のある日の真夜中0時に太宰府天満宮を出発して福岡市中央区の小学校まで歩くという「夜のピクニック(通称夜ピク)」という行事があります

2019年3月25日

長崎県西端の五島市のインターネット高速通信網(Wifi)が民間テレビ事業者に譲渡され今後の通信環境整備に乗り出すという話です





おはようございます。

2019年3月の田舎や離島でのリモートワークやコワーキング(共同業務)、シェアオフィスといった業態を運営するときに必要な機器設備の第一であるWifi網整備についてのビルメン王提供のブログ配信記事です。

リモートワークやコワーキングを進めるにあたり、シームレスなネット接続環境は決定的に重要なポイントです。

筆者が企画に参加し、筆者がやっているコワーキングスペースに集まってもらった全国のフリーランスのみなさんとの会合でも、話の9割以上は、どこのWifi環境がもっとも快適に繋がるかということでした。

というより、それのみがコワーキングやリモートワークに必要なことであり、あとの屋根がついた場所とか仕切られたスペースとか家具とか机とか椅子とかいったものについては、コワーキングやリモートワークに本質的に必要なものとしてはかなり劣後しまして、本質的に必要なものを唯一上げるとすると、インターネットクラウドやインターネット通信環境に繋がるWifi機能であるということを改めて確認したものです。

この点で、長崎県五島市という、五島列島という「国境離島」に関し、五島市光情報通信網を「民間譲渡」するという取り組みについては非常に注目されますので、ここで紹介しておきます。

冒頭に掲載した地図はハワイ群島なんですが、これをなんとなく長崎県の西端にあります五島列島に置き換えてイメージいただけますと幸いです。

公費で賄ってきました「五島市光情報通信網」を今後どのように管理していくかについて、そのあり方について有識者による会議体での議論を通じ、市の負担や通信速度の改善など総合的に判断した結果、「五島市光情報通信網あり方検討委員会」が答申したとおり、五島テレビという民間放送通信事業者に対して、ベストエフォート型のサービスを担保するという前提のもと「民間譲渡」することとしたのです。

「五島市光情報通信網」とはケーブルテレビや光インターネットサービスを提供するための機器および光ファイバー等であり、五島市が平成19年度までに整備した設備となります。

この既存高速通信網を、現行のベストエフォート100Mbpsから1Gbpsへ10倍に高速化する方向で、通信速度を改善することが、もっとも市民や域外顧客のニーズに合致することとして、このたび民間事業者である、事実上唯一このニーズに対応できるサービスを提供できる力のある地元五島のテレビ局に、ほぼ無償といって良い廉価で譲渡されることになりました。

今後、この国境離島あげてのインフラ整備を行う「前提」としては、この1Gの光ファイバー回線を利用したいと熱望する島内事業者やシェアオフィス事業者の進出や地元からの勃興が必要となってまいります。

そのような、自給自足、自尊自栄の取り組みが島で起こったときには、福岡市でシェアオフィス事業を展開している筆者が勤めるコワーキングスペース、シェアオフィスである「The Company」も積極的に会員相互交流などを図って、国内外人流の活性化に一役買えればと考えています。

日本中のあらゆる離島や限界集落、地域においてこの五島テレビが取り組もうとするWifi強化計画は、良いモデルケースとして、新しい公共事業としても事業や人の呼び込みとしても、今後の事例提供になればと考えています。

神社で貰うお守りのように、あまねくWifiが繋がる島になれば素晴らしいことだと思います。

ここまで書きながら、実は五島列島にはまだ一度も足を踏み入れたことがございません筆者からのコメント記事は以上です。

(2019年3月25日 月曜日)

▷▷次のページは

1台のGoogle Wifiに変えて快適な無線ネット環境を手に入れたという話です

2019年3月24日

小学校を卒業した子供たちが3月のある日の真夜中0時に太宰府天満宮を出発して福岡市中央区の小学校まで歩くという「夜のピクニック(通称夜ピク)」という行事があります






おはようございます。

2019年3月、卒業式のシーズンのビルメン王提供のブログ配信記事です。

筆者の子供たちが通う(通った)小学校では、もう12年(干支一回り)も続いている伝統行事がありまして、それは「夜のピクニックーもう一つの卒業式(通称夜ピク)」というイベントなのです。

以前の記事でも申し上げましたが、これは何かと申しますと、保護者たちで構成するところのPTAの下部組織であります「おやじ組」が運営主体となり、本チャンの卒業式を迎え感動冷めやらぬもと小学校六年生中学校入学未満、の卒業生たちの有志を募り、その保護者と一緒に、福岡市中央区の某小学校近くの公民館に夜の9時などに集合し、真夜中の終電車で一路福岡県太宰府市のあの学問の神様菅原道真公をお祀りしております太宰府天満宮まで向かい、そこで翌日午前0時、神主さんにありがたいことばと祝詞(のりと)をあげていただき、おもむろに太宰府天満宮を起点に出発、福岡市中央区の小学校校門まで歩いて約20キロを走破ならぬ歩破しよう、という大変、意味深くない、よくわからないイベントなのです。

途中コンビニでの休憩時に食べるお菓子やカップラーメンという、なんとなくうきうきする夜更かしウォーキング、最後の方は睡魔との戦いとなります中、翌朝、早朝、白んだ午前6時、目的の小学校に到着し、近くの公民館で仕出してもらった味噌汁とおにぎりを頬張りながら、大人になって一度やってみたかった完徹(完全なる夜更かし徹夜)をやっていることがいかに疲れるのか、意識朦朧とする中で保護者主催の「もう一つの卒業式」を厳かに執り行うというものです。

公民館では、豚汁の炊き出しも行なっています。

このイベントのための、専用の卒業証書も保護者個人個人に作ってもらいます。

そして、それを読み上げながら授与するのです。

一体、なんでこんなことをやっているのか、なんのために歩き通すのか、さらに真夜中にわざわざやるのは何故?という疑問が湧く方がほとんどだと思いますが(筆者もいまだに思っています)、毎年毎年、この変なイベントに10組から15組程度の物好きな親子が集い、PTAおやじ組と称するイベントお祭り好きな保護者たちの万全なサポート体制で、20㎞にも及ぶ真夜中の歩行体験ができるというわけです。

これ、子供はもちろん大変なのですが、ルート開拓をしてその通りに歩く保護者およびサポートにつく大人たちはもっと大変です。

3月とはいえ真夜中の田舎道は、吹きすさぶ風が冷たく、眠いし厳しいです。

ただ、今回も幸いに雨が降らなさそうなのが救いです。

当然眠くなるので、前日に寝ておけば良いのですが、子供も保護者も、かえってワクワクしてしまい、事前に寝てきた人を見たことがありません。

このあたりも、この変なイベントが続いている面白いところなのかもしれません。

真夜中ぶっ通しで騒ぐというのは、例えば地元の博多では博多祇園山笠の追い山のように、午前4時59分の一番山の櫛田入りの瞬間まで、夜を徹して準備しているような例もありますから、たまのハレの日に夜通し何かやって騒ぐというのは、人間社会を円滑に回していくために必要な人間の編み出した知恵のようなものなのかもしれません。

前日に寝ておけば良いものを、といいながらこんな記事を書きながら結局寝ないで太宰府天満宮に向かうことになりそうな筆者からの記事でした。

それでは、昼寝もまともにできませんでしたが真夜中歩行に行ってまいります。

こちらからは以上です。

(2019年3月24日 日曜日)

▷▷次のページは

鎮西大宰府名物の「梅ヶ枝餅」に見る知的財産や知的所有権に関する話です

2019年3月23日

2019年3月のイチロー選手引退の報に平成30年間の長い歩みを思い感慨に浸り一つ一つやることの大切さを感じる記事です





おはようございます。

2019年3月の書きたいことと書いていることがいつも全く違ってしまう困ったビルメン王のブログ配信記事です。

イチロー選手、引退です。

日本全国、いやアメリカやカナダも巻き込んだ世界中のニュースとなっているイチロー選手の引退発表と日本の東京ドーム会見場での完全日本語の引退会見の模様やその感想について、筆者ことビルメン王も、1歳だけ年下の完全同年代の身としてよし絶対このことを書こうと思ってPC(Mac)に向かったのですが、そのそばから本当にやっぱり書きたいことは、PVが稼げそうなこのイチロー選手引退のネタなのかそうなのかと思ってしまうとやっぱりこの話は落ち着いた後日に書こうと思ったわけです。

でも一つだけ申し上げるとすると、イチロー選手は、まさに「平成」という時代と共にあった、スーパースターであり求道者であったということです。

イチロー選手が海を渡って20年。

それまでの日本の成績だけで前人未到の領域。

そこからメジャーで積み上げた記録の数々。

野球に限れば、イチロー選手がアメリカに渡って20年にして、イチローのインパクトに並ぶような選手、すなわち大谷翔平選手の登場を我々は見たのでありますが、イチロー選手は、野球選手の枠を超えた、同年代の筆者などからすると日本人の先輩でいえば、弘法大師空海や道元禅師といった古来の、好奇心と気力と体力で異国にて先駆者として勝負し、日本の歴史に強烈なインパクトを残した、そのような歴史上の巨人と肩を並べるほどの印象があります。

イチロー選手、お疲れ様でした。

そして人生は続きます。

そして、今回のブログ記事も続きます(笑)。

さて、イチロー選手のように、長期間モチベーションを保つことができずに、すぐ挫折して足や腕や筆が止まってしまう人間に共通するのは、要約すると以下3つだそうです(ビルメン王調べ)。

神社で貰うお守り代わりに持っておいてください。

・わからないことは全て解決しなければ気が済まない(完璧主義者)
・早く結果を出したいと願う
・最初から分厚い専門書を購入してしまう

世の中疑問だらけですので、とりあえずそれはそれとして前に進むという態度でないと、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

また、少しやり方を変えたところですぐ目に見える結果が起こることはありません。

起こった場合、それこそ偶然であり、「やり方を変えたこと」との因果関係はなおさらありません。

それから、とっかかりのところで基本的な知識をないがしろにして分厚い知識に1ページ目から取り組もうとするのは、だいたいにおいて消化不良の誹りを免れないものです。

逆に、

・わからずともわかったことを喜びとりあえず前に進み
・結果は神のみぞ知ると達観し
・最初はわかりやすい参考書や漫画から始める

という風に振る舞えば、成功の可能性は高まるし、何よりやっている本人に余計なストレスがかからないというより大きな利点があります。

このメソッドは、例えば高校受験や大学受験、資格試験といった「受験もの」にもとりわけ有用な方法だと思います。

危機感を煽っても、人は動きません。

それよりも、一つ一つしっかりコツコツやっていくことの方がずっと重要です。

求める結果に到達しやすくなる、という以上に、やっていくことによって生まれる自身や心構えが、何よりの財産となります。

実は、そちらの方をより人は求め賞賛するのです。

ワールドカップの決勝でPKを外して負けたイタリアのロベルト・バッジョは、この事実に向き合い祖国の英雄となりました。

ですから、勝負の結果とは別に、その過程でそれぞれが人間として何を得たか、どんな心構えで向かったのか、ということも同様に重要なのでありましょう。

グラハム・ベルが電話機を発明して特許を取った2時間後、全く同じ発明を持ち込んだエリシャ・グレイ。

後年の我々は、その時を歴史が決定的に動いた一瞬だと思っていますが、実は、当時は双方含めたいろんな発明家たちが百もある特許候補の中から出しまくっていたものの一部がたまたま当たっただけであり、特許を取ったベル自体が、その特許が売れないから仕方なく? 自分で作った会社(AT&T)で引き取って実用化してみた、というような話は世界中に転がっているのです。

春になり、大学や高校、中学の合格発表も一通り一巡し、それぞれの学生たちは次の進路を定めた頃になりました。

巷に溢れる「平成最後の〜」の最後にイチロー選手の引退という大きなニュースが飛び込んでくるとは思いませんでしたが、30年弱にもわたる長い時間、かつては常に新聞の朝刊で、最近ではネットニュースの片隅や検索エンジンで、イチロー選手の試合動向をチェックし続けた平成という時代を筆者が忘れることはないでしょう。

日々、コツコツと、一つ一つ目の前のことに集中して続ける。

このことに限れば、稀代のバットマンであるイチロー選手も、筆者のような凡百も、やれることに別段変わりはないと思います。

イチロー選手は、もっとそういうことをあの記者会見で言いたかったのではないかと思うのです。

社会人になって初めて企業経営で習ったと思われる「企業の寿命は30年説」、これを聞いた当時22歳の筆者などには考えも及ばなかった30年という長い年月を考えつつ、毎日一つ一つコツコツやることの大切さを改めて学んだような気がします。

ブログも30年続けたい筆者からの今日のコメントはこのくらいで以上です。

(2019年3月23日 土曜日)

▷▷次のページは

組織マネジメントの考え方を根底から覆すティール組織という考え方を1分で紹介します是非読んでください

2019年3月22日

Evernote(エバーノート)が使いにくいのでMacの標準機能の「メモ」に移行しようと考えています









おはようございます。

2019年3月の、ビルメン王@shinya_ueda提供のPCガジェット初心者クラスタでありますビルメン王からお送りしますライフハック的ブログ配信記事です。

筆者は、ブログネタを書き溜めて執筆に臨むことはあまりいたしません。

実は、結婚式の挨拶や会社を退職する時などのお別れの挨拶、それから朝礼や慶事での挨拶といった場面においても、原稿通りきっちり読んで発表したことがほとんどないのです。

