このブログを検索

2015年7月31日

給与明細の電子化が進んで業務効率化がますます盛んになるという話





本稿の執筆は2015年7月末です。

広島市に本社がある株式会社日立ソリューションズ西日本が提供している「Hi-PerBT モバイル給与」という給与明細電子化システムの利用者数が順調に拡大し、2015年5月末に出荷ID数が100万ユーザを突破したとのことです。

これは、給与システムから出力された明細データをもとに、スマートフォンやパソコンを持つ従業員へ個別明細の配信を行うシステムです。



販売数も順調に伸びている業務効率系サービス



2004年の発売以来より11年、販売数を伸ばし、調査会社の調査による累計ID数も市場全体の約3割となっているようです。

このシステム導入により、給与支払担当者や管理者の給与明細の印刷や仕分け、配送などの作業負担は軽減され、コスト削減と業務効率化が図れます。

調査会社の調査によると、給与明細電子化システムの市場として、日本国内の雇用者数約5,600万人のうち約6%の給与明細が電子化されていると推計され、2017年には約9%まで拡大すると予測されているそうです。

特に、従業員数1,000名以上の大規模企業では伸長が著しく、給与明細電子化のメリットが大きいとされます。

明細電子化よりも、明細の中身が気になってしまう筆者からは以上です。

(平成27年7月31日 金曜日)

2015年7月30日

通勤手当と課税関係と社会保険料の関係について整理する

消費行動に関するグラフ(本文とは関係ありません)



本稿の執筆は2015年7月です。

給与所得者にとって気になる通勤手当ですが、所得税と社会保険によって取り扱いが違うので注意が必要です。

本給に対しては、所得税率1割から2割、社会保険も1割程度はかかります。

一方、通勤手当には原則所得税はかかりません。

電車やバスといった運賃計算が容易な公共交通機関で通勤される方には1か月あたり10万円までの定期代(実費分)は非課税です。




社会保険の標準報酬月額には通勤手当が含まれる



しかし、社会保険(厚生年金・健康保険)料には通勤手当も算入されます。

社会保険料は、手当も含んだ給料に応じて額が決まります。

よって、通勤手当も、残業代も危険手当もすべて含んで計算されるというわけです。

通勤手当を含みますので、同じ給料でも遠距離通勤の人は社会保険料は多く払うということになります。

健康保険料は多く払っても実のところメリットはあまりありませんが、厚生年金額は多く払えばその分同額の企業払込分年金額も増えるので一概に損とまでは言えません。

手当云々より、本業にこだわるべき筆者からは以上です。

(平成27年7月30日 木曜日 最終更新:平成28年7月30日 土曜日)

2015年7月29日

最低賃金制度というものの制度根拠とその運用について考察する




おはようございます。

2015年7月の記事です。

最低賃金制度とは、日本国憲法第25条の生存権に基づき制定された最低賃金法に基づき国が都道府県の地域ごとに賃金の最低額を定め、使用者はその最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないという制度です。

最低賃金より低い賃金で契約した場合は、その低い賃金は無効とされ最低賃金額での定めをしたものとみなされます。

部分無効自動引上げ有効という特別な法律効果です。

加えて、最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、罰則(50万円以下の罰金)も課せられます。

地域別最低賃金は毎年、厚生労働相の諮問機関である中央最低賃金審議会において見直しが行われますが、このたび、平成27年度の改定について全国平均の時給で18円引き上げ798円とする方針をまとめました。

景気の回復傾向に加え、政権が大幅な引き上げに意欲的なことも影響したようです。

平均で800円超えを目指したとも言われますが、798円というところで止まりました。

それでも、引き上げは4年連続であり、今回の上げ幅は非常に大きなものです。




最低賃金は時給ベースで各都道府県毎に決定



最低賃金は都道府県ごとに決められますが、現状(改定前)最も高いのは東京都で888円ですから、今回900円超えは確実です。

最も低いのは沖縄や九州の数県、鳥取県などの677円ですが、700円に近づく水準になる見込みです。

支払う人件費に応じた、付加価値の高い仕事内容にしていく必要が高まり、雇う側も、雇われる労働者側も、意識をますます高く持って仕事に取り組むことが求められます。

なかなか効率的な業務遂行ができず反省点の多い筆者からは以上です。

(平成27年7月29日 水曜日 最終更新:平成28年7月29日 金曜日)

