このブログを検索

2019年10月11日

(2019/10/11)季節の最後に超強力な台風19号が東京千葉に接近上陸予定!命を守る備えと行動を!!





おはようございます。

2019年10月、季節の最後に超強力な台風19号が東京千葉に接近上陸予定という緊急ニュースです。

ちょうど一ヶ月前に、千葉県に長期間停電の被害等をもたらした台風15号をはるかに上回る強さと勢力を持った大型台風19号は、2019年10月11日15時現在、気象庁の発表によりますと八丈島の南南西約550キロメートルにあって、時速25キロメートルでゆっくりと北北西に進んでいます。

中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルにもおよびます。

70メートルといいますと、看板や倒木はおろか、車も重機も「舞う」というレベルの猛烈な風というより空気の壁が襲いかかってきてあらゆるものを持ち上げて空に放り投げる、といった感覚が正しいので、絶対に外に出ないようにしてください。

飛んできた飛来物で怪我をしたり、打ち所が悪ければ死に至る状況です。

停電や、塩害、窓ガラスが飛来物により割れて飛散する、といった被害も予想されますので、網戸があれば締め切っておけば良いと思いますが、なければ養生テープを貼るなりの対応も必要になってくると思います。

台風15号の規模と、今回接近中の19号との差がわかる画像を付しておきます。





しかしながら、それでも、台風は、ある程度襲来が「予想」でき、その準備の時間が取れる自然災害です。

その意味では地震に比してははるかに「対処」する方法があります。

この前回の台風15号による千葉県房総半島の被害は大きなものであったことを考えますと、今回の台風19号については、できるだけの対策をしておくに越したことはないでしょう。

筆者の思い過ごしで終われば本当にいいのですが、これは、正直「とんでもないこと」になるのではと思っています。

東京での仲間や友人や親戚や親も心配ですし、その他いろいろどうなるのか、非常に不安に思っています。

何がどうなるかは、これからの推移次第でわかりませんが、あり得る「万が一」のときに備えて、できることを準備しておこうと思います。

ボランティアや災害救助など、一般人でもできることは本当に多いはずです。

もちろん、このようなことが杞憂となり、筆者の思い過ごしで終わることを願っておりますが、あえて、皆様の、特に関東地方のお友達やお知り合いのみなさんのご無事をお祈りいたします。

こちらからは以上です。

(2019年10月11日 金曜日)

▷▷次のページは

(2014/07/09)台風に注意する季節になりましたので注意点などを少し書いておきます