ないのですが、やはり原稿は用意します。

いくつか、要点だけ書いておいて、いざ話す前になったら真っ白になって、話を始めます。

昔読んだ(漫画ですが)、蒼天航路、という「超・三国志」的な物語、これは筆者が大学ボート部の合宿所の練習の合間の長い昼間に、本当は琵琶湖の大津の螢谷のほとりから京都市内の大学まで、京津線(けいしんせん、と読みます)と置きチャリで都合50分強かかる通学が面倒臭くなってしまい、朝練からそのまま夕練までの長い間をゆったりと過ごした合宿所からのたゆたう川の流れを愛でつつ、布団に転がって読んだ漫画なわけでありますが、その中で主人公曹操の側近として、諸国を巡って戻ってきた天才軍師荀彧(じゅんいく)が、「あらゆるものを見聞し頭の中に天下を収めて、しかもそれらをすっかり忘れて戻って参りましたあーッ!!」といった台詞を放つシーンが急によぎったりして、そしてまっさらな状態で話し始めるという感じです。

でありますため、なんか喋ることがあればしゃべる、という気質であるところからこのブログも息を吐くように始めてみたという所なのですが、やはり読んでもらえる、聞いてもらえるためにはそうやって勝手に出てくる言葉たちをそれなりに形を整える必要があります。

それで、Evernote(エバーノート)に書いた切れ端や参照文献などをクリップしていたのですが、どうもノート数が多くなってきたところで、エバーノート自体の起動や更新がえらく遅くなってしまったのです。

この、なんでも突っ込んでおけるというクラウドの力というやつに、筆者は完全に魅了されまして、筆者はEvernoteの超ヘビーユーザーとして、 日頃から撮った写真やメモから、Webクリップ、文書やバックアップなどなどそれはもう、あらゆるデータやファイルをアップロードして保管、というか心の中からは一旦切り離して忘れるということをずっとやってきたわけなのですが、そろそろEvernoteのクラウド側のほうが限界のようです。

Evernoteの便利な点はストレージサイズが事実上無限で、プレミアム会員の筆者であれば、毎月1GBの上限を超えないようにしつづければ、あらゆる形式のファイルをEvernoteのサーバーに貯め続けることができるというところです。

しかしながら、そろそろ限界のようです。

大量のノートでWebアプリの挙動がものすごく遅いです。

立ち上がるのに数分かかる状態では、仕事になりません。

ノートを検索しても、候補が表示されるまで遅いし、途中でクラッシュしたり、同期に失敗して、同じようなファイルが5つも6つも存在するのを見ると控えめに申し上げても気が滅入ります。

2019年3月現在においては、あらゆる場所(田舎や離島を除く)では高速ネット環境が整っているため、個人が使用するPCやスマホ、タブレットのローカル環境に全てのノート情報をストレージしておく必要もなく、特に頻繁に利用して更新したり記帳したりする必要があるノート情報やファイルはDropboxに入れるという使い分けで大丈夫なはずでした。

しかし、肝心のクラウド情報からエバーノートを通じて情報が読み取れないのでは、これもただの情報のくずゴミとなってしまいます。

筆者がいなくなっては、本当に誰もわからない、ネット上のゴミになってしまうのです。

そこで、一旦もう少しドライブ量を減らして、かつMac標準機能でiCloudのデータ領域を利用する「メモ」機能に移行しようと考えています。

「メモ」機能を使ってみましたが、さすがApple純正のアプリで、MacやiPhoneとの相性はすこぶる良く、パッとメモを開いてメモする、久しぶりにメモを取っているなーと感じたのです。

このすぐ記録できるというところが、ブログ屋にはありがたく、何のテーマについて書くか、といったわずかな文の断片でもそこからリスタートしていくらでも書けるのが我々のような者の特性であるようなのです。

一番怖いのは、頭の隅に浮かんだいろんなアイデアが、書き留める前に頭の中を過ぎ去っていくことでありまして、そのようなことがありますと、数時間後もあれ何のことだったっけ、と気になってしまうところが痛いところです。

今後は少し、この「メモ」アプリへの移行も考えていこうと思います。

あとは、やはり紙のメモの本格復活でしょうか。

書く前にも、いろいろ考えることが多いです。

その昔、ラブレターが漢字多くて長いと言われた筆者からは以上です。

(2019年3月22日 金曜日)

▷▷次のページは

ハードルを下げるということが時には続ける際の妙薬になったりしますというブログ記事です

2019年3月21日

組織マネジメントの考え方を根底から覆すティール組織という考え方を1分で紹介します是非読んでください





おはようございます。

2019年3月の組織マネジメントの考え方を根底から覆すティール組織という考え方を簡単に読み込んだだけの自称ビルメン王筆者がさらに簡単にさわりだけ1分で紹介するという、非常に薄口の記事となっております。

簡単にさわりだけ要点を、と申しましても、これが結構難しいことでございまして、これだけ情報へのアクセスが簡単になったインターネット社会において、物事を調べていくという大海に身を投じるような行為を行う前に、そもそもどういった考えが今世間を賑わせているかについて、さわりだけでも知っておくだけでも、十分だと思うからであります。

そして、この問題は、中学生高校生大学生、そして20数年にも及ぶ社会人生活において、毎日、日々少しずつ本音で言うと疑問に思っていた点を、見事に言い当てているのではないかと思うのです。

ビジネス書や教育本の中でも、とりわけ種類が多いのが、組織マネジメントに関する分野でしょう。

どうやって組織を運営して、管理職(上司)はどのように部下に接し、部下は何を見て日々の業務に打ち込み集中し、全社の目標設定に従った成果を追求するか、そうしてどのように組織運営をすれば、より高い成果や業績が上がるのかといったことを、いろいろなモデルや考え方や実例を持って、解説したり紹介したりするたぐいのものです。

筆者も、結構読みました。

しかしながら、この分野で最近、明らかに他とは全く違う主張を行い、筆者もはたと膝を打つような書籍が出ました。

原題は、『Reinventing Organizations』といい、フレデリック・ラルー氏の著書です。

この邦訳版である『ティール組織』版が2018年1月に出版されるや、特に日本の読者で急速に話題になった本なのです。

この本で、言及されているのが、『ティール組織』という考え方です。

この「ティール(Teal)」という言葉は、単に「(クリアな)青緑色」の一種を表わす英単語であり、それ自体にさほどの意味はありません。

ただ、著者のラルーさんが言うには、組織モデルの進化の過程を、世界の支配階級構造や心理学のモデルよろしく下から上に5つに分類しており、それぞれをどぎつい赤色から清浄なクリアな緑色で表してみたわけです。

すなわち、
赤→琥珀色→オレンジ→緑と組織が進化していき、5番目にあたる最新型の組織モデルをクリアな緑の「ティール色」で表現したというわけです。

赤の組織は、圧倒的なトップのみが力を持ち、このトップすらも大して考察を行わず、衝動的に振る舞い、他のメンバー全体は目の前の利益を得ていくことのみ注力するように仕向けられた組織です。

これが、1ランク上がるごとに、実質的意思決定権者の数が増えていき、琥珀色では軍隊型組織、オレンジでは目標成果達成型組織(いわゆる現代の普通の組織ではこのレベルにあるのがほとんど)、そして緑においては、高次元のボトムアップ型組織、そう、例えて言えば現代のGoogleのような現場主義型相互作用型組織となり、そうして、その上を行く究極の組織形態として、ティール型組織が提唱されています。

ティール型組織については、メンバー全体(すでに「組織の力の源泉としての」経営職や管理職は意識されない)の人間的意思に従い、事業目的自体が進化し続けます。

メンバーの人間性は、組織において可変されることなく、人格的能力は全てその組織において「解放」されます。

解放された人間は、極めて柔軟かつ粘り強く、通り一遍の業務目標を超えた成果を達成するものです。

今、多くの企業や組織が採用しているマネジメントや組織のあり方は、著者のシラーさんに言わせると「達成型組織」として定義され、そして、「達成型組織」が高い業績や成果を生み出している一方で、大きな副作用を生んでいるという点が指摘されているのです。

それは、人間、生きていかなければならない、という働きかけで目標設定すると、どうしても、「恐れ」で何もできなくなる、何もしないままで疲弊してしまうということなのです。

会社に行きたくない、と会社に行く以前から疲弊してしまうことになるのです。

これは非常に社会的な損失です。

それから、組織の全体ミッションや役割や相互の肩書、上下関係というものを「覚えて」「押さえて」おかないといけない、という個々のメンバーの管理コストの増大により、実際の仕事を始めるまでのハードルがえらく高くなってしまい、一歩めの踏み出しやスモールスタートができなくなってしまうのです。

つまり、人は危機感で動かすことはできますが、その危機感だけでは単にヒトをプログラミングによって動かしたに過ぎず、真に本人たちが「心から納得した」状態には程遠いということなのです。

要するに、自分の全人格全能力のうち、仕事で必要とされているごく一部分だけを会社では(いびつに)発揮するように仕向け、それ以外の自分には蓋をして、活動させないことがよい、と推奨され続ければ、人間何らか歪んでしまうことは明らかでしょう。

これは、組織目的に「合致」して昇進したりした人にとっても同じであり、特に高い地位にある人が突然糸が切れたように、別の道に進んだり、求道者の道に入ったりすることをもって、それはその地位のプレッシャーに耐えられなくなったからだと解説することが多かったように思いますが、それは本来違って、その人なりが「本来の自分」に戻りたかっただけで、その態様が少し目立った「退任」「転任」といった形で出ただけではないかと思うのです。

かのスティーブ・ジョブズも、一度アップルを完全に追い出された時に、自分自身に戻ってもう一度覚醒した、といったことを述べておられます。

かのホリエモンこと堀江康文氏も、現在の立場で自由にものを言える方が、あきらかに彼の人間の幅が感じられ、否定的な人も肯定的な人も、明らかに彼の多面な才能や人間味に興味を持っているので、あれだけのメディア露出を含めた「需要」があるのだと思います。

組織の目標は、個々のメンバーのパワーを最大限発揮するという点です。

しかしながら、組織をうまく見せようとするばかりに、管理コストばかりが増大し、個々のメンバーは、いろいろやると怒られる、という「恐れ」によって体が固まってしまい、本来の能力をほとんど発揮できずに机に座っているのみ、というようなことに陥ってしまうのです。

日々の業務が恐れのみによって引き起こされて、生き残ることのみが至上命題として課され、具体的には売上の向上や利益の確保といったことのみに追い立てられるようになってしまうのです。

自分の一部残して会社に出てくるということは、毎日毎日そのたびごとに、自分の可能性や創造性、情熱の一部を切り離してくることを意味するわけで、多くの職場に生気がないと感じられるのもそのためだろう、と本書では喝破されています。

さらに、特に組織上「出世」した人ほど、会社の業績向上に「貢献」したものとして、会社での顔や着ているもの自体に「似てきて」しまい、いずれ「本当の自分」と似てもにつかない姿になってしまうことすらあるというわけです。

ここまで書いて、唐突に筆者(ビルメン王)が思ったのは、かの筆者個人の生き方バイブル「天」という漫画の最後の章で、尊厳死を選んだ主人公赤木しげるが、かつてのライバル「西の暴力団大組織の大幹部」原田克美に向かって言い放った

「お前は成功を積み過ぎた」
「金や家来をいくら持っていようと」
「みすぼらしい人生だ」
「生きてると言えるのか…?お前…」
「お前は、今ろくに生きてないっ…!」

という言葉です。

会社や組織で求められた自分の姿を、いつしか本来の自分と勘違いしてしまう、ということがないように、そんなことになれば、組織も個人も双方不幸です。

成功は、神社でもらうお守りのようなものではなく、今後の自由な自分自身を縛ってしまう重い面もあるというわけです。

以上、このような「一般の」「通常の」達成型組織において金科玉条として見られていることは、ことごとく社員やメンバーを、ともすれば経営者や債権者や株主すらも、思い切り疲弊させるだけであるものだということなのです。

おそらく、このような疲弊が取れた組織においては、メンバーは、実際いくら働いても、疲弊はせず心からの達成感と心地よい疲労感が残るような仕事ぶりになるでしょう。

「出世」しても、「管理職」として人の人生を曲げるような達成型マネジメントの先兵になることは避けられるでしょう。

現実の企業や組織の中で、こうした「ティール組織」と「達成型組織」の間のギャップをどのように埋めていくかということに本気で取り組む人々の「台頭」「蜂起」に期待しながら、本日は筆を置きたいと思います。

ぜひ、この『ティール組織』という書籍を手に取り、触れてみることをお勧めします。

本件については、これからも、繰り返し同じことを述べていくことになろうかと思いますが、取り急ぎ、本日の記事としては以上です。

(2019年3月21日 木曜日)

▷▷次のページは

どのネットワークに属してもらってコミットを受けるのかという人材獲得競争になってきたと思う話です

2019年3月20日

やりがいや使命感を追い求めた結果の先の何かを仕事にすることができれば幸せだと思う話です







おはようございます。

2019年3月の一隅を照らすというお題でお送りしはじめますビルメン王の配信記事です。

日本の宅配業界のリーディングカンパニーに、ヤマト運輸という会社があります。

クロネコヤマトの宅急便、という商標で全国展開している、あの緑と黄色の目立つ制服の会社です。

クロネコヤマトの配達員は、ただの配達員ではなく、お客さんの大切な荷物を預かり、きっちり届けるという「セールスドライバー」として、ヤマトの制服を来て業務に従事されます。