2015年7月28日

不動産ファンドとは何かという素朴な疑問にできるだけ真面目に答えます



おはようございます。

2015年7月の記事です。

不動産ファンドによる物件取得やファンドによる企業買収といったニュースが新聞紙上をにぎわしておりますが、そもそもファンドとはいかなる形態のものであるのかわかりにくいと感じておられる方々が多いと思います。

会社ではない、資産を保有するために存在する組織という変則的形態ですが、それが必要とされる背景と特徴について少し述べたいと思います。

ファンドを利用する者は、ファンドを通じて直接その投資対象となる「不動産」や「株式」をあたかも直接保有しているような経済効果を欲していることが通常です。

ある土地に建っているあるオフィスビルに直接投資したいのですが自分一人で持つだけのまとまったお金はないというような人です。

この点、たとえばある建物を所有している「会社法上の会社」の株式を買付けなどの方法で獲得することでも、事実上その建物の所有をすることができますが、これでは、この建物から上がった収益は一旦その保有会社の決算に反映され、そこから法人税や事業税が引かれた後で、配当という形で本来の所有者に還元されるという二重課税の問題が生じます。



対しましてファンドとは直接計算されるストロー主体



対しましてファンド、現在の日本では最も簡便かつ使い勝手がよく有名な「投資事業有限責任組合」という仕組みで行いますと、この組合自体に課税されることはなく、直接収支は出資者の持ち分に応じて直接計算される、すなわち投資家側でのみ課税関係が発生するというわけです。

このような形態での投資のことを、課税主体からの呼び名として、「集団投資スキーム」といったりします。

限られた事情を知る少数の投資家が、事業のリスクとリターンを十分検討したうえで、共同の目的に向かって投資を行い、その損益の直接の配分を受けるというものです。

難しそうな話でしたが、要するに直接対象資産の持分を保有していることにしたいという思いが生んだ直接的持分保有形態がファンドということです。

その昔、とあるファンドを設立して運営しておりました筆者からは以上です。

(平成27年7月28日 火曜日 最終更新:平成28年7月28日 木曜日)

2015年7月27日

シティグループ個人事業の日本撤退というニュース(2015年)

40歳の意欲


本稿の執筆は2015年7月です。

米金融大手シティグループの日本における個人事業を他に譲渡し、事実上日本から撤退する意向を表明し、実際の譲渡が平成27年11月にもなされることになりました。

個人向け銀行業を営む日本法人シティバンク銀行は、国内大手の三井住友銀行グループのSMBC信託銀行へ全部が事業譲渡され、「ダイナース」ブランドのクレジットカード事業を展開するシティカードジャパンは、そのすべてを三井住友信託銀行が取得するということです。

念のため申し上げますと、三井住友銀行と三井住友信託銀行は同じグループではありません。

それぞれ、都市銀行同士、大手信託銀行同士が合併して誕生した金融グループですが、同じ系列ではありません。

ですので三井住友銀行というメガバンクのグループ子会社に、SMBC(Sumitomo Mitsui Banking Corporation)の名を冠した別の信託銀行があるというわけです。



シティバンク銀行が日本からなくなる



シティバンク銀行のサービスの中で特筆すべきは、何といっても世界約200の国と地域で保有する口座から現地通貨を引き出せる現金自動預払機(ATM)サービスです。

シティバンク銀行の日本円預金口座を持っていると、現地通貨で、その時のレートで交換した現地通貨がATMで手に入れられるわけです。

これは便利なサービスです。

今後、日本のメガバンクの傘下になるSMBC信託銀行において、こうしたサービスがどのように継続されていくのか見ていきたいと思います。

日本の銀行業界には少しだけ詳しい筆者からは以上です。

(平成27年7月27日 火曜日 最終更新:平成28年7月27日 水曜日)

2015年7月26日

シティバンク銀行という銀行がありましたという話



この記事の執筆は2015年7月です。

銀行グローバルネットワークの屋号であるCitibankですが、日本において銀行業を営むためには、銀行法上[銀行]という言葉を社名のどこかに入れないといけないので、やむなくシティバンク銀行という法人組織で営業しています。

