このブログを検索

2019年9月30日

(2019/09/30)2019年10月1日から物やサービスという消費財を買ったらその1割を税金として間接的に支払うという計算の簡単な世の中になります

消費税導入からの税率上昇の推移





おはようございます。

2019年10月を1日後に控えた、9月のニュースです。

明日から、物やサービスという消費財を買ったらその1割を税金として間接的に支払うという計算の簡単な世の中になります。

日本の消費税が、一律10%になるということです。

そうして、いつまで続くかわかりませんが、一部、食品や宅配新聞といった特定の業界の産物だけは、8%に税率が据え置かれる(軽減税率)となるようですが、とにかく、本則では消費税は10%、1割で計算するという、ある意味わかりやすい世の中になりました。

ここで、消費税という、毎日の購買活動をいかにも阻害しそうで景気が悪くなりそう、と一見思われる租税行動がどうして実施されるのか、その必要性とメリット、に無理やり目を向けて論じてみたいと思います。

ですので、これから先は、改めて、制度を導入したい側がよく使う論理であることを頭において読んでいただきたいと思います。

消費税は日本国にいる「人」や「法人」の消費行動に対して課税される税金です。

そのため、日本の国民全員および訪日外国人、それから法人に影響を及ぼします。

しかし裏を返せば訪日外国人を含む国民全員が平等に租税されるとも捉えることができます。

たとえば、所得に対してかかる「所得税」はリタイアし所得が少なくなっている高齢者よりも現在働いている現役世代への負担が大きくなります。

また「自動車税」なども車が不要な都心と車移動が必要不可欠となっている地方では大きな偏りができてしまいます。

そのため、消費税が増税されることは皆が平等に(大きく)負担させることができると言うことです。

これは、メリットといって説明できると思います。

さらに、消費税は脱税が難しい税金です。

租税の際に問題となるのが、本来であれば国などに収めなければならない税金をごまかす脱税行為でありますが、消費税は他の税金と比べて脱税しにくいのです。

企業や個人が商品や原料を仕入れ販売することで一連の経済行為が回っているわけですが、これには、これには自分や自社以外の様々な会社が関わります。

そしてそれらの取引は帳簿等に記録されるため、1社が消費税をごまかすために売上や経費をごまかしたとしても他の会社の帳簿から発覚してしまう可能性が高いということになるわけです。

まるで、分散型記帳システムのブロックチェーンの仕組みを見るようです。

他人の帳簿に乗っている、自らの消費税の痕跡を消し去ることは、非常に難しいのです。

さらに、いわゆる労働世代、現役世代の労働意欲を阻害しないという点においても、消費税のメリットはあります。

給与やボーナスはもちろん、副業で得た収入に対して所得税がかかります。

そして所得税は累進課税となっており、所得が低ければ課税額は少なく所得が高ければ課税額が多くなるようになっています。

そのため、貧富の格差を小さくするなどのメリットがある一方で、働いた分だけで税金が高くなると言ったデメリットも持ち合わせています。

一方、消費税は所得税などと違い累進課税ではないため、労働者である現役世代の労働意欲を阻害せず租税することが可能となります。

もちろん、労働意欲は直接には阻害しませんが、消費意欲は極端に阻害する、それが消費税になりますので、労働してもサービス提供の営業をがんばってもがんばっても、どうしてもその商品やサービスが売れず、目標未達で収支赤字となり、事業を畳んでしまうことになってしまった、ということについてのデメリットについてはあまり触れられません。

そして、今や年間4,000万人が訪れるという観光大国となった日本において、最もメリットが感じられるというのが、訪日外国人からも税収を得られるという点でしょう。

日本には年間を通して多くの外国人が観光などを目的に訪れています。

免税店は含まれませんが、訪日外国人にも増税された消費税が発生するため消費税の増税は海外からの税収を増やせると言ったメリットがあるのです。

こうした、「消費行動」に対して「課税」するという方法については、各取引のトランザクションごとに帳簿に消費税を計算するという「手間」が生じますので、本来は、一律、全ての消費行動において同じ税率を適用しなければ手戻りの手間ばかりが生じて本来の効用を満たさないのは世界の常識なのですが、どうも日本では、某与党の選挙向け対策で、軽減税率という余計な中二階制度を作って導入前から悪評を振りまいておりますが、ともかく、明日から一律10%の消費税社会ということで、どのような経済活動がみられることになるのか、壮大な社会的実験として見守ってみようと思います。

こちらからは以上です。

(2019年9月30日 月曜日)

▷▷次の記事は

(2019/08/11)全然手間が削減されずにむしろ増える「軽減税率」がいよいよ2019年10月1日にスタートします