きっちり、サービスにおけるやりがいを意識している会社なのです。

日本の個別配送物流は自分たちが支えているという誇りと、よりよいサービスを追求しようというやりがいを求める心が、この日本列島には息づいているようです。

世界の常識では、これとは少し違いまして、なんのために仕事をするのかという点において、まずは食べるため生きるために仕事すると答えるのが通常かと思います。

それなのに、単に食べるためのお金を稼ぐための仕事と認識してこなかったのが、昔から日本列島に住まう我々のご先祖様の考えていたことで、災害があったら損得なしでボランティアに出向き、橋を修理したり炊き出しをしたりします。

困った国があれば、井戸を堀り橋を作り、病気を診療し、治水してインフラを整えたり、その上学校を作って教師が教えに行ったりそこで海外協力隊の人は族長(首長)にまでなったりと、それは「給料」を超えたやりがいのためにやっているということです。

筆者が小学生の時に、全校生徒向けの講演があり、それは日本の海外青年協力隊で活躍され、現地の族長(首長)にまでなった人のお話でした。

もちろん、仕事でプロとしてサービスを提供する以上、お代はきっちり頂戴しますが、その上でそれが本人にとってやりたいことか、社会の課題を少しでも解決する方向に向かうかといったところに、給金以上の価値を認めて邁進するということです。

これは、王道に通じるところがあります。

同じことをやっていても、例えば開発途上国にお金を貸しつけてインフラの整備(新幹線とか)を手伝ったりする見返りに、その国のインフラを自国の技術の輸出先にして事実上支配しようとしたり、その国の資源利権に手を伸ばそうといった「覇道」とは別次元の考え方が確かにあるようです。

こういうのは、汚いこと、卑しいこと、卑怯なこととして日本人は忌み嫌いました。

そんなわけで、江戸時代末期に日本に来た外国人が一番驚いたのは、日本では、どんなに貧乏な人でも絵皿の陶器でご飯を食べる、これは、こんな安い値段で陶器に絵をつける職人がいて、それが儲けという前に社会に浸透していた、これを文化度の高さとして驚いたというわけです。

浮世絵を書いた紙も、今の新聞紙程度に茶碗を運ぶ包装紙になっていたりしたわけです。

これだけ、人々の世界を豊かにしたいという使命感を持った職人や絵描きや、その他いろいろな職業人が、それぞれの使命感に基づいてがしがし自分の仕事をしていたというわけなのです。

どうせなら、人様に役立つ仕事をしたいものだということです。

そんなこんなで時代は移ろいまして、現代では、例えばインストラクターも一緒になって合宿するような企業研修においても、普通こうした研修は、インストラクターの人件費をまかない適切な利潤を得るために最低人数を設定しますが、なんと2人の経営者インストラクターが完全帯同する合宿の最低人数は2名から、というような企画もあるのです。

(たった)2名からですか?

と驚かれるわけです。

しかし、これはこうした「合宿研修」をやりたい、世に出したいと経営者が熱望しているからこそやるわけです。

それだけ、気合いを入れて続けていると、それを伝え聞いた大口のお客様や会社様から、(たまには)10名20名の単位でどっとまとめてお越しいただける、ということにも繋がるわけですが、あくまで、最初から大口を釣るために小口でも(営業のために)やる、というわけではなく、「やりたいからやる、続ける」という態度が大切なのだということです。

客の側も、これだけ心を込めてやっている研修ならば、出したお金以上のものを参加者は得て帰ってくるだろう、要は目が違ってくるだろうと考えて、送り出し参加させるわけです。

仕事ですから、という短い台詞できっちりと詰めて準備することができる人間は、周囲に信用されていずれ大きな仕事や立場を任されるでしょう。

部下ができたら、部下のやりがいを刺激し、育て、これを成長させるために心血を注ぐ人間になるでしょう。

そういう人間のやる気の根本やモチベーションを、お金とやりがいといった「それ以外」の二つで理解することができる人間が、これからも求められていくでしょう。

日本列島で歴史が生まれて文字に記録され始めてだいたい2,000年程度でありましょうが、各時代時代において、我々のご先祖様たちはいろいろ考えて一所懸命に生きてこられたわけです。

そういった、やりがいや使命感を追い求めた結果、その先の何かを「仕事」を得られたならば、それは素晴らしいことだと思います。

子供や若い世代に、何をベースに仕事を考えたら良いか、と考えるとこのようなことになろうかと思いましたので、メモがわりに書いておきます。

生きがいを仕事にできるということは素晴らしいことです。

そして、そうするためにはたゆまぬ努力や自らの中の才能を伸ばし続ける忍耐力や鍛錬が絶対に必要なのです。

これからも頑張って行きましょう。

なかなか自らの中の才能を見つけ出せない筆者からは以上です。

(2019年3月20日 水曜日)

▷▷次のページは

どのネットワークに属してもらってコミットを受けるのかという人材獲得競争になってきたと思う話です

2019年3月19日

NHKが全ての番組を放送と同時にインターネットで配信できる放送法改正案が閣議決定されたという話です





おはようございます。

2019年3月のNHKに関するかつてはテレビっ子であったビルメン王からの配信記事です。

NHKが全ての番組を放送と同時にインターネットで配信できるようにするという、放送法改正案が閣議決定され、本格的に事実上の国営放送の世界でも英国BBCに続いて同時インターネット配信への法整備が我が国でも図られるようになります。

外出先でもスマホやPCで、テレビ番組を見るということ、これはすなわちテレビジョン端末という「場所を取るだけ」の家電がほとんどの若者の居宅にはないという衝撃の事実からすると、ようやくかというところですが、通信と放送の垣根は事実上全くなくなっている世の中に法制度がようやく追いついてきただけとも言えます。

もちろん、年間で7千億円以上の受信料収入があるNHKが、ネット配信まで始めてしまうとなると、広告スポンサー収入で生きている他の民間放送会社に取ってみれば脅威ではありますが、そこは放送電波の優先割り当てを受けているという彼ら自身の優位性を活かして、なんとか頑張って競争優位を打ち立ててもらいたいものだと思います。

NHKは、この放送法の改正を受けて、2019年の後半にも番組放送と同時にネットでも配信する「同時配信」を始める見込みです。

NHK受信料を納めている世帯の視聴者は、外出先だろうがテレビ端末がなかろうが、スマホやPCやタブレットで番組を視聴することができるようになります。

ますます、テレビ番組のインターネット放送が進めば、テレビは単なる大画面モニターとなり、ますますPCやスマホの画面プロジェクタとしての役目に特化していくように思われますし、いちいちビデオデッキに番組を録画しなくても、ストリーミングサービスでアーカイブされた番組を、有料もしくは月額定額のサブスクリプションサービスで「その都度見る」ことにすれば、あの番組にご近所の◯◯さんが出ていたのに見逃した、というような場合においても問題なく視聴することができて良いことではないかと思います。

動画や番組も、文字で読む「図書」と同じでいつでも読み返すことができる時代がすぐそこまで来ているのです。

2020年には本格商用化となる次世代通信規格である「5G」規格になれば、4Kや8Kといった高画質繊細な動画をスムーズに切れ目なく視聴することができるようになり、ますますこういった視聴の利便は向上することになるでしょう。

先行する英国国営公共放送であるBBCは、2007年に常時同時配信を始め、若者や域外居住者や英語学習者(筆者のような)の支持を取り戻したという事例もあります。

なかなか面白い時代になってきました。

動画の配信サービスまではまだまだ手が回りませんが、1日1回インターネットによるブログ配信頻度は維持していきたい3K職場の筆者からのコメントは以上です。

(2019年3月19日 火曜日)

▷▷次のページは

テレビ離れといいますがテレビ時代の終焉は意外に近づいていると思う話

2019年3月18日

平成の30年間を振り返って随分遠くまできたなと感じ結局時間が一番大切だと再確認した記事です






おはようございます。

2019年(平成31年)3月のビルメン王によります平成の30年間を振り返ってみる記事です。

近くの高校の文化祭がやっていたので行ってみました。

そうすると、体も立派に大きくなった高校生たちが、いろいろと催し物をやっていて面白かったのですが、その一つの催しに、平成30年間を振り返ってみるといったものがあり、かの小渕恵三元官房長官が「新しい時代は『平成』であります」と掲げた写真をモチーフにした絵から平成を振り返るという催しをやっておりました。

明らかに、筆者が高校生であった時分より、大人びて見えます。

彼ら、彼女らの生まれた年は、なんと平成13年とか14年とかいうわけですから、昭和40年代の筆者などからすると随分新人類(これも死語)なわけですが、彼らが、バブルスーツに身を固め、チョベリバ(超ベリーバッド)だのMM5だのといった言葉を、「こんな時代であった」とあたかも教科書の歴史を語るように模造紙で語ってもらったことには軽い衝撃を受けました。

マジでムカつく5秒前、という言い方なんです、というMM5にしても、じゃあムカついてないんじゃん(前だから)というツッコミを自らしながら解説してくれた高校生の話を聞きながら、時代はえらく遠いところにきたなと感じたのです。

バブルスーツは、おばあちゃんから借りたそうです。。

ガラケー(N203とか)は、おじいちゃんが後生大事に持っていたそうです。。(骨董品として)

そんな話を聞きながら、そういえば日本国内のいわゆる音楽市場も、2018年には3年ぶりに拡大に転じたというニュースがありましたが、この音楽市場のデジタル配信売上という645億円(日本レコード協会より)の過半は、いわゆるCDの手売りでもなく、PCやスマホへの音楽ダウンロードでもなく、もちろんMDやDVDの売上でもない、いわゆるストリーミングサービスという「音楽シェアリング」サービスによるものであるということです。

ストリーミングサービスは、米アップルのAppleMUSICがその嚆矢でありますが、サブスクリプションサービスと呼ばれる月額1,000円程度の定額サービスにより一気に市場を広げ、Appleに続き、スウェーデンのスポティファイ、米アマゾン、日本のソニーなども参入し、競争が激しくなってきていました。

さらに、ネット巨人のあのGoogleも、2018年、傘下のYoutubeで展開する定額音楽配信サービスをはじめました。

筆者も、Youtubeプレミアムの月額定額契約者でありますが、Youtubeに上がっている動画だけではなくて、今後は音楽配信も、視聴履歴から何となく自分好みの音楽を選んで流してくれるこのサービスに、AppleMUSICから乗り換えてしまおうかと考えているくらいです。

アマゾンが提供する、アマゾン・ミュージック・アンリミテッドの登録楽曲数に至っては、なんと2019年3月現在、6,500万曲にも上ると言います。

一曲5分としましても、全部一度聞き終わるまでに、618年以上かかってしまう、ということは、昔の中国で行われていた科挙に似て、課題図書を読み終わるのに数年かかってしまうといった冗談にもならない膨大な量になってきたことは間違いありません。

サービスによる人間の「時間」の取り合いは、激しさを増すばかりであり、人間の寿命が飛躍的に伸びたといってもたかだか数十年程度では、これだけ手軽にアクセスできるようになった情報とどのように付き合っていくべきか、適度に省略して誤魔化す方法も合わせて検討されるべきだと思っています。

曰く、30秒でわかる第九、1時間でわかる数Ⅰといった「時間ファースト」によるサービス提供がますます伸びていくのではないでしょうか。

ブログ記事の執筆スピードは全く伸びない筆者からの記事は以上です。

(2019年3月18日 月曜日)

▷▷次のページは

平成の30年間で何が起こったかを一瞬でわかる平成ジャンプな比較図を見てみるという話です

2019年3月17日

東証上場企業のカテゴリ分類が1部2部ジャスダックマザーズからプレミアムスタンダードエントリーとなるのはわかりにくいと思う話です






おはようございます。

日本の証券市場、2019年3月現在では「金融商品市場」と呼ばれる東京証券取引所に関するビルメン王こと筆者の配信記事です。

東京証券取引所第1部に上場している会社は、実に2,000社以上あります。

この下のカテゴリに、中堅会社や新興会社用の市場という意味で、東証2部、ジャスダック、マザーズの3市場があり、それぞれ違った上場基準で運用されています。

これを、新しい案では、「プレミアム市場」「スタンダード市場」「エントリー市場」の3市場に再編し、具体的には現在の東証1部上場企業のうち、3割の600社程度を、プレミアム市場には入れないという方向だということです。

しかしながら、筆者も零細投資家でありますが、実際のところの株式投資において、その会社が東証1部だろうがジャスダックだろうがマザーズだろうが、売り買いが成立すれば問題ないというのが大方の見方なのではないかと思います。

時価総額や売上高といった企業の大きさだけでその企業の実力を測ることができるという時代ではなくなってきているので、このカテゴリ分類にいくら手間をかけても、実際の投資家の利便には特に問題はない、というのが筆者個人の考えです。

確かに、何らかの投資基準を定める場合には、例えば出来高が多い(とされている)東証1部上場企業に限るといった社内ルールを定めているところもあるようですので、その意味では、市場のグレードを表示することも必要なのかもしれませんが、それであれば、国が音頭をとって進めたプレミアムフライデーといった、実際のところ誰も覚えていなくて有名無実化しているわかりにくいネーミングではなくて、単純にJリーグを見習ってJ1、J2、J3と定めた方がよほどわかりやすいと思います。

そして。J3からJ2へ、市場カテゴリをあげることにより何らかのインセンティブやメリット(たとえば上場維持手数料のディスカウントなど)が発行体や投資家側に還元されるようであれば、その意味ではグレードを定める意味はありそうです。

本日は、零細投資家の観点から、検討が進む東京証券取引所の改革案についてコメントしてみました。

プレミアム、スタンダード、エントリーというグレードを一目見て、ビールの銘柄かと思いました筆者からの感想は以上です。

(2019年3月17日 日曜日)

▷▷次のページは

株はよく相場を知っている株屋でしっかりと見極めて買いたいものです

2019年3月16日

世界のプラットフォーマー企業たちの生命線である大規模サーバー障害が発生した話です







おはようございます。

2019年3月のGAFAMと呼ばれるいわゆる世界のプラットフォーマー企業の生命線であるところのサーバー障害が立て続けに起こったという事件をビルメン王こと筆者が素人解説しようとする記事です。

けっこう長引きました。

2019年3月14日(木曜日)に、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)大手のFacebook(フェイスブック)とその関連サービスで発生した世界規模の障害は、Facebookによるとサーバーの構成変更を実施した結果発生したとのことです。

Facebookは反省の弁をとツイッターで述べました。

SNSではなく、Twitter(ツイッター)というつぶやきサイトでの発表となっているところが面白いところです。

英語の勉強がてら、原文を引用しておきます。

いいね!は必要ありません。

@facebook
Yesterday, as a result of a server configuration change, many people had trouble accessing our apps and services. We've now resolved the issues and our systems are recovering. We’re very sorry for the inconvenience and appreciate everyone’s patience.