(筆者注記:2016年7月現在、シティバンク銀行は日本においてSMBCグループに事業譲渡しまして、シティバンク銀行の名前は消えました)



頭痛が痛いといったような語感



なんだか馬から落馬するとか頭痛が痛いといった二重語句、畳語ですが仕方ないのでしょう。

[銀行]の名称は社名の最後でも最初でも途中でもよいです。

株式会社みずほ銀行といったいわゆる前株が多いですが、三井住友信託銀行株式会社のように、後株のものもあります。

珍しいのには新銀行東京というのがあります。首都大学東京と並んで、ちょっと変わった響きがいたします。

銀行のトップのことを、特に頭取といいます。

後株の信託銀行だけは普通の会社と同じく社長と呼びます。

音頭を取るといったり、筆頭取締役の略という説もありますが詳しくはわかりません。

飲み会の音頭とりなら得意な筆者なのですが以上です。

(平成27年7月26日 日曜日 最終更新:平成28年7月26日 火曜日)

2015年7月25日

2015年7月についに新OSのWindows10が発売されたという話

Windows


おはようございます。

記事執筆時点は2015年7月です。

いよいよWindows10が発売されます。

今回は、何と無償アップグレードが付いているということで話題をさらっている同OSですが、現時点で分かっている注意事項がありますので記しておきます。

家庭用の方は特にアップグレードしても問題ないと思いますが、会社の業務で利用している場合、ユーザー側で作りこんだEUC(エンドユーザーコンピューティングという)が絡んでワードやエクセルといった基本ソフトについても動かなくなる可能性があります。




無償アップグレードの特典もついてくる



また、無償アップグレードといいますが、その「期間」が定められておりまして、1年間に限ります。

一年後に、現在では決まっていない値段を払わないと継続利用はできないという仕組みなのです。

ですので、厳密には無償アップグレードというより、かなり長期間(1年)のお試し使用期間といったほうが実態にそぐっているのかもしれません。

商品を買って使いながら1年経過したところで、お金を払わないという選択をした際にダウングレード(Windows10以前)につつがなく戻すことができるのかも今ひとつわからない状態ですので、その点をご認識の上個々の判断をお願いしたいところです。

Windows3.1から使い続けております昭和ユーザーの筆者からは以上です。

(追伸)

1年後にこの記事を見直してみましたが、お試しで1年間というより、もはや強制的にWin10にアップグレードしようとするマイクロソフトと現在のバージョンのままでいたいユーザー側との激烈なアップグレード競争になっているのには驚きました。

軽く10回以上はWin10のアップグレードが勝手にPC側で起こっております筆者自宅からは以上です。

(平成27年7月25日 土曜日 最終更新:平成28年7月25日 月曜日)


2015年7月24日

音楽をまとめるという優れものの機能

CDを借りたり買ったりしても、しばらく聞いてはいますがその後は戸棚の肥やしになっているという状況であった、ライト音楽ユーザーの筆者です。

そんな筆者にもピッタリのサービスがリリースされました。

アップルの音楽配信サービスであるitunesに、Matchという機能が追加されたのです。

これは、同じAppleIDでituneに登録しているいろいろなPCやスマホといったデバイス毎に偏在している「音楽」「曲」を、一旦iCloudというクラウドサービスで吸い上げ、統合した上で各デバイスに自動的に下ろしてくれるというものです。

筆者も、早速このサービスを申し込み(年間数千円の利用料)、古いPCに残っている楽曲がありましたので、数台のスマホやらPCにこのMatch機能に接続してみました。

すると、昔よく聞いたなあという曲がわんさか一番使っているスマホやタブレットにもダウンロードされてくるではありませんか。これは嬉しい機能です。

わざわざPCを新調する毎にお気に入りのCD曲を取り込む手間はいらないわけです。

曲に混じって、どうやら過去途中で挫折した英会話CD集もしっかり入ってきましたので、そちらの方も頑張りたいと思った筆者からは以上です。

(平成27年7月24日 金曜日 最終更新:平成28年7月24日 日曜日)

