このブログを検索

2019年8月29日

(2019/08/29)塾も教育機関も資格試験の予備校もますます「個別指導」が中心となっていくであろうということについて




おはようございます。

法学士(大学法学部卒レベル)という資格を持っておりますが、旧司法試験には落ちております筆者からの教育問題に関してできるだけわかりやすくお伝えしようとする記事になります。

その前に、今週の特に九州地区に関する豪雨被害が広がっています。

特に佐賀県については大きな被害が起きているようで、事態を把握して適切な対応ができるよう、つとめていきたいと思います。

さて、福岡市の公立の全小中学校が臨時休校になるというレベルの大雨被害となりましたが、このように、自然災害などにおける被害が起こっている状況においては、学校や集団塾といった普段のスクール型教室での「授業」「講義」が物理的に難しくなってきます。

このような「緊急」の場合に限らず、通常の教育現場においても、もっと個別指導の自学スタイルが浸透すれば、学校や塾が休校になっても、「自分の進めること」については明確な中高生たちは、粛々と自学を行うのではないかと思うのです。

急速に成績を伸ばした中学生高校生の事例を見ると、自分で学習を進めるスタイルを確立して習慣化したという共通点が見えてきます。

そうした、自分で学習を進めるスタイルを確立するための大きな手助けになるのが、自学型個別指導塾、というスタイルの学習塾だと思っています。

大手のスクール型の塾や、反対に先生は塾長一人だけ、といった地方の塾については、「決められたスケジュール通りにカリキュラムが進む」または「完全自習型の教室で、わからないところがあれば(あまりつかまえにくい)先生に聞く」といった完全に何の生徒個別の計画も検証も行わないまま放任してしまう方式では、なかなか「自ら動いて改善する」仕組みや習慣にたどり着かないと思われます。

逆に、こうした自学習慣をつかんだ生徒さんには、学習塾や予備校は必要ない、とも言えます。

筆者自身が、実は、学習塾にも予備校にも原則通わず、唯一Z会の通信教育講座と、夏期講習の自習室を使い放題にするために受講した、自宅から一番近くて通学路の途中にあった北九州予備校の数学短期集中講座(全5回)のみで大学入学までたどり着いたのも、この「自分で学習する仕組み」を割と早い段階でつかんだ、さらにそれを超えるソリューションが当時の自分の周りになかったというだけのことだったと思っています。

つまり、学習におけるつまづきやわからないところを解決するソリューションとして存在すべきな塾や予備校といった仕組みが、適切に作動しないと、このように、通塾してかなり(数ヶ月〜1年)経過するけれどもあまり成績の向上が見られない結果に繋がってしまうのではないかと考えているのです。

学習支援は医者でいうとリハビリのようなものだと思います。

「わからないところ」「つまづいているところ」は怪我の患部のようなもので、あまり触りたくないところです。

しかし、完全に自学型になりますと、その怪我に対する適切な処置というより、我慢して走り続けろと強要しているようなもので、これは言われる方は辛いことだと思います。

つまづいているところを適切に処置して、そして元の自学スタイルに戻してあげる、その自学型の個別支援を、心理的なモチベーションから含めて一歩引いて行う、そしてまたつまづいたところがあれば速やかに一緒に考えて解決してあげる、そのような付かず離れずの、個別の生徒さんに応じたオリジナルのコーチングシステムが、これからの教育には大切になってくるのではないかと考えています。

筆者も、思えば随分非効率な、というか遠回りをした勉強方法を取っていたと振り返れば思うわけです。

当時は、そこは重戦車的に押し通る、というスタイルで、体力と気力と気合と根性の続く限り原則独学で覚え込んでいったわけですが、勉強もスポーツと同様、やはり適切な指導者について姿勢を学ぶことは非常に必要ではないかと考えております。

自分が辿った道をそのままなぞれ、というのは指導者としてはもちろん、人生の先達としても失格です。

なので旧司法試験に落ちたのも、よく考えれば当然の結果であり、そういうことに気づかされる良い転機だったと思うようにしているのです。

最近では、こうした資格試験についても、適切なオンライン型個別指導によるコーチングシステムで、「有為な合格実績を出している講座」も出てきているようですので、人生一周回って今度は適切なコーチをつけて体制整えて再挑戦をしてみるのも面白いかなと考えています。

こちらからの、雑感は以上です。

(2019年8月29日 木曜日)

▷▷次の記事は

(2018/12/11)こんな学習支援サービスを待っていた人工知能が自動的に学習進度に即した問題を出してくれるプログラムの話