このブログを検索

2019年4月9日

日本銀行券(要するに日本のお札の1万円札とか)が2004年以来15年ぶりに一新されることになりました





おはようございます。

2019年4月のビルメン王によります新しいお札(日本銀行券)に関するお知らせブログ配信記事です。

日本政府および日本銀行(あくまで日本銀行は日本政府からは独立して金融政策その他を決定するという「建前(タテマエ)」なので、このように併記するのが通常です)は、日本銀行が発行する、1千円、5千円、1万円の各紙幣(日本銀行券)を、新元号「令和」に合わせて久しぶりに一新させるということです。

図柄の刷新は2004年(平成16年)以来となります。

1千円札は北里柴三郎(世界的な研究者、男性)
5千円札は津田梅子(教育者、女性)
1万円札は渋沢栄一(経済人、男性)

になります。

今までの図柄は、

1千円札は福沢諭吉(教育者、男性)
5千円札は樋口一葉(文化芸能人、女性)
1万円札は野口英世(世界的な研究者、男性)

でした。

このことが、2019年4月9日に発表されるということは、「平成」から「令和」への改元機運を盛り上げることにもなりますし、印刷業界や自動改札機、自動販売機やレジ機器などの関連需要も生まれるため、景気刺激の効果もありそうです(というより、こちらの方の実需狙いであることも明白でありましょう)。

といいながら、政府あげて電子政府樹立を進めており、キャッシュレス社会の到来を目指すと言っておきながら、相変わらずの明治の、というより江戸時代の大判小判藩札の時代に遡っての「紙幣」の刷新にこれだけの注目と需要が集まるというのは、やはり日本人は現金なもので、現金大好きいつもニコニコ現金払いが気持ち良い国民性なのだと感心します。

さて、そもそも現金(紙幣)の需要に疑問を呈しながら、筆者も日本人ですのでその図柄について思ったことを述べておきます。

これまでの、平成の時代は、一万円札から、教育文化研究の順だったわけです。

これからの、令和の時代は、一万円札から、研究教育、そして「経済」と入れ替わったわけです。

文化芸能分野は、の樋口一葉先生が引退され、経済の、国立第一銀行(かの第一勧業銀行、今のみずほ銀行の前身でもありまして当然銀行番号も0001です)を作った明治時代の、日本経済の基を作ったと言っても過言ではない経済界の巨人を持ってまいりました。

一番流通する1千円札の図柄が渋沢栄一とは、これはこれからの令和時代は、算盤(そろばん)と経済と金融の時代となるのでしょうか。

野口英世の1千円札を見ながら、世界を驚かす研究成果をあげようと頑張った平成から、研究分野は北里柴三郎先生の1万円札に格上げとなることをしみじみと考えました。

北里柴三郎先生は近代医学の父として知られ、ペスト菌を発見し破傷風の治療法を確立するなど世界の感染症予防や細菌学の発展に大きく貢献されました文字通り日本を代表する日本人です。

実は、1万円札の図柄変更は1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来となりますので、これからは、慶應義塾大学に加えて(北里柴三郎先生は慶應義塾大学医学部の創立者であり慶応義塾大学病院の初代院長でもあります)、北里研究所の流れをくむ北里大学においても盛大な慶賀行事が行われるでありましょう。
人口減少にあえぐ(アフリカ大陸を除く)これからの世界にあって、世界を驚かせる研究成果を新しい時代には期待したいところです。

そして教育者の津田梅子先生。

津田塾大学の創始者であり、4才で海外留学された英語教育の第一人者です。

同大学の津田梅子の墓参りをすると結婚できない、といったまことしやかな噂を、昭和生まれの筆者と年代の近い同級生たちが言っていたのを思い出しましたが、新時代にふさわしい目立つポジションで頑張ってもらいたいと思います。

一旦表舞台を去りました文化芸術分野からの今後の「再登板」としては、次の紙幣刷新の際には、日本の誇るゲーム、漫画、アニメ分野から、手塚治虫先生や鳥山明先生、また宮崎駿先生あたりが候補とされるのをこの目で見ることもあろうかと期待しておきます。

ドラゴンボールの悟空やポケモンのピカチュウが、1千円札の図柄を飾ることがあるのかもしれません。

そんな想像も楽しいものです。

それでは、お金やお札に縁の薄い筆者からの本日の日本のお札に関する記事は以上です。

(2019年4月9日 火曜日)

▷▷次の記事は

新しい木札(竹札)通貨が社会を救うかもしれないと思った面白い企みの話です