CDラックがジュークボックスに

2015年7月23日

何階かということを言う場合に世界で呼び方が違うことに改めて驚いた

カクテル

おはようございます。

2015年7月の記事です。

日本では0の概念は小学生で習い、中学生になって最初に数学で習うのは負の数だと思います。

日本には、もともと数え歳の考えがあって、ゼロ歳児の考え方を取らないので、満年齢より1歳多いということがありますが、それと同じなのでしょうか、地面と同じフロアを1階と普通に呼んでいます。

本当ならば、地面階は0階と定義し、地下1階、地下2階として、上は1階、2階と数えるべきなのかもしれません。


0階の概念を持つ国々



実は、英国系文化圏を含むヨーロッパ諸国や香港などではいわゆる地面階を ground floorと言い、そこから上に向かって順に1階(first floor,、1F)、2階(second floor、 2F)と数えるらしいです。

つまり、日本の1階はヨーロッパでは地上階である0階、日本の2階はヨーロッパでは1階ということになります。

非常に混乱する話なので、1階にいますよと言ってもお互い通じないので気をつけたいところです。

それとは関係なく数字が苦手で、かつよく行き先階を間違える筆者からは以上です。

(平成27年7月23日 木曜日 最終更新:平成28年2月24日(水曜日))

2015年7月22日

介護保険の2割負担(2015年8月から)が始まるというお知らせ



本記事は2015年7月に書かれました。

満40歳以上が負担する介護保険料により支弁される介護サービスですが、今年の8月からその利用する場合の自己負担割合が、これまでの1割から原則2割に増えることになっています。

これ以上、現役世代の介護保険料負担を求めるのは得策ではないという判断から、昨年に法改正がなされた今回の自己負担増ですが、その理解が進んでいるとはいい難い状況です。

不人気な政策変更の周知に音頭を取りたがる者はなく、介護サービスの主体である市町村などの地方自治体からの通知もぎりぎりになっているようです。


2割負担は約2割とのこと



2割負担になるのは、年金収入のみの場合で年280万円以上のいわゆる高年金受給者であり、対象者の約2割が該当するとのことですが、利用している介護サービスの見直しや削減の動きも出てくると思われます。

介護サービスを展開している事業者にも影響が出てくるかもしれません。

あまり公的にも私的にも介護のお世話にならず、できればピンピンコロリはい左様ならといきたいものです。

認知症予防にブログはいいらしいので、続けていこうと思います。

そんな筆者からは以上です。

(平成27年7月22日 水曜日 最終更新:平成28年7月22日 金曜日)

2015年7月21日

本をどの窓から読むのかという選択肢が増えた電子書籍リーダーの登場





本もタブレットやスマホで読むのが当たり前の世の中になってきました。

もともと本として出版されているものを電子化するというのと並行して、最初から電子出版のみで販売する「本」も増えてきました。

そうすると、もはや本とは呼べなくなるのではないかと思うのです。

空港が「港」ではないのと一緒です。

港は数千年前からあったでしょうが、空港はライト兄弟が初めて飛行機を飛ばしてから200年程度の歴史になります。

さて、ブログやインターネット掲示板の話から書籍出版された「電車男」のような例もありますし、紙の本と電子書籍とは相互に影響しながら広がっています。


どの窓から見るかという話



筆者も、電子書籍リーダーの最大手であるKindle端末を買い求めてみました。

スマホやタブレットのKindleアプリで読めるのと同じなのですが、目に優しい電子インクで活字が見易いのと、僅かな電気消費量なため、二週間くらいは給電の必要もないところがデバイスというより実際の「本」に近い感じです。

同じ話を読むにせよ、どの「窓」から見るかを選べるようになったというのは物凄い進化だと思います。

結局まんがばかり読んでいます、ブログの電子書籍化は遠い筆者からは以上です。

(平成27年7月21日 火曜日 最終更新:平成28年7月21日 木曜日)

2015年7月20日

長崎県平戸市でやっている定置網漁業体験に行って魚を食べまくった話





おはようございます。

2015年7月の食べ物に関する記事です。

長崎県平戸市は、江戸幕府の鎖国政策の中でも外国人との交流が認められていた港です。

平戸を当時治めた平戸藩には、古来より大陸の玄関口としてのノウハウの蓄積があったのでしょう。

唐津から伊万里を超え、平戸大橋を渡り平戸島に入り、捕鯨でもかつて有名でありました生月島への橋のたもとに、地元漁業者が漁業体験をもう15年やっている漁港があります。

