このブログを検索

2019年9月3日

(2019/09/03)LINE社がLINEアプリで少額証券取引サービスを始めて業界の裾野が爆発的に広がる予感がするという記事です






おはようございます。

2019年9月の、投資の下手さでは人後に落ちない筆者からの配信記事です。

LINE社がLINEアプリで少額証券取引サービスを始めました。

具体的には、LINE傘下の金融庁より金融取引業の認可を受けているLINE証券(東京・品川)が2019年8月20日に、スマホ向けの投資サービス「LINE証券」をリリースしたのです。

個別の株式を、なんと1株単位から、国内上場投資信託(ETF)についても、1口単位から取引できます。

つまり、証券取引所の株価ボードに乗っている個別株の価格そのまま、スマホのLINEでさっくり取引できる少額取引が可能になったというわけです。

数百円から数千円でできる株式トレード。

しかも、独自のアプリをインストールする必要もなく、いつものLINEのアプリから、証券取引、というボタンをタップするだけです。

これは、ものすごく取引の裾野が広がる予感がします。

株式の少額取引、というのでは、「One Tap BUY」というサービスが、米国個別株式(たとえばアップルとかアマゾンとか)を少額取引で購入できるというもので先行していたように感じますが、これで日本の株式銘柄についても、「一株から」の少額投資が、LINEという日本国民がほぼ全て利用している情報SNSプラットフォームに乗っかるということは、革命的ですらあると感じます。

既存の証券会社からすれば、非常な脅威だと思います。

取引時間についても、投資をもっと身近に手軽にすることを目指すというLINE社の意気込みに応じて、平日21時まで取引可能としています。

これで、当日の仕事が終わった後、バスや電車で帰りの時間にスマホでチャッと株式投資ができてしまうわけです。

銘柄の選定も、同じくLINEで提供されるニュースや株価ボードや企業紹介を参考にしながら、そのまま売り買いを行う、そのような投資が毎日の生活の一部になるようなそんな未来がやってくるでしょう。

そして、購入資金は銀行口座振り込みの他、スマホ決済で先行してサービスが始まっている「LINEペイ」のポイントも利用できるという、ここが決定的に投資のハードルを下げているところであると思います。

余剰資金(LINEペイのポイント)を株式に当てておく、このようにLINEペイを決済用現金の代わりというより、資産運用の元手まで広げたLINE社の戦略に、これからも目が離せなくなりそうです。

筆者も、早速LINE証券口座の登録を行いました。

LINEが入ったスマホとマイナンバーカードを持っていれば、ほぼ1分以内で口座登録作業は終了します。

あとは数営業日待って、いよいよ投資開始です。

100株の単位株になれば、配当金に加えて株主優待ももらえますが、これまでは、「100株単位」でしか原則購入できなかったので、せめて株主優待も魅力的な株を探す、という方向で銘柄選定をしていましたが、これで、単位株では投資金額が大きくなりすぎる、または株主優待が筆者にとって魅力的ではないので敬遠していた多くの株式について、純粋に成長性や配当性向によって数千円単位から投資することができるわけです。

企業は、理念が一番大切です
何をやるかよりどうやるか
どうやるかよりもなぜやるか
なぜを問い続けるものにしか明日はない

今回のLINE社の取り組みは、投資に対するなぜを問い続けた、かなりのヒット作に育つと期待しています。

これまでの、株式投資の失敗を、これから取り戻せるかは未知数の筆者からの意気込みは以上です。

(2019/09/03 火曜日)

▷▷次のページは

(2017/04/22)配当貴族銘柄へ配当部分も再投資し大きな利益を長期的に狙う投資戦略