13:24 - 2019年3月15日

(意訳)
昨日はうちのサーバー変更をやった結果、たくさんの利用者のみなさまにアプリやサービスへのアクセス不良を引き起こしてしまいご不便をおかけしました。ようやく今対応を完了し復旧しました。大変なご迷惑をおかけして申し訳ありません。皆様の忍耐と辛抱に感謝します。

平成31年3月15日 午後1時24分

報道等では、このサーバーの大規模障害は全世界で約14時間ものあいだ、FacebookやInstagram、WhatsAppといったサービスを不安定にしました。

不具合報告は日本時間2019年3月14日の午前1時ごろからあがりはじめ、午前10時すぎが最も激しかったようです。

ようやくFacebookのサービスが復旧に至ったのは日本時間で午後1時過ぎでした。

なお、実はこの前日の2019年3月13日にはGoogleもGmailやGoogleドライブで似たような時間帯に世界規模の障害を発生させていました。

2日続けてのメジャーなプラットフォーマー企業の障害発生はなんらかの関連があるのかもしれません。

これだけ大型のクラウド、サーバー技術が必要となっている昨今の技術的要素に鑑みれば、完全な筆者の推測に過ぎませんが、大型プラットフォーマー同士で、サーバー環境同士を「貸し借り」することも、現実的にはあるのかもしれません。

もっとも、サーバー内のデータ集積こそが彼らプラットフォーマーの収益の源泉であり商売道具だと考えると、そうそう簡単に他社に共用車体として貸し出す余裕があるのかという疑問もすぐ湧くのですが。

GAFAM、と勝手に並べてGoogle、Apple、Facebook、Amazon、Microsoftという、現代の事実上の「マザーコンピュータ」であろう5社をまとめて論じようとする試みがあちらこちらで起こっていますが、こうした企業の基礎体力も、電力供給やガス供給、小売チェーン配送システムといったいわゆるインフラ企業に求められるものとそんなに代わりがないのかもしれません。

今回はサーバー側の問題でしたが、より一般には通信環境の不具合でサービスやAPPがダウンしてしまう問題もあり、現代社会はそういう意味では非常に脆弱性の高い立地で成り立っているとも言えましょう。

通信環境の整備に余念ないよう、運営しているシェアオフィスの整備には特に注力していきたい筆者からの考察は以上です。

(2019年3月16日 土曜日)

▷▷次のページは

大物アイドルグループSMAPの解散観測報道で大規模サーバーダウン発生(2016年1月)

2019年3月15日

2019年3月米国航空機メーカー「ボーイング」新型機「737MAX」の運航停止を命ずる大統領令が出された話






おはようございます。

世界の航空機業界を揺るがす重大ニュースをビルメン王が解釈してお届けする記事です。

米国ボーイング社といえば、民生用旅客機市場において、欧州合同で所有経営するエアバス社と並んで事実上世界を2社で独占している航空機メーカーですが、実は米国国防総省ほか向けの軍事品売上高が実に総売上の40%以上を占めるという、れっきとした軍事産業会社です。

かつて同社が作り太平洋戦争期間にアメリカ海軍に制式採用された大型戦略爆撃機 「B-29 スーパーフォートレス(Boeing B-29 Superfortress)」は、アメリカ軍による日本本土爆撃の代名詞となり、筆者の数年前亡くなった母方のばあちゃんも、B-29が飛んできて落とした爆弾の音が怖かった、子供抱えて必死に逃げた、といった話をしていたようにあの戦争の象徴のような存在でした。

広島と長崎に落とされた原爆を運んできたのも、B-29です。

それぞれの機体の名前は、「エノラ・ゲイ」と「ボックスター」。

日本人なら覚えておくべき名前です。

同じくアメリカのグラマン社(現在はノースロップ・グラマン社)が開発しアメリカ海軍が太平洋戦争中期以降に投入した戦闘機F6F ヘルキャット(Grumman F6F Hellcat)と並び、アメリカ合衆国の空の攻撃の象徴だったのです。

そんな歴史を持つ会社、ボーイングの新型旅客機「737MAX」が、2018年10月のインドネシアに続き、2019年3月10日に、2度目の墜落事故をエチオピアで起こしました。

報道などによりますと、

2017年に新型機となるボーイング737MAXが就航してから17か月後の2018年10月29日、インドネシアのジャワ海でライオン・エア610便、737MAX8型機(PK-LQP)が離陸後約10分で墜落、機体は全損、乗客乗員189名全員が死亡しました。

そして、その事故から5か月経った2019年3月10日、エチオピアのアディスアベバ、ボレ国際空港より離陸したエチオピア航空302便、737MAX8型機(ET-AVJ)が、離陸後約6分で墜落し、機体は全損、乗客乗員157名全員が死亡しました。

原因は調査中です。

これを受け、真っ先に同型機の運行停止措置に踏み切った中国などに続き、2019年3月12日には欧州や中東各国が運航停止を決定しました。

そして、同年同月13日午前には当初慎重だったカナダ当局も停止を決定する形となり、製造国の米国のみが世界で孤立する形になっていたのです。

この中においても、2019年3月14日時点で日本では運行停止措置などの発令はないようです。

アメリカの顔色を伺っているのか(忖度しているのか)、国としての決定ができないのか、それはわかりませんが、空の安全性については、世界各国の「常識」はこのあたりにあるのだというよい証左だと思います。

2度目の墜落事故日が、かつて日本の首都東京を焼夷弾と爆弾でB-29が焼き尽くし、犠牲者10万人を数えたあの東京大空襲(1945年3月10日)と同じ日であるというのも、何かを暗示しているようで怖いところです。

こうして、製造社であるボーイング社の本拠の米国も運行停止措置に踏み切ったことで、世界で370機あまりの同型機「ボーイング737MAX」の運航が全面的に停止する見通しとなりました。

大統領令により、速やかに同型機の運航と領空内の飛行は禁止されます。

合わせた声明では、現場で収集した新たな証拠や衛星データの分析結果から停止を判断したとし、この停止措置はボイスレコーダーなどの追加調査が終わるまで続くとしています。

各国の航空会社は、保有する「737MAX」を抜きにして、従来通りの運航スケジュールを維持できるよう最大限努力する方向ですが、心理的な影響含め(こちらの方が大きい)、顧客に負担を強いることは間違いありません。

速やかな原因究明が待たれます。

犠牲となりました多くの方々に、謹んでお悔やみ申し上げます。

こちらからは以上です。

(2019年3月15日 金曜日)

▷▷次のページは

新幹線や飛行機も予約なしで自由席を選んで乗るというシェアリングエコノミーの話

2019年3月14日

企業文化なかんずく社風といわれるものが特に日本の会社に色濃く根付いていることについて論じてみます





おはようございます。

2019年3月の日本の会社にどっぷり使っておりますビルメン王こと筆者の配信記事です。

本日は、企業文化なかんずく社風といわれるものが特に日本の会社に色濃く根づいていることについて論じてみようと思います。

社風とは、よくいわれる言葉です。

特に、新卒採用面接の場などにおいては、「御社の社風に惹かれて」といった営業トークは、人事採用側にとっては鉄板のフレーズですし、何か仕事の上での事象を説明する際にも、いくら合理的に説明したとしても不足する、その隙間や間隙、もしくはそれ自体の土台になりうるのが、それをすることを無言で承認する、会社の「社風」という決定的な影響力を持つものが確かにあるのです。

こうした、長く続く組織において共通の価値観の背景として確かに存在しながらも、どうしても他の合理的な言葉や数値では説明できないもの、これが社風であると言えましょう。

特に伝統的な歴史を有する老舗企業には、家訓や企業理念、そういった文章化されたものを含めて社風が染み付いている場合が多いです。

例えば住友グループは「浮利を追わず」という家訓があり、実業に根ざした収益事業を旨とせよ、ということで同グループを代表する商社の住友商事も「石橋を叩いて渡る」社風があるといいますし、かつてあった(新日本製鐵と合併しましたが)住友金属工業、という鉄の高炉メーカーがグループの御三家として、長くグループ内序列で格上に座していたというような事例です。

社風を一言で表すこうした企業理念や家訓は、単なる建前以上に、長い歴史の価値観の変遷の中で、それでもその時代時代を生き抜いてきた先人の経験から絞り出された貴重な知絵なのです。

企業自体が、長い歴史の中で、そうした「知恵」にもっとも沿った人間を、「社風」というフィルターをかけて会社の重要なポストにつけ、期待の若手や幹部として「育成」しようとするとすら言えそうです。

組織の三菱といい、人の三井といいます。

同じ商社でも、三菱商事の人と三井物産の人では、まとっている雰囲気からして全く違うのです。

三菱商事に限らず、三菱グループの人たちは、何かのプロジェクトで数社が集まり打ち合わせやミーティングを行う際には、なにやら多くの部署からこれまた多くの人たちが参加するということで有名なようです。

これに対して、人の三井のといわれるほうの三井物産などでは、若手が交渉の場にも1人で出てきて全て決めてくる、というイメージが強いです。

それだけ社員(従業員)の独自性が強く、あたかも個人事業主の集まりのように、組織力で勝負できない差を埋めようとしているのではないかとも思われるのです。

かように同じような事業をやっている会社でも、自社の状況や競争優位によって、その企業として最適なポジションを取るべく企業文化や社風が醸成され、そのような会社の社風に沿った人間が集い、それは強化されるということが普通にあるものだと思います。

企業は人の集まりでありますので、いくら有形無形の資産やノウハウを積み上げても、最後は人の信頼がベースとなるということで一旦結論としたいと思います。

三菱商事にも三井物産にも、かつて新卒採用ではご縁がありませんでしたが、いまの社風には染まっている筆者からは以上です。

(2019年3月14日 木曜日)

▷▷次のページは

新卒者は組織文化(社風)の体現者で大切にしなければならないという話です

2019年3月13日

世に出回っている公開情報は掲出者にとって一番都合のよいベストのデータであることを知るべきという話です





おはようございます。

2019年3月のビルメン王によりますインスタ映えしない配信記事です。

本日は、世に出回っている公開情報は掲出者にとって一番都合の良いベストのデータであることが多い、ということを知るべきだという話をしたいと思います。

誰しも、自分自身に対しては「よい」イメージを持っています。

そんな中、たくさんある自分に関連するデータの中から無意識に選び出して、一番都合の良い(よく見える)最高のデータだけを取り出し公開する、ということがよく行われます。

統計学の考え方からすると、これは最も良い場合を「選定」していることになり、このようなデータを「チャンピオンデータ」と呼ぶそうです。

最近巷で話題の政府の統計上の数字の根拠が「あいまい」だという話は、この「チャンピオンデータ」の考え方を敷衍(ふえん)、応用すればよくわかります。

政府にとって、最も「経済の調子が良い」「政策効果が出ている」根拠となる数字やデータを選び出して、あたかも常にそのベストのデータが得られるかのように表示する、ということを無意識にやっているというわけです。

統計上の世界では、このような「良すぎる」データは異常値として排除される傾向すらあるのに、です。

卑近な例で申し上げますと、ビルメン王こと筆者のフェイスブックやリンクトインの自己紹介欄には、少々控えめに「TOEIC865点」という表示がなされておりますが、これは実は数年前から全く変わっておりません。

自分の中では、「900点以上」の実力のはずなのですが、何回受け直しても、どうしても、(察し)865点を超えるデータが得られないので、仕方なく、私の「チャンピオンデータ」を表示し続けているというわけです。