定置網にかかった魚を毎日水揚げに向かう本物の漁撈作業の漁船に乗っけてもらい、たもで魚を掬って選り分けるというものです。

漁港の朝は早く5:30には集合です。

長靴にカッパ、ライフジャケットを着て軍手をはめて準備完了、船長の話を聞いていよいよ乗り込みます。

沖の定置網にはすぐに到着し、二隻の漁船で器用に定置網をたぐっていきます。

最後の網までたどり着き、二隻の船が横付けされたなかで、鯛、鯖、鯵やヤリイカ、トビウオなどなどをどんどんすくっていきます。

その後はキビナゴなどの小魚を、一気に機械で網にあげて、氷漬けのカートに入れます。




陸揚げしてからが本格的な作業





あとは、陸揚げしてから魚の種類によって選別します。

実は、魚を捕るよりも、この選り分けてまとめるということの方が数倍大変です。

そうしないと市場に出せません。

魚の種類を瞬時に見分ける選別眼が必要です。

すでに、真鯛やイシダイといった高級魚は、船倉のの下にある水槽スペースに泳がせています。

あとで、都会の料亭や食事処の人や仲買人が、直接訪ねてきて個別に買い付けておりました。

そんな一作業終えて食べる新鮮な刺身と魚の味噌汁が大変美味しい朝でした。

日本の漁業に触れた平戸島からは以上です。

(平成27年7月20日 海の日 最終更新:平成28年7月20日 水曜日)

2015年7月19日

古くて新しいコインパークが生まれた逆転の発想につき改めて論じます

新型コインパーク



おはようございます。

2015年7月、好評を博しました新型コインパークの話の続きです。

フラップ板を設置しないという逆転の発想のこの新型コインパークには、フナ釣りより始めてフナ釣りに戻るという言葉のとおり、何事もいろいろと進化し極めていった先には、元のはじめの境地に戻るというような高尚な雰囲気すら感じられます。

いわば、路地で並んでいる無人の野菜売り場のようなもので、重装備の設備投資も監視する管理人の人件費も必要ありません。

利用者を信頼することで、かえって利用者のモラルを触発し質の良いサービスが提供できるというのは、讃岐うどんの自前オーダーシステムに見るまでもなく、日本における特性なのかもしれません。




経済も政治も高度に成長すればするほどコストもかかる





思えば経済が高度に成長すればするほど、単純なサービスにおいても、それを管理したりリスクヘッジしたりするというオペレーションコストがどうしてもかかってきてしまいます。

利用者とサービス提供者を直接つなぐこのような取組みが草の根でできれば、この小さな土地区画は駐車場利用者に適正な駐車料金で利用されることで効用が増し、単に鉄条網で囲っておくより社会的便益が高まることは明らかです。

自宅近くの駐車場からは以上です。

(平成27年7月19日 日曜日)

前半に戻る

2015年7月18日

ありがとう体育館という小学校の古い体育館とのお別れをするという会






おはようございます。

2015年7月のある地方の小学校でのとてもいい話をいたします。

近くの地元の小学校は、今年で90周年です。

その節目の記念事業として、45年間小学生の運動や行事を支えてくれた体育館を建て替えることになりました。

この体育館は、プールも図書室も技術図工室も倉庫も併設している、いわゆるオールインワン型の施設でしたが、夏休みに入る本日を節目に供用を終了し、明日から1年強にもわたる取り壊しての建て替え作業が始まります。

体育館という建物に、まるで人格を与えるように接するのは我々日本人の特性なのかもしれません。









前の日までに体育館を綺麗に拭き掃除して、そして壁や窓に児童や職員保護者の気持ちを書きました。

横には工事作業者用の工事現場建屋も建設されている中、いよいよ本日を持って慣れ親しんだ体育館ともお別れです。

45年間ありがとう、のビデオメッセージを各教室で見て体育館に入る前に既に筆者は泣いています。

最後の全校集会、全児童と教職員やPTA関係者、見に来た保護者達も混じって、各学年代表の体育館への挨拶や思い出の発表、そして子供たちのくす玉割り、そして全員起立しての六年生伴奏による万感迫る校歌斉唱でした。

