このブログを検索

2019年9月28日

(2019/09/28)ラグビーW杯本戦グループリーグで日本がアイルランドに19対12で勝利するという歴史的転換点に立ち会ったという話です






おはようございます。

2019年9月28日(土曜日)夕方、日本で開催されているラグビーW杯2019の本戦グループリーグAで日本がアイルランドに19対12で勝利したという歴史的転換点に立ち会ったという話をお伝えします。

4年前、日本は前回のラグビーワールドカップで、終了直前のトライで南アフリカに歴史的逆転勝利を挙げました。

それから4年、「桜のジャージ」ラグビー日本代表は、1日の練習時間16時間という、世界でも類を見ない練習を積み、最高の準備を行い、アイルランドに勝つための方策を逆算して取り組んできました。

その結果を、世界に向けて示した戦い方でした。

もう、金星とかフロックとか番狂わせとか、そういった評価ではありません。

そういうことを国内大手マスコミが書くのは、却ってラグビーの世界最強グループの一角、Tier1と言われるアイルランドにも、南アフリカにも失礼です。

もうすでに、世界ランキング9位まで上がってきていた日本代表に対する世界の見方は変わってきていました。

今回は、その「実力」を、正しく世界に向けて、W杯という最高の舞台で堂々と示した、ということだと思います。

試合後すぐの、日本代表のリーチ・マイケル主将は、「勝利への渇望、強い思い」と「全員の意思統一」が図られていたことが、想定したゲームプラン通りに試合を組み立てることができた要因、という、感慨深いけれども落ち着いたコメントを残しました。

もう一度書いておきます。

このラグビー日本代表の勝利は、金星とかフロックとか番狂わせとか、そういったものでは決してありません。

どのチームよりも、「目標」から逆算した過酷なトレーニングと準備、心身ともに鍛え上げた取り組みの結果、もたされた「普通」のことなのです。

そして、勝利の歓喜は一瞬で、次の試合へすぐに切り替えていくメンタルの強さに、また頭が下がりました。

アイルランドのファンからの言葉も紹介しておきます。

「日本よくやった。奇跡ではない。世界レベルの強豪から真の実力で勝ち取った勝利」

ラグビー日本代表のこれまでのトレーニングと準備、それに裏打ちされた本番での戦いぶりに敬意を評して、今日の記事の紹介を終わります。

こちらからは以上です。

(2019年9月28日 土曜日)

▷▷次の記事は

(2019/09/29)ラグビーワールドカップ2015がイングランドで行われ日本代表が南アフリカに勝利したことを記録しておきます