学歴や職歴についても、例えば筆者は旧司法試験は大学時代に択一試験で落ちておりますし、「都の西北」の校歌で有名な大学も、複数学部(政治経済学部と法学部)受験し全て不合格し、受験料を納付させていただいたのみ、というデータも保有しておりますが、あまりこのような「生の」データは公開経歴には書かれないものなのです。

また、逆の方向のデータを測りたがるものもあります。

例えば体重、などについては、筆者などは朝起きてトイレに行った後、全ての服を脱ぎ捨てて風呂場の脱衣所で体重測定をいたします。

これは、限界まで「低い」数値を出そうという大変滑稽かついじましい振る舞いです。

1日で明らかに一番「軽い」体重を測定し、その上でそれを所与のものとして周囲に吹聴します。

今朝の体重「68.7kg」というわけです。

したがいまして、これからは、データの表示の際は、アスタリスクで「*過去最高(◯◯年◯◯月時点)」という風に表示することで、少しは「誤解」が解けるのではないかと思います。

これは、人間の根本的な「よく見せたい」という傾向のなせる技であり、いきすぎると困りますが、適度には自らのプライドや誇りとして、自らを奮い立たせる妙薬ともなります。

いつも、昨日の自分を超えるように振る舞えば良いわけです。

他人と比べるのではなく、自らの「チャンピオンデータ」を超えるように頑張る、というのは、生き方のコツとしていいものではないかと思いました。

筆者が数ヶ月経っても、体重のこともTOEICのことも話題にしない、ということであれば、(察し)ということで、あまり厳しいツッコミをいただかないよう、切にお願いいたしまして、本日の雑談を終わります。

こちらからは以上です。

(2019年3月13日 水曜日)

▷▷次の記事は

本当の意味で本物が唯一クラウド上にあるという夢のクラウドサービス

2019年3月12日

サービスや商品に付加価値をつけるとはどういうことか実例を挙げて論じます

イラストは焼き鳥ではなく牛すじの「おでん」です…。ご容赦ください。





おはようございます。

2019年3月の経済学士ではないない素人のビルメン王こと筆者の経済経営講座の記事です。

日本の企業は、製造業もサービス業の区別なく、2019年3月現在、さまざまなコストの高さに苦しんでいます。

借金が重く、人件費が重く、在庫が多いのでは、なかなか安定的な収益機会には恵まれません。

鳥貴族、という大阪発祥の安売り手軽な焼き鳥チェーンが、ひところ有名になり顧客の支持を得て急速にチェーン展開が広がりましたが、こちらも、実に28年ぶりの価格改定に踏み切ったところ、なんとこれまで鳥貴族を多く利用していた顧客はそれまでの支持を一転させ、他店や中食、自宅での食事に切り替えてしまったのでしょうか、客離れが加速して一転上場後初の赤字決算を計上する見込みとなってしまいました。

株式会社鳥貴族(大阪市浪速区、東証1部、証券コード3193)は2019年3月8日、2019年7月期中間決算と通期業績予想の修正を発表しました。

2019年7月通期業績は黒字予想から一転、当期利益を▲3億5600万円の赤字予想としています。

すなわち、

・売上高358億6400万円(前回予想比5.5%減)
・営業利益6億7800万円(同61.1%減)
・経常利益6億800万円(同63.0%減)
・当期利益▲3億5600万円(前回予想7億4700万円の黒字)

とのことです。

2019年2月末の店舗数は、直営433店舗、TCC (鳥貴族カムレードチェーン)245店舗の合計678店舗であり、これまで、2021年7月期に「3商圏1000店舗」の目標を掲げていましたが、人件費や材料費等のコスト増から2017年10月に28年ぶりの価格改定を実施した結果、客足が遠のき、赤字決算の見込みとなりました。

増設してきた店舗数の方も、リストラによる21店舗の閉鎖を予定し、中期経営計画「うぬぼれチャレンジ1000店舗・営業利益率8%」についても、「営業利益率8%」のみを残し、取り下げることも決議したようです。

これは、そもそも、手軽な価格の焼き鳥チェーン、という鳥貴族本来の顧客が望んでいた「価値」を経営側が「読み違え」、あくなき拡大路線と「鳥貴族」ブランドのラグジャリー化を進めてしまったことによる「失敗」であろうと思います。

勘違いした株主の要望や要求に屈して、お金を側溝に速攻で捨ててしまうような間違った経営を、わざわざわかっているのにやってしまう、というのはどの企業や組織にもあることで、こうした失敗の経験を経て、人間強くなっていくものでもあります。

ただ、価格(売価)を上げるということが一概に悪い、経営にとって良くないといえば、そうではありません。

コストダウンの追求ではなく、高くても売れるものづくり、サービス展開を追求することは、それはそれで大切なことなのです。

例えば、ヨーロッパのラグジャリーブランドである、エルメスとかカルティエ、といったブランドは、様々な商品展開をして貪欲に収益機会と顧客を求めて世界中にその販売網を広げて広告宣伝にも余念がありませんが、「何を」顧客に訴えるのか、そのストーリーは非常に明確です。

例えば、エルメスは、もともと1837年に創業された馬具屋です。

日本では幕末ですから、別にものすごい老舗というわけでもありません。

鞍などの馬具メーカーであったエルメスは、19世紀末には自動車の台頭を受け、馬車は自動車に取って代わられることを見越して、丈夫な馬具作りの技術を生かして自動車移動のおともにできる「鞄(カバン)」や小物を作り始めて、これが好評を博したのです。

ですので、馬具屋由来のエルメスは、今でもスカーフの柄などには馬を多用し、自社のルーツを明確に、強烈にアピールしており、丈夫で長持ちするラグジャリーブランドとしての地位を高めているのです。

顧客に商品やサービスを通じて何を提供する会社なのか、その自問が深い企業は、現在の急速に変わりゆく競争環境の中でも、しっかりと自社のストーリーを磨いて、顧客の支持を得て、持続的に発展していけるでしょう。

いずれも、己の戦い、己に恥じぬ戦いができたか、そのような哲学(フィロソフィー)に収斂していくのではないかと思います。

以上、筆者の師匠の受け売りがほとんどですが、経営談義を一旦終わりたいと思います。

自前ブログの顧客支持(PV、Page Viewなど)は全く上がってこない赤字覚悟の鳥貴族のお店にはまだ行ったことのない筆者からの嘆きは以上です。

(2019年3月12日 火曜日)

▷▷次の記事は

株主同士のコミュニケーションの不足が招く所有と経営の分離の問題点

2019年3月11日

なぜブログを書くのかそれは筆者が作り変える力を持つ日本人の末裔だからという話です






おはようございます。

2019年3月の日本人とその歴史に関するビルメン王の雑感記事です。

昔の日本人ってすごかったと思うんですよ。

古くは、あれでしょ、「漢字」。

話し言葉しかなかった「やまと言葉」に、外来の中国からのありがたい漢字を当てて、訓読みとかいう形に仕上げて、原文の中国読みに近い読み方は音読みとかしちゃって、「山」という字を、「サン」と読んだり「やま」、と書いたりして同時に理解しちゃうという、ものすごいハイブリッドかつ二元的世界観でやってきています。

片仮名(カタカナ)と平仮名(ひらがな)だってそうです。

「やまと言葉」を漢字に当てて、「万葉仮名」で書いていたのもつかの間、主だった漢字を崩して「カタカナ」、「ひらがな」を編み出して、もともと日本人が音として発音していた50音に当てはめて、初期のころは変態仮名もあったけれども、今に続く50音というものを完成させた、これは小林秀雄の言うところの「作りかへる力」と言うやつの真骨頂だと思います。

時代は降って(下って)明治時代になりますと、オランダ語や英語にフランス語にロシア語とまあ、外来語がいくらでも入ってきます。

これを、カタカナで表記して済ましてしまって本当はよく知らないのに多用する今の日本人などははるかに上回る能力を駆使して、かの時代の日本人たちは、ソーシャルを社会だの、コンスティチューションを憲法などといちいち漢字(日本語)に変換し、その意味づけを忠実に行ってきたのです。

ついには、マックス・ウェーバーの資本主義の精神(無論ドイツ語)やルソーの民約論(当然フランス語)を完璧に日本語に訳して日本国民に紹介するような変態能力者も現れたのです。

日本語に対する、極限までの理解能力がないとできない芸当です。

何しろ、新しい日本語という言葉を「創造」するのと同じことですから。

このように、日本人の何千年にもわたる作り変える力というものは、これからの世界においても大いに強みになるのではないかと駄文をもって訴えたいところであります。

ご先祖様に少しでも近づくように、駄文でも何でも間を置いた習慣でアップし続けようと思っております。

カタカナで表記して済ましてしまって本当はよく知らないのに多用する今の日本人の典型になりかねない、ビルメンブログのノンペーパーパブリッシングをライブリーフッド(生業)にしている筆者からは以上です。

▷▷次の記事は

英語で書いたという記事を日本語で書いて日本語と英語の違いを語る話

2019年3月10日

日産の元会長カルロス・ゴーン被告(64、会社法違反(特別背任)などで起訴)が保釈時作業員姿の仮装したことの大きな問題とは

カルロス・ゴーン被告(64歳、会社法違反(特別背任)などで起訴)の保釈時の変装(仮装)姿





おはようございます。

2019年3月、全世界のビルメン業界をも、もらい事故的に揺るがす驚きのニュースが飛び込んできましたので緊急声明を出します。

日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64歳、会社法違反(特別背任)などで起訴)が、2019年3月6日に保釈請求が認められて保釈された際に、作業員姿に変装(仮装?)していたことについて、弁護団の高野隆弁護士が、同年同月8日に、自身のブログにおいて、「すべて私が計画して実行した。彼が生涯をかけて築き上げてきた名声に泥を塗った」と「謝罪」したというのです。

まず、世界中で注目されているゴーン被告の保釈については、たとえミスター・ビーンに変装したとしても、夜通し拘置所前に張り付いているマスコミや報道機関には容易にバレてしまうでしょう。

自分が正しいと信じて疑わない弁護士という職業人の一部に、そしてその一部の大部分は自分が頭も良いと思い込んでいる種類の人間のようですが、こうした人間は、

当然備わっているべき、想像力


が決定的に足りないところなのだろうと思います。

おそらく、自らが正しいので、自分の頭の中の通りに世の中が動くと「信じて」いるのでしょう。

しかしながら、現実に出てきたのは、ただの下手なコスプレでした。

非才なる筆者すら、これは(大リーグか何かでやられている)何らかの罰ゲームではないのかと思ったくらいです。

そして、さらに悪いことに、謝罪の方向も決定的に間違っています。

全世界の作業員の皆さんに失礼です。

昔、燃えるお兄さん!という漫画の中の話で学校の用務員さんと生徒が破茶滅茶争いをして、「用務員のくせに」というフレーズを連発した作者が謝罪とその話の休載(お蔵入り)に追い込まれた、という話を思い出しましたが、こうした危機管理やコントロールを職業としている弁護士が、全く同じ類の過ちを犯すとは嘆かわしい限りです。

要するに、全世界の、作業服を着て仕事をしている人に対する公然の侮辱であるわけです。

どんな政治的、経済的、人格的主張があるというのでしょう。

全世界のビルメン業界方面は、ここまでコケにされた以上、黙っていないのではないかと思います。

まさに一斉蜂起、平成最後の一揆、現代の打ちこわし、日産車不買運動まで展開しそうな勢いです。

業界の中の人として言わせていただけますと、ゴーン被告、作業員としても警備員としても清掃員としても設備管理員としても、まったく雇えませんし使えません。

コストが合わないし、スキルも職業に対する真摯な姿勢もありません。


これは、あらゆる職業に対するリスペクト、お金を支払って「してもらっている」ことの価値が全くわかっていない人間が、なんの悪意もなく、大真面目に、頭の中だけで、考えた結果、巻き起こってしまう悲しく嘆かわしい「事故」なのです。

泥を塗ったのは、弁護する対象のゴーン被告だけではありません。

彼にコスプレ(仮装)させたその行為こそ、全世界の職業人に対する侮蔑であるという決定的な間違いを、彼ら弁護人もまもなく自らの評判の失墜という代償を払って理解するでしょう。

こだわることは生きる上で非常に大切な資質ではありますが、自分が正しいと信じて疑わないばかりに足元をすくわれる、というより勝手に転んで他人に迷惑だけをかけるような真似をしないようにするのが、懸命な「職業人」のあり方であろうと考えた次第です。

旧司法試験に落ちまして、弁護士になれなかった筆者からのコメントは以上です。

(2019年3月10日 日曜日)

▷▷次の記事は

2019年3月9日

古今東西世界史上に類を見ない第1等の偉人超人(ビルメン王調べ)「墨子」の話を致します!







