このブログを検索

ラベル 英語 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 英語 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年10月13日

2020年度の大学入試英語改革がなんだか変な方向に進んでいるような話




おはようございます。

2017年10月の記事です。

先日、2020年度から大幅に変わると言われている大学入試改革の英語科目につきまして、英検準一級を取っていればだいたいOK的な話をさせていただきましたが、どうも雲行きが怪しくなってしまったので、お詫びと共に経過の報告をさせていただきます。

大学入試センター試験に代えて2020年度に始まる「大学入学共通テスト」の英語について、国立大学協会の理事会が開かれ、従来型のマークシート式と実用英語技能検定(英検)などの民間試験の「両方」を全国立大82校の受験生に課す方針を決めたとのことなのです。

これは、近く開催する同協会の総会に諮り正式決定されてしまうとの予定であり、この「決定」が他の私立大や公立大の入試にも影響を与えそうなのです。

ちなみにこの理事会、約20の国立大学法人の学長らが出席した模様ですが、文部科学省が2017年7月に公表した共通テストの実施方針としては、英語は2024年度から民間試験に全面移行するが、2023年度までは、あくまでも移行措置として大学側が共通テストのマークシート式か民間試験、またはその両方を選択できる仕組みとしておりました。

これはあくまで、いわゆる「浪人生」に対する配慮の面が強く、前年は「現役生」としてマークシート方式で受験した学生が、次の年にすべて英検取ってね、マークシート方式のテストはなくなったから、というのも酷であろうということから取られたあくまでも激変緩和措置という位置づけでした。

しかしながら、理事会では「大学ごとに英語のテスト形式が異なると、出願先の変更などが難しくなり、受験生が混乱する」といった「意見」が出たらしく、全国立大で足並みをそろえることにしたらしいのです。

しかし、これでは英検などの民間委託試験が単純に追加されただけで、受験生の負担増でしかありません。

こんな余計なことをするのであれば、マークシートのまま、このまま現行通り続けた方が良いわけです。

もともとの制度趣旨として、読む聞く話す書くの英語に限らず語学の4つの技能をバランスよく判定するためには、マークシート方式のテストでは限界があるということから生じたテスト方式の改革であったのに、これでは先祖返りどころかそれよりも悪いことになっています。

単純にまとめますと、

【当初の構想】英検か試験かどっちかだけやればいい → 4技能に優れた英検に一本化(納得)
【実際の運用】英検もやるけど、試験もちゃんとやれ → えっ(絶句)

という図式であり、誰のためにもならない(英検の試験機関だけが儲ける)のは明白です。

一体、国立大学の学長ともあろう見識と能力をお持ちであるはずの人たちが集まって、話し合って出てきた結論がこれだとは面白いものです。

これでは世界主要大学100番から日本の大学が消える日もそう遠くないな、そんな感じも致しました。

そんなリーディングオンリーの昭和英語学習者であった筆者からの感想意見は以上です。

(平成29年10月13日 金曜日)

2016年2月5日

時事英文ニュースをタイムリーに簡単に聞いながら英語を勉強する方法

バスタオルをテレビにかけます



おはようございます。

2016年2月の配信記事です。

英語の勉強を兼ねて洋画(英語圏の)を観るという手段があります。

筆者も昔トムクルーズ主演の「ザ・ファーム」という弁護士事務所ものの映画の台本を片手に繰り返し見たという経験もありますが、日常のニュースを英語で聞くことでもっと手軽に英語に触れる方法がありますのでご紹介したいと思います。