おはようございます。

2019年3月のビルメン王によります大好きな歴史の話をします。

「墨攻(酒見賢一著)」という本を、昔、高校2年生の時に読みました。

読みました、というのも、なんと立ち読みでなんとなく手にとったハードカバーの「墨攻」という本が面白く、そのまま立ち読みで一気に読破してしまい、持っている左手の腱がつってしまうほど集中したことを覚えています。

そのまま、確か近くの本を「買って」帰ったのですが、その時に買った本も名作「スシとニンジャ(清水義範著)」という本(こちらも名作で楽しく読んだ)であったことを覚えております、といいますかこれ書きながら唐突に思い出しました。

もう25年(四半世紀)も前の、北九州市八幡西区の黒崎駅前にあった、井筒屋という百貨店の黒崎本店の横にアネックス的に建っていた、井筒屋ブックセンターというこれまた巨大な本屋の何階かでの出来事です。

昔は、一棟まるごと本屋、という業態が成り立っていたのですね。

本当は、大学受験の参考書か何かを選んでいたはずなのですが、ここで数時間を読書に費やしてしまったということになります。

さて、その「墨攻」というのは、本来「墨守」という墨家の言葉から想像した作者の造語だということですが、墨家の祖である墨子という人、この人は筆者の知る限りでは最も理想と現実のギャップの大きい、それでいて活動量と能力最大に振り切った、古今東西の偉人賢人の中でも群を抜いた超人(キン肉マン的な言い方では火事場のクソ力7,000万パワー並み)と断言できます。

時は500年間続く、紀元前中国の春秋戦国時代です。

常在戦場といいますか、常に殺したり殺されたり、戦いが日常の世の中において、兼愛(全てのものに愛)を叫んだ超人が現れます。

名前は墨子。

行き着くところまでいってしまった理想主義者です。

なにせ、同時代に勃興してきた孔子率いる儒家の説く博愛思想「仁」すら、それは卑しい差別愛だと一蹴するのです。

しかしながら、理想だけに逃げ込んでいては、世間の支持は得られません。

そこで墨子は、城(街)を守る守城のスペシャリスト、超常能力者として、自らの価値を限界まで高めます。

どんなに攻められても陥ちない城を守る、城の防人となるのです。

守城に関しては連戦連勝(勝つ、という表現が変ですが)。

その卓越した戦略眼と知見、人々を束ねる統率力、どの国の将軍もかなわない人間としての限界を超えた能力を見せつけ、最も戦いが嫌いなくせに、戦えば必ず完璧に防御する、という現実世界での卓越した成果を上げ続ける、そのようなまさに、銀河英雄伝説の一方の主人公、ヤン・ウェンリーも真っ青の超人だったわけです。

この超人・墨子の凄いところは、これだけ現実世界での能力を見せつけておきながら、金や地位に転ぶことがなく、ひたすら自らの理想を追求し、自らの弟子に対しても、自らレベルの高みを求めず、自分が目指しているものの1%でも弟子や部下が理解するだけで感激しさらに理想に燃えるという、その、一般人なら萎えて当然の理想と現実とのギャップをそのまま理解し飲み込み、その双方に対して真摯に向き合い最大船速で駆け抜けた、熱き人間力であります。

墨子の弟子の99%は、その守城ノウハウによる戦略や戦術、戦いの極意や奥義を学ぶために集まったに過ぎず、彼の提唱する「兼愛」に惹かれて集ったものなどほとんどいなかったものと思われます。

しかし、墨子のその人間性に触れ、彼らも変わっていくのです。

300人いた弟子たちは、墨子の死をもって、その教育を「完成」させ、あたかも墨子が300人に分離し増えたように、中国全土に墨家集団は広まり各国に広がっていくのです。

しかしながら、守城のノウハウによる兼愛精神という教化集団は、そこから忽然と、歴史から姿を消してしまいます。

思想的には墨子に言わせれば「純度の低い」儒家に切り崩され、頼みの綱であった守城ノウハウは超大国秦の圧倒的な物量兵力攻城作戦によって打ち崩されてしまったのでしょう。

太平洋戦争初期、ハワイ沖まで長駆遠征しその機動力で一瞬世界の空の頂点に君臨した日本海軍零式戦闘機(れいしきせんとうき)、通称零戦(ゼロセン)が、ほぼ二倍の排気量と頑丈な機体による急速降下により一撃離脱戦法を可能にした米海軍グラマンF6Fヘルキャット(ぐらまんえふしっくすえふへるきゃっと)の台頭により駆逐されていくように、一瞬歴史に光を放ちましたがその後消えてしまった思想、成果の一つだったのです。

しかし、2,000年の時を経て、墨子の思想は忽然と消えた故にほぼ現存する形で伝えられ(後世の改変も少なく)、今の我々に非常に重要な示唆を与えてくれます。

さすが超人・墨子。

まさにタイムカプセルです。

ゴッホが死後評価されたくらいのタイミングではありません、2,000年後です。

この、一個人としての人間がどこまで高みに達することができるか、高みに達しながら現実世界での文句ない業績事績を上げて、そして理想現実双方の成果を同時に、最大戦速での熱量で追い求め駆け抜けた人生、これが筆者のような歴史学徒に、墨子こそ古今東西の歴史の中での第1等の人物だと言わせしめる所以なのです。

墨子に比べれば、ペルシア帝国を滅ぼしインドまでいってその先を見たいと叫んだけれども部下に「あんた1人で行けば」と拒否されやむなく引き返す途中でバビロンで毒殺されちゃった(と思われる)アレクサンドロスや、馬と弓と草原という、いわば当時無敵の武器を手にした戦闘民族の長としてのDNAに従うまま世界を制覇したチンギス・ハンも、ちょっと霞んで見えます。

ユリウス・カエサルくらいでしょうか。

それとても、制度疲労を起こしたローマ元老院と共和制に、少しのスパイスを加えて事実上の帝政に移行させてローマの息を数百年永らえた、「程度」の業績です。

墨子は凄いですよ。

何しろ、パクス・ロマーナを標榜しているパクス・アメリカーナが制度疲労を起こそうとしている世界思想界において、墨子の思想がこれから2,000年を超えて世界の常識になるかもしれないのですから。

日本においては、この墨子に近づける人物といえば、古代は空海、親鸞、近代では吉田松陰くらいでしょうか。

以上、世界史上に忽然と現れた超人、墨子のお話でした。

このような歴史サロンが、こちらのページで行われておりますので、興味のある方ご覧ください。

一緒に歴史を語りましょう。

それでは今日はこの辺でさようなら。

こちらからは以上です。

(2019年3月9日 土曜日)

▷▷次の記事は

死んだじいちゃんが生前言っていたことを簡単に一文にまとめましたので披瀝します

2019年3月8日

2019年3月の「みずほショック(減損対応による利益激減)」を受け株式市場が冷えた話です





おはようございます。

2019年3月の日本の株式市場に関するビルメン王によるネガティブなニュースです。

2002年4月の第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の合併統合により誕生したみずほグループですが、その際に無理やりくっつけて稼働させた銀行オンラインシステムを、ようやく次期システムにアップデートすることができた、というところから、それまで使っていたいわば継ぎ接ぎ(つぎはぎ)のシステム関連資産の一括償却を監査法人ほかに求められたのでしょう、第三4半期決算発表のわずか1ヶ月後に、構造改革費用を中心に約6800億円に上る損失を2019年3月期に計上するといきなり発表しました。

銀行の基幹業務は、預金、融資、決済と言われますが、預金はゼロ金利マイナス金利で全く収益が出ず(それよりも管理コストの方が上回る)、融資は資本調達やクラウドファンディング他の別の資金調達手段からなかなか伸びが見込めず、最後の決済についても、異業種が相次ぎ参入する中、みずほグループはメガバンクの中でも三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループに収益力で水をあけられ、業界3位が定位置となっております。

3メガバンクの4番手、とまで言われてしまう事態になっている同グループの、反転攻勢は可能なのでしょうか。

3メガバンクの中で、みずほは経費構造が高止まりしており、業務粗利益に占める比率は約72%(18年3月期)と、三井住友の約61%、三菱UFJの約68%に比べ高いままです。

従業員1人当たりで見た業務純益が大きく見劣りするのは、この経費率の高さによるものであり、この重荷を一気に解消するため、固定資産である店舗費用及びシステム費用の一括処理により、経費を前倒し処理して将来の収益向上の足場を固めたいというメッセージではあります。

しかしながら、そもそも銀行を取り巻く収益環境は刻々と変化しており、次期システムの一括処理に2002年から2019年まで、実に17年間を費やした同グループの経営判断については、もっと歴史の検証が必要となってくるでしょう。

巨額の投資に見合う収益を得ることができるか、こうした将来のキャッシュフローに基づいた合理的な考え方は不動産投資に限らず、今後の「投資」は情報やソフトウェアや店舗網といったソフト面にも強く影響が及びそうです。

記事執筆時点でみずほフィナンシャルグループの零細株主であります筆者からのコメントは以上です。

(2019年3月8日 金曜日)

▷▷次の記事は

日本のメガバンクの基幹系システムが遂にリニューアルされたという話

2019年3月7日

(1位はやっぱりあの人)2019年フォーブス誌による33回目の世界長者番付が発表されたという話です






おはようございます。

2019年3月のビルメン王によりますお金持ちに関する配信記事です。

筆者がお金持ちというわけではありません。

米誌のフォーブス誌が2019年3月5日、通算33回目となる2019年版の世界の長者番付を発表しました。

1位は、米インターネット通販大手アマゾン・コムの創業者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏が保有資産1,310億ドル(約14兆6千億円)となり2年連続で首位となりました。

髪はなくてもお金はたくさんあるようですね。

お金、といっても、そのベゾス氏の資産のほとんどは、米国に上場している創業したアマゾンの株であり、これを16%ほど保有しています。

したがって、アマゾンが100兆円企業であれば自動的にベゾス氏の個人資産は16兆円になる、という簡単な関係です。

ただし、ベゾス氏は、髪も失ってすっきりして久しいようですが、2019年1月に長年連れ添った妻マッケンジーさんとの離婚を発表していまして、今後はますます身辺すっきりすることのようです。

その離婚に伴う財産分与でどれだけの資産を減らすのかは想像がつきません。

次に、2位は米国IT大手マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏で、こちらは965億ドルとなりました。

10兆円ちょっとですね。

ハーバード大学を「中退」しても、これだけのお金を稼ぐことができる、しかも、母校のハーバード大学の卒業記念講演の演者を務めることができるという、世界中のビジネススクールを敵に回したようなITプログラムオタクの彼も、随分年を取ってきたようですが、まだまだ好きな研究に余念がないようです。

さらに3位は、コーラとハンバーガーが大好きな(そしてそれらを作り出している「企業」の株の方も大好きでたんまり持っている)米著名投資家のウォーレン・バフェット氏で825億ドルです。

9兆円といったところでしょうか。

これだけお金持ちでも、ビル・ゲイツさんもウォーレン・バフェットさんも、マクドナルドのハンバーガーとフライドポテト、コカ・コーラが大好きだそうで、そればっかり食べているという話です。

高級料亭の料理より、マックのチーズバーガー。

自分がわかるものにこだわる、と好意的に見る向きもありますが、ただの好き嫌いの多いジャンクフード好きなだけなのでしょう。

厳しい母親の元で、さぞ暮らしにくい子供時代を過ごしたのかもしれません。

それでも、御歳88歳(1930年8月30日生まれ)にして、このバイタリティ、見習いたいところです。

筆者も、90歳くらいではまだまだ、朝からビーフカレーをかっくらい、コーラを飲み、昼はワインで乾杯するくらいの感じでいきたいと考えています。

経営者に限らず、社会人としても学習者としても絶対重要な能力、それが体力です。

体力をどのように持続的につけていくか。

走ってもいいですし早起きしてもいいですし、ファスティングをしても瞑想をしてもよいですが、何にしろ自分に合った方式で長く続けた方が勝ち、ということになりましょうか。

お金持ちの話、日本勢のみなさんに戻します。

といっても、世界の50位以内に日本からはこの2名でありまして、41位に衣料品店ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(資産222億ドル)、43位にソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(216億ドル)が入っているのみです。

しかし、同じ頭髪希少者でも、14兆円のベゾス氏に比べて、孫さんは2兆円と、1ベゾス氏=7孫さんという、かなり不利なレートとなりました。

柳井さんのユニクロも、世界で勝負しようと意気込む傍らで、気づいてみれば母国日本のマーケットでは儲けた金で宇宙に行きたい!と叫んだり1億円を100人にツイッターでばらまく、と豪語しているゾゾっとする会社の創業社長さんに猛追され、なかなか厳しいところなのかもしれません。

超金持ちの中の「格差」もこれまた大きく激しい、そのようなことを感じます。

1孫さん=0.00001ビルメン王

という程度の小規模投資家にすぎませんが、心は錦と行きたい筆者からのコメントは以上です。

(2019年3月7日 木曜日)

▷▷次の記事は

スターバックス創業者のハワード・シュルツ氏が2020年の米国大統領選の出馬を検討しているということについて

2019年3月6日

英字新聞購読を止めてタブレットスマホで毎日提供される日経新聞記事の英語読み上げアプリを始めた話です

LissN(日経新聞社提供アプリ)




おはようございます。

日本全国数千万人の英語学習者のみなさんへ朗報となるビルメン王からの英語学習に関するおすすめ配信記事です。

ビジネス英語学習の決定版が出ました。

サラリーマンなら毎日読んでいる(はずであろう)日本経済新聞、略して日経新聞の記事を英訳したものが毎日3〜5記事配信され、さらに英語日本語を対照させて表示し、速度変換可能な英語ネイティブの読み上げ機能までついていて月額600円、というアプリがタブレットスマホに提供配信されているのです。

アプリの名称は、「LissN」といいます。

これは、筆者のようなビジネス英語を使う必要に迫られている人間には非常に的を射た学習方法になります。

ビジネスの世界や政治経済について、英語で理解することが喫緊の課題である筆者については、詩や物語や歌というような課題が混じる英語教材(それはそれで教育上素晴らしいのですが)より、徹頭徹尾日経新聞のような記事を配信してくれた方が目的に叶います。

さらに、日本語の、日経新聞の原文や話題や記事に親しんでいる者としては、それを英語にしたものを配信してくれるわけで、理解の進みが早く、英語学習のハードルが低く習慣にすることができます。

これにより、毎日無理して読んでいた、2019年2月現在日本で希少な英字日刊新聞である「Japan Times」や「Japan News(by The Yomiuri Shinbun)」といった本格的な新聞を取り続ける必要はとりあえずなくなりました。

音声を流しっぱなしにすることができるので、読む時間がない場合でも聞き流しもできますし、聞かずに記事だけじっくり読み込むこともできます。

何より、普通の日経新聞記事ですから、時事に詳しくなりますし、勉強と実益がマッチしているのです。

そのうち、毎日のニュースは英語で聞けるようになれればしめたものです。

学習方法の進化は凄まじいもので、この教育業界における大きな波は、これからの人間教育や企業研修の形を劇的に変えていくでしょう。

非常に楽しみになってきました。

そろそろ国際展開にも本気出して取り組みたい、中年新人の筆者の意気込みは以上です。

(2019年3月7日 木曜日)

▷▷次の記事は

NHKラジオ基礎英語のテキストもKindleでタブレットで「観る」時代になったという話です

2019年3月5日

障害者をお客さんではなく本当の戦力として雇用して利益を生み続ける戦略で堂々と突き進む奇跡の会社の話をします







おはようございます。

2019年3月の障害者雇用から本当の企業の競争優位を探すというテーマのビルメン王の配信記事です。

社員約80人の7割が知的障害者という、粉が出ないダストレス・チョークという分野で大きなシェアを持つ、「日本理化学工業」という奇跡の会社があります。

一定数(平成30年4月1日からは45.5人以上)の雇用を持つ民間事業主は、全体の2.2%以上の障害者を雇用しなければならず、雇用できない(これを満たさない)企業からは不足分1人あたり月額50,000円の障害者雇用納付金を徴収しており、この納付金をもとに雇用義務数より多く障害者を雇用する企業に対して調整金を支払ったり、障害者を雇用するために必要な施設設備費等に助成したりしています(障害者雇用納付金制度)。

また、法定雇用率より「多くの」障害者を雇用した場合には、納付金の反対の給付金が支給されるという制度もありますが、これを積極的に利用しようとする企業は非常に少ないです。

このような状況の中、すでに50年にもわたり障害者雇用を積極的に行い、社業を盛り立てている奇跡の会社、日本理化学工業のご紹介です。

これは、以前の記事にも書きましたが、要約しますと、当時社長だった大山泰弘さんが近くの養護学校の卒業予定の2名に、企業としての採用はできなくとも、せめて「働く体験」だけでもさせてくれないか、と頼み込まれて、引き受けてみたのが始まりでした。

二人の少女の1週間だけの作業体験で、周囲の人々は、彼女らの仕事に打ち込む真剣さと幸せそうな仕草と笑顔に心を打たれます。

約束の1週間が終わる前日、十数人の社員全員が大山さんを取り囲んで、「みんなでカバーしますから、あの子たちをぜひ正規の社員として採用してください」と訴えた。

大山さんは、会社であくせく働くより安全な施設でのんびりしているほうが「楽」であるのに、なぜ彼ら障害者はこんなに一生懸命働きたがるのか、最初は不思議でした。

しかし、禅寺のお坊さん曰く、幸福とは、人の役に立ち人に必要とされることである、この幸せは施設で安全に暮らしているだけでは決して得られないものである、と諭され、これこそ会社の存在価値であると定めたのです。

ですが、持続的に、働ける「場」を提供し続けるためには、企業の世界で競争優位を築いていかなければなりません。

補助金もらって、作業のふりをするのは、これに比べれば簡単です。

しかし、それでは、安全な施設で作業してもらうこととほとんど変わりがありません。

最初は、知的障害者の働く喜びに心打たれて「私たちが面倒をみますよ」と言ってくれた社員ばかりでしたが、やがて後から入ってきた人たちには不満が募ります。

「自分たちの方が仕事をしているのに、なぜ給料が変わらないのか」というわけです。

また、通常の業務や社員旅行や懇親会の場においても、健常者の社員は、障害者の世話をしなければならないと思うと、存分に楽しむことができないのです。

それは「逆差別」ともいうべき相互の断絶につながるリスクがありました。

そして、大山さんは決断します。

「障害者雇用に徹底的にこだわる会社として、生き残りをかける」

障害者の持つ真剣さ、人間性に賭けた経営を行う、障害者をお客さん扱いしない、彼らの能力を限界まで引き出して社業に還元すると腹を括ったのです。

障害者雇用に反対する株主もいました。

障害者を「お手伝い」ではなく、主力にして、本当に品質・生産量を維持できるのだろうか、という問いに、そこから数十年、会社は取り組んでいくことになります。

そして、作業工程を徹底的に見直し細かく切り分け単純化し、障害者(知的障害者を含む)が持つ特性であるモチベーションの高さ、単純作業の繰り返しを長時間一定のペースで行い続けることができる忍耐力を強みにして、分業をさらに進めることで、競争優位を保っていくのです。

たとえば、ビデオカセットの組み立て、カセットの中に5つの部品を組み付ける仕事については、別の大手メーカーにも発注しているそこでは一人1日約1,000個組み立てるというものでした。

この作業を1人でやらせては、到底1,000個の目標には到達しません。

そこで、5人の障害を持つ社員を並べて、各人が責任を持って、部品を1種類ずつ組み付けるようにしました。

すると、見事に5人で1日5,000個を組み立てることができたのです。

一人当たり1,000個、しかも、不良率は大手メーカーのそれを凌駕しました。

この作業の切り分けを、健常者で行なった場合、おそらく生産性は落ちると思われます。

作業の「慣れ」「倦怠」により、一種類の作業を長時間続けることに、健常者の脳と身体は持たないからです。

ですので、これは、障害者が持つ特性をうまく作業にマッチさせた、生産性向上の得策であり、障害者でないとこの生産性は達成できない、と言えるのです。

このように、障害者に限らず、例えば発達障害、自閉症、アスペルガー、注意欠如・多動性障害(ADHD)といった、「障害」言い換えれば「特徴」を持っている人が、いわゆる「健常者」言い換えれば「普通の、ありきたりの」人に対して優っている部分を取り出して、企業の生産活動に直結するようにする、これこそが経営者の手腕であり考え方の軸にすべきところでしょう。

こうなれば、障害者雇用は、メセナ活動や社会貢献活動(CSR)という衣をまとった補助金頼みの不採算事業、ではなく立派な企業戦略として再定義されるのです。

変えなければならないのは、自称「健常者」であるところの企業経営者の頭の中のほうなのではないでしょうか。

工程を単純化したことで、知的障害者たちは目の前の作業に集中できるようになり、その自分たちの能力を最大限発揮できる「場」を得た彼らは、自らのモチベーションを最大に高め、持てる能力を余すところなく(サボること全くなく)発揮して、健常者以上の仕事をチームでやってのけるようになったということです。

企業は市場競争に勝って、利益を生み出さなければ生き残っていけません。

障害者だから生産性は低くとも良いは通用しません。

それでは、商品構成が貧弱だから、社長が大卒じゃないから、社員が優秀じゃないから、取引先の販路が細いから、というようなこと全てが負けを正当化する理由になってしまいます。

だからこそ、知的障害者が多い、という個性を生かして品質、生産性を発揮できる工程を必死で考えようとした、自分のこととして課題認識をして正面から取り組んだ、この経営者のマインドこそ一番学ばなければならないことだと思うのです。

いわゆる福祉の世界では、(ステレオタイプに申し上げて一部の人の気を悪くすることを承知で書きますが)税金を貰って、それで知的身体障害者の面倒を見ています。

その限りにおいては、決して、彼らに「健常者並みの仕事をしてもらわねばならない」という切羽詰まった危機感や工夫は生まれないのです。

その代わり、ヒリヒリした競争社会における達成感や人の役に立っているという喜びもないのでしょう。

福祉施設における知的身体障害者はあくまで保護を受ける対象ですが、企業ならば働くことを通して、社会に役立ち、その対価として給料を受け取る大事な戦力です。

そして、知的身体障害があろうがなかろうが、このように「(戦う)喜び」を与えられるのは、福祉でなく絶対に日々勝負している「企業」であると、浅学なる筆者などは強く思うのです。

皆、己の人生を戦っています。

己に恥じぬ戦をしましょう!

障害者に対する同情融和思想の本質が人間の冒涜であることを喝破した、有名な水平社宣言の最後の文でこのコラムは締めさせていただきます。

人の世に熱あれ、人間に光あれ。

そろそろ(経営者としても)本気を出そうと思った筆者からのコメントは以上です。

(2019年3月5日 火曜日)

▷▷次の記事は

誰でも幸福になれる方法があってそれは誰でもできるという話をします(日本理化学工業株式会社の奇跡の経営)

2019年3月4日

2100年の世界の人口は108億人でアフリカのナイジェリア人が9億人以上になるんだって知ってた?






おはようございます。

2019年3月、ビルメン王こと筆者よりたまには地球上の環境が少しづつ良くなってきている、といういいニュースから配信します。

地球上の「緑」が明らかに20年前をボトムに回復しており、その貢献は、中国とインドという二大人口大国の成せる部分が大きい、というものです。

産業の発展、その前の焼畑による農業展開により、一旦人類の生産能力は非常に高くなりましたが、これは、環境を汚染させ、不毛の大地を増やすだけであり、かつ空気環境も悪化させるということに人類がようやく気づいた20世紀末、全世界で、森を取り戻すための植樹活動が行われはじめました。

木を伐採し森を破壊してしまうと、洪水や干ばつに悩まされるようになります。

砂埃や産業廃棄物などが空中に舞い、空気は淀み健康が害されます。

常時、薄いガス室か受動喫煙状態で過ごす、という状態になるのです。

一時期、中国やインドの都市部の大気汚染はものすごいものでした。

視界が遮られるほどだったのです。

それが、最近少しずつ変わってきました。

政府や民間、その両者が一体となって進めた緑化事業や植林事業が軌道に乗り、砂漠を森林に変え、そうして時間が経過するごとに砂漠は森林となり、多くの野生動物も生活するようになる生態系が戻ってきたのです。

植林活動に長年従事する人に言わせると、「最初は栽培に時間がかかるものだが、現在は野生動物と自然環境のおかげで樹木が増殖能力を備える」ということのようです。

樹木を栽培することにより、二酸化炭素(CO2)の増加も防ぐことができ、洪水や干ばつのリスクも減ります。

地球の温暖化抑制に最も効果が高いのは、化石燃料の燃焼を抑えることと、大地の緑化です。

中国やインドは、新興国として、また最も人口を抱える世界の大国として、経済成長とや民の生活水準の向上と、良質な環境構築という一見相反する目標を急速に達成しつつあるそのような勢いを感じるのです。

もともと、中国もインドも、黄河文明やインダス・ガンジス文明と言われるくらいから、紀元前何千年もの前から都市を作り、法律を作り、治水し王や諸侯がきっちり国々を治めていた、という長い歴史を持っています。

たかだか、200年前かそこらに巻き起こった「産業革命」の前に、農業革命や都市革命、文字革命といった分野ではヨーロッパやアメリカのはるか先を行っていた中国やインドが、その膨大な人口をバックに、一気に世界の覇権を握ろうと力をつけてきていると想像するのは、全く滑稽ではなく時点を数十年将来に持っていけば単なる事実です。

その後には、人類に残された最後の大陸であり、人類の生まれ故郷である広大なアフリカ大陸に住まう人類の数が、一番多くなるでしょう。

これも、国連ほか世界の権威ある調査機関の、ほぼ外れない「予想」の範疇です。

国連による2100年までの世界の人口推計をまとめた報告書「2012年版 世界人口展望(World Population Prospects, the 2012 Revision)」によりますと、世界の人口は、2012年7月時点で71億6212万人と推計、以降、2050年に95億5094万人、2100年には108億5385万人に達するとの見通しが示されています。

そして、その内訳は驚くべきもので、インドが1位で15億4683万人、2位は中国で10億8563万人ですが、ピークから3億6767万人減少します。

かわって、2100年には11カ国で人口が2億人を超え、ナイジェリア(9億1383万人)、タンザニア(2億7562万人)、コンゴ民主共和国(2億6213万人)など、アフリカ諸国が6カ国を占めます。

22世紀は、明らかにアフリカが牛耳る世界になるのです。

また、アメリカも一貫して増え、4億6207万人に達する見通しです。

どこまで、アメリカが新興国を叩きながら、世界の覇権を維持するのかは見ものです。

一方、日本の人口は2013年の1億2714万人から減少の一途をたどります。

日本人の世界での希少性は増すばかりです。

2050年には1億833万人に減少し、2064年に1億人を割る。

2100年には8447万人まで減少し、世界順位も2013年の10位から、29位まで低下するそうです。

日本と同様に、ドイツ、イタリア、ロシア、韓国など少子高齢化が深刻な国では、2100年に現在よりも人口が減少します。

対照的に、フランス、イギリス、カナダ、オーストラリア、スウェーデンなど、移民政策に積極的な国や、育児制度が充実している国は人口を増やすと見込まれています。

こうしてみますと、国家戦略の根本である「国民を適正に増やす」という戦略において、かつての日本は長い鎖国の江戸時代の3千万人から明治維新、太平洋戦争にかけて一気に1億人の大台に乗せ、敗戦を経てさらに高度経済成長を成し遂げ1億3千万人まで増やしたところから、ゆっくりとしかし確実に国力を落としていくフェーズに入ってそこから抜け出す抜本策を講じられていない、ということになります。

2100年には世界の108人に9人は、ナイジェリア人なのです!