必要なものはテレビとビデオ、これだけです。

まず平日午後7時とか9時からやっているNHKニュースを録画しながら一度普通に観ます。

そして、録画された番組を再生する際に2か国語放送になっているこのニュースの副音声(英語)のみを再生させるのです。

加えて映像はすでに見ているので、バスタオルでもかけて見えなくしてしまいます。

そうすると、どの場面を放映しているか注意しながら英語の副音声を聞くことになりますので、単に文字通り聞き流すより効果があるようです。

同時通訳の英語なので、あまり流ちょうな英語ではありませんが、むしろノンネイティブの我々としてはこのくらいがちょうどよいと思っています。



洋画でやってみればさらに効果抜群




同じことは、もちろん洋画でもできます。

日本語字幕付きで一度観た映画を、2回以降は画像を隠して「聴き」ます。

自分が如何に日本語字幕を追いながら洋画を見ていたのか、愕然として面白いです。

シーンと台詞が非常にマッチしており、これですと日本語字幕しか表示されないアマゾンプライムといったタブレットでの映画「鑑賞」も語学練習の場に早変わりです。

このようにいろいろ勉強法は思いつきますが、なかなかどうしてさっぱり語学力が上がらない筆者からは以上です。

(平成28年2月5日 金曜日)

2015年2月3日

英単語力から英語力を推定するサイトが簡単に利用できる時代になった

ここからスタートです



おはようございます。

2015年2月の記事です。

飲み会経験値は放っておいても上がる筆者ですが、なかなか英語が上達しないのです。

自身の努力不足が第一なのですが、それに加えて、いわゆる学習というのは自分がどの位置にいるのかを出来るだけ正確に図ることができることが大切なのではないかと思っています。

英語能力でいえば、とりあえずTOEICなどのテストを受けてみればよいのですが、百何十分のテストを、会場まで出向いて行うのは結構ストレスです。

そして、筆者にも経験がありますが、出る問題や当日の(筆者側の)気分によって、スコアが百点以上のレベルで「変動」してしまうTOEICなどでは、点が良くても運がよかっただけ、悪い点でも調子が悪かっただけで済ましてしまいかねません。

いつも、試験のときには調子が悪いものです。




ネット環境で数分で英語力チェック




そんな悩みを抱えていたのですが、最近はネット環境の進歩から、わずか数分で英語能力の診断ができるツールやページやアプリが出てきています。

英語能力と一口にいっても、喋る読む聞く書くといろいろありますので、あくまで簡易的なものに過ぎませんが、ゲームと一緒ではまれば面白いということで、ここでは「知っている単語数」に特化したサイトを紹介したいと思います。

一般に、英語のネイティブスピーカーは、20,000語から30,000語を知っているそうです。

TOEICというのは、非ネイティブが問題なく英語を理解できる水準ということで、TOEIC満点を取れる実力者がその単に知っている単語をチェックするだけの診断ページ行ったところ、15,000語程度だったということです。

診断は簡単です。

http://testyourvocab.com/

のサイトから入り、知っている英単語をクリックするだけです。

あとはサイトのコンピュータが結果から推定して自分の語彙数を示してくれるというわけです。

ものの数分です。

筆者も早速やってみましたが、これで、長いながらネイティブへの領域までの道のりが明確になりました。

あとは「英語やるだけ」ですがなかなか踏み出せない筆者からは以上です。

(平成27年2月3日 火曜日)

2014年3月9日

Young persons, and strangers, and even fools are quite important.



おはようございます。

2014年3月の英語の配信記事です。

TOEIC S&Wテストという英語のテストを受けることになりましたので、その対策にととりあえず下手な英語で先日の記事を書いてみたのが下記になります。

Young persons, and strangers, and even fools create the future of the region.

I've decided that's easy to generally accepted.

Young peoples are the existence without fear of failure in the good sense of the ages.

You can make a choice of bold ideas and actions.

And the strangers brought us the new way of thinking and values ​​not in committee and on community.

Sometimes it is said that to understand what people who came from somewhere else is very difficult.

Compared to those who have lived in the area for many years indeed, the strangers such as outsider do not know a lot about the area.

But the strangers know the outside of the regions.

As the presence responsible for the market and international sensation sense are missing in the area, so the strangers are quite important.

And finally it is the fools, based on the recognition properly failure rate of 90% or more, to define here is you who have the attitude that still defy betting life.

In applesauce often, feasibility only thing low looks to quixotically, ( It is important also track record has failed it) that would have failed 90% or more of what you've done actually.

But they have the attitude that continues to challenge.

It is very important.

The world is, might be going on to those spices worked by the fools who have aspirations like this.

A regional organization can utilize young persons, strangers, and fools.

That's all.

( March 9, 2014 )