そして日本人は108人に0.8人です。

こんな現実を見せつけられて、筆者は大変悔しいです。

これほど、世界と勝負するにおいて、日本が世界に対して「負けている」部分はあるでしょうか。

調べれば調べるほど、今すぐ、環境に良いこと、暮らしに良いことを考えて実践したいと強く思うのです。

この問題意識については、これからも、折に触れて考えて訴えていきたいと思います。

こちらからは以上です。

(2019年3月4日 月曜日)

▷▷次の記事は

2019年のこの少子化人口減少の日本において人口と若年層が増加している成長都市福岡県福津市を見て欲しいという話です

2019年3月3日

2019年2月米朝会談決裂に見る人間同士の交渉の興味深さについて経緯と共に見解を述べておきます





おはようございます。

2019年3月の国際政治に関するビルメン王の観測記事です。

インド・パキスタン紛争が大きく広がり世界中が注目するようになっている最中、さらにベトナムのハノイで開かれていた、アメリカと(いわゆる)北朝鮮(日本は国家承認していないため)との2回目の首脳会談(米国トランプ大統領、北朝鮮金正恩国家第一書記にして朝鮮労働党委員長)は、日程を切り上げ、2019年2月28日に、「合意に至らない」旨が発表されて事実上決裂しました。

玉虫色の共同宣言もなく、これでは、両国はなんのために随行員を引き連れて、世界中に注目されるような首脳会談を演出したのか、ということになりますが、米国としては、ここで下手な合意=宥和政策を取るのは得策ではないと土壇場で判断したのではないでしょうか。

記者会見を行い自説を披瀝したトランプ大統領の公式見解によれば、正恩氏は非核化に向けた十分な措置を示さなかった一方、経済制裁の完全な解除を要求し、これをトランプ氏が拒否した、ということです。

非核化へのプロセスが不明確なのに、経済制裁の完全解除を北朝鮮側が要求した、ということ、また北朝鮮の国内向けにも、今回の米朝会談は大々的に「放映」「発表」されていたということを考えると、金正恩体制側としては、是が非ともトランプ大統領から、果実を引き出しておく必要があったわけですが、完全に失敗しました。

今後、国内に巣食うクーデター絡みの不満分子の粛清がさらに広がりを見せるのではないか、と筆者などは考えます。

そもそも、このハノイ会談は、前回行われたシンガポール会談のあと、北朝鮮が米国批判とも取れる態度を強めたのを見たアメリカ側が、一旦決まった会談をキャンセルして、そして北朝鮮からお詫びを込めた再設定のお願いを受け容れた形で、応じた会談です。

わざわざ、トランプ大統領自ら、ベトナムのハノイまで出かけて行き(ベトナムも一応社会主義国家です)、そして融和姿勢を外面にまといながら、いきなりちゃぶ台をひっくり返し、太っちょの孺子(こぞう)とばかりに張り倒す、これはトランプ外交の(評価は差し置いて)真骨頂でしょう。

金正恩氏は、経済制裁の完全解除を要求するという、「読み違えた」過大な要求を行ってしまったばかりに、得べかりし利益を丸ごと失い、彼らが最も嫌う国内向けの面子(メンツ)も丸潰れとなりました。

要するに、国内の指導力にも疑問符がつくということです。

しかし、正恩氏側としても、もはやこれ以上の経済制裁には国内が耐えられない、持たない、ということなのかもしれません。

それが、いみじくも、「バレて」しまったことの方が問題です。

米国としても、追従している日本としても、このまま経済制裁を続けて北朝鮮が音を上げるのを待てば良いからです。

そして、トランプ大統領にしても、普通の「誇りある」米国民からすると、大統領がわざわざ設けた席上、過大な要求を1on1のミーティングで行ってくるアジアの小規模暴力国家のことなど、本来なら意に介さないわけであり、北朝鮮のほぼ利益代弁者、となっている感のある現在の大韓民国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領ともども、なで斬りにした感じです。

さて、次の国際政治の動きはどのようなところから急速に動くのでしょうか。

いつの時代になっても、相手の心理を読んで先んじて手や策を打つ、孫子の兵法に書いていることそのままの生き馬の目を抜く国際政治の舞台を勝手に解釈してみました。

会談中、金正恩は相当緊張していたようで、視線および不自然な手の動きも見られました。

彼の方は彼の方で、それはそちらの事情では必死なのでしょう。

こちらからは以上です。

(2019年3月3日 日曜日)

2019年3月2日

タバコ(煙草)の煙の害について小学生から懇切丁寧に教えてもらう時代になったという話です

寝タバコはかつての火事の大きな原因でした





おはようございます。

2019年2月の生まれてこのかた44年間にわたり、一本もタバコ(煙草)を吸ったことのないビルメン王こと筆者からの配信記事です。

吸っていない、ということですが、筆者が小さい頃や学生の頃までは、タバコ(煙草)吸うのは常識であり、特に職場での煙草ルームでの雑談で人事や案件が決まるとさえ言われており、煙草場でたむろして話をするのが「通常」でありました。

当然、職場におけるSmokeFree(禁煙環境)の醸成など、夢のまた夢でありまして、筆者もご多分に漏れず、配属された銀行の職場は、部長課長課長代理以下、全員立派な喫煙者であり高額納税者でありまして、職場でタバコを燻(くゆ)らせながら書類を書いたりワープロ(パソコンじゃない)を打ち込んだりしておりました。

そして、筆者が小学生の頃は、おそらく、職員室でも「普通に」教員がタバコを吸っていた、そんな時代だったのです。

飲食店も当然灰皿が置かれており、筆者などは、臭いなあと思いながらそれにずっと耐えていた、といいますか耐えざるを得なかったわけですが、最近周りを見渡してみますと、国際的な祭典である東京オリンピック2020が決まった頃から、急速に禁煙勢力が盛り返してきております。

筆者の記憶では、全面禁煙のおしゃれな喫茶店であるスターバックスというコーヒーチェーン店が、急速に東京ほか日本全国を席巻していったのは、女性や若者といった、煙草(タバコ)を吸わない層の絶対的支持があったのであろうことは想像に難くありません。

筆者も、コーヒー店、といいますと、老舗の喫茶ルノワールやかつてのドトールコーヒー、のように、コーヒーを飲むのかタバコ(煙草)を吸うのかよくわからない場所に拘束されるくらいならば、コンビニで立ち読みでもして時間調整(時間を潰す)したい、と思っていた者でありますので、この時代の変化には驚きました。

高いなんちゃらラテ、なとどいう、ミルクコーヒーを言い換えただけの甘ったるいメニューというよりも(スタバ好きの方々申し訳ございません)、単に禁煙環境であるということだけで嬉しい空間だったのです。

そうして、2019年、平成31年3月にまいりますと、タバコや酒の害については小学生のときからきっちりと医学的見地を含めて教育され、授業参観の発表ではWHO(国際保健機構)の公式見解に基づくタバコの害を、気持ち悪いイラストや写真付きで保護者に向けて模造紙や画用紙を使って説明できる、そのような時代になってまいりました。

世界中で売られているタバコ(煙草)のパッケージを見ると、本当にグロテスクで正視に耐えません。

肺癌の様子や抜けた歯や障害を持った出生児など、どこかのスプラッター映画より、よほど恐ろしい作品に仕上がっております。

このように、国際標準というものに若い頃から触れるということは、単にオリンピックをやるから、ということではなくこれからの日本にとって大変必要なことなのでしょう。

個人的には、タバコ税を重税化し、一本1,000円程度にすれば、もったいなくて公共の場などで吸うこともなくなって一石二鳥だと思っています。

吸う人の健康以上に、周りの受動喫煙の害がこれだけ認識されてきている今日、人間の有史以来の趣向でありました「喫煙」「飲酒」についても、健康年齢の上昇と共に見直されていくでしょう。

昔は、タバコ(煙草)を吸っていても、別の原因(飢えとか病気とか戦争とか)で、50才までにはきっちり「死んで」いたのが、一気に80才くらいまで寿命が伸び、タバコを吸っている害が顕著に現れて死に至る年齢を超えてきた、というのが本当のところなのでは、と思っていますが、超長寿を迎える今世紀後半においては、何を食べて生きるか、の次に何を(清浄な空気を)毎日毎秒「吸って」生きることができるか、といったことが議論される世の中になっていくでしょう。

それでは今日はこのへんで。

かつての日本の四大公害、と呼ばれたレベルと遜色ない、空気汚染問題に悩まされ、それを30年がかりで解決した工業都市、北九州市八幡の出身であります筆者からのコメントは以上です。

(2019年3月2日 土曜日)

▷▷次の記事は

(2016年3月時点)福岡からの0泊2日の東京まる一日の旅をどうぞ

2019年3月1日

教育や仕事というものは結局人間が人間を教えるという人間力の勝負であると宣言します





おはようございます。

2019年3月のビルメン王のシェアリングエコノミーに関する配信記事です。

シェアリング経済活動から広がり、昔からあるシェアリングが、寺子屋方式の「教育」というシステムです。

これは、「教授する」側が、長い人生経験を積まれて人間力を増した方が務める方が良いと相場が決まっております。

ごくたまに、教えられる方との年齢がごく近い場合、たとえば松下村塾の吉田松陰先生と門弟たち、や新卒の大石教諭と二十四の瞳、というような場合でも成り立つ場合がございますが、やはり、大学の学部出たてで社会人生活もなしにいきなり「先生」と呼ばれる立場につけてしまうのは、教えられる側も教える側にとっても不幸であろうかと思うわけです。

そんな中、筆者が注目していて以前にもこのブログでご紹介したことがあります、2013年に個人塾からスタートした福岡県糸島市発の完全スタートアップの会社「コラボプラネット」のシステムは秀逸です。

田舎の子供と都会の子供の学力格差の問題と言われますが、これは単なる矮小化された地域問題ではなく日本の国力自体の問題であり、そこに住む子供達への教育の実質機会平等を図ることは、このインターネットの時代にこそやらなければならないという明確な理念があります。

そして、その田舎の寺子屋型自学型学習塾の運営を担っていただいているのが、各教室の近くにお住いの、専業職業ではない、多くはいわゆる現役を引退された、ご高齢の「学習サポーター」と言われる方々です。

そんな学習サポーターさんの中で、最高齢は、2019年2月時点で学習塾ブランチ宮若西校のサポーターのHさんで、82歳だそうです。

Hさんは、中学校教員としてキャリアを積まれてきました。

そして、今回、シルバー人材センターを介して学習塾ブランチの学習サポーターとしてご一緒させて頂くこととなった、ということです。

地域というのは面白いもので、その開校した学習塾ブランチの宮若西校の最初の生徒のお母様がなんとHさんの教員時代の教え子だった、というあるようでない、いわば奇跡的な再会があり、そのまま教え子のお子様をサポートしていく事となりました。

そんな、当時80歳でのHさんのサポーターとしての活動は、ご高齢であり大丈夫かなという運営側の心配をよそに、さすがは元学校の先生、2018年度は8人の受験生をサポートして頂きました。

そして、この学習塾運営会社は、こうした各学習塾のサポーター同士の交流と情報共有をはかるために、定期的に研修会を開いています。

席上、参加されていたHさんは「もう目も見えなくなってきて、文字を書くのもおぼつかない、そろそろ引き際かもしれない」というような話されたそうですが、そういった「不安」があるために、社会参加がまだまだできるのに、それを活かせていない、シェアできていないという状況であるということを改めて感じ、あらゆる想いを持つ方々が、活躍を自分の能力と熱意の限り活躍できる仕組みを教育に限らず作っていかなければ、この少子高齢化という大波を生き抜くことはできないとそのようなことを感じました。

筆者は老朽化してテナントも退去しつつある、もしくは退去してしまった古いビルを、シェアオフィスという用途に変更する最低限の内装工事を付して、シェアオフィス、コワーキングスペースとして再生して転用するというビジネスをやっておりますが、この基本になるのが、使えるものは残して使う、というシェア、共有の精神です。

使わなくなった家具も備品も、コワーキングスペースにおいては使い勝手がよみがえるかもしれません。

ということで、何かそのようなご用命がありましたら、何なりとお申し付けいただければと思う次第です。

それでは、当社の新しいシェアオフィス、コワーキングスペースが4月に、福岡市3店舗目として中洲川端駅至近にオープンいたしますので、ぜひ一度見学にお越しください。

こちらからは以上です。

(2019年3月1日 金曜日)

▷▷次のページは

『少子高齢化する日本においてこれから必要となる個別指導スタイルの教育について論じます』