六年生に限らず、泣いています。

筆者もまた泣きました。

親子でこの小学校という方々もいます。

体育館卒業おめでとう。

ありがとうございました。

新しい体育館は約2年後の竣工となります。

(平成27年7月18日 土曜日 最終更新:平成28年7月18日 月曜日)

2015年7月17日

疲れたと思う前に寝てしまう早寝が一番健康にも生産性向上にもよい話

寝る




おはようございます。

2015年7月の睡眠に関する配信記事です。

毎年7月の博多祇園山笠に出て半分徹夜の状態を強制的に経験するのですが、これにより改めて、寝ることの大切さがわかってきました。

とにかく早く寝ることが良いということです。

早く寝たので、早寝早起きと余計なプレッシャーを自らに課さないことがポイントです。

そんなことを考えてしまうとかえって目がさえて眠れません。

早寝早起きではなく、単に早寝です。

社会的制約がなければ本当にやりたいのは遅く起きることでもいいのではないかという意見もありますが、そうではないのです。

なぜかといいますと、人間起きてからは生産的な活動(その多くは生理的な活動でもありますが)に充てられます。




生産的な活動をすれば眠くならない





トイレには行きたいでしょうし、食事もしたいしそもそも顔も洗いたいところです。

新聞も読みたいでしょう。

しかし、寝る前にはあまり生産的な活動はしていないものです。

生産的な活動をしてしまったら、むしろ頭がさえてしまって眠れなくなります。

そこで、寝る時間だと決めたならば、即寝るのが大切なのです。

疲れたなあ、眠いなあと思いながら、だらだらスマホをいじっているというのが一番だめなのです(それをやってしまうのが自分なのですが)。

絶対に寝るまでにやらなければならないことが終わっているならば、部屋の電気を消して、スマホを置き去り、すぐに寝るのです。

身体が正常ならば、その分自然に早起きもできます。

そこで全力で仕事をしたりブログを書いたりすれば良いのです。

次からのブログは朝書こうと思った筆者からは以上です。

(平成27年7月17日 金曜日 最終更新:平成28年7月17日 日曜日)

2015年7月16日

新しいコインパークのあり方を追求するロードサイド自動野菜売り方式

新型コインパーク






おはようございます。

2015年7月のコインパークに
関する配信記事です。

町中に普通にある小さな
コインパークには、普通
フラップ板という装置が
据え付けられておりまして、
その上に自動車が駐車
してしばらくすると、
その板が上がり、
料金精算をしてその
フラップ板を下げないと
出庫できないという
仕組みです。

狭い国土の日本において、
それだけでは目的の
独立した家屋を建てる
には小さな土地の
有効活用や、跡地を
本格的に開発する前の
暫定利用として
使われております。

まとまった土地であれば、
自走式の駐車場建屋を
建設してその収入で
投資を回収すると
いう方法もありますが、
得てしてこうした
端切れの土地や
利用期間が非常に
短期間に限られている
土地というものは、
なかなかまとまった
投資はできないものです。




駐車場のトータルカンパニー





そうした中、地元の
駐車場のトータルカンパニー
を標榜する会社が、
画期的な駐車サービスを
始めました。

まあ、なんということでしょう。

駐車するスペースには
それを示す木の杭と
番号があるだけです。

そして、料金箱には、
入金すると領収書にも
なるのでしょうか。

何時から何時まで
何番のスペースに
駐車することができる旨の
「紙」が出て、それを
運転席の前に車内から
貼りだしておくという
だけの運用です。

後半へ続く

2015年7月15日

初心を忘れないことを社会人初めてのあの集合研修課題にて新たにする


研修会館




おはようございます。

2015年7月の研修に関する記事をお届けします。

もう20年も前になりますか、学校を卒業して初めて新人として入った会社の新人研修合宿のクライマックス、忘れもしない「フライングコーポレーション」という模擬プロジェクトがありました。

完成形のフライングマシーンを見ることができるのは1人、それを伝えるのが1人、設計図を書けるのが1人、部品を調達することができるのが1人、組み立てることができるのは1人…という具合に、各人の持ち場をこなしリーダーの采配のもと相互コミュニケーションをとりながら、決められた時間(納期)までに決められた仕様のフライングカーを決められた数量納入できるかという模擬演習です。




我がチームは惨敗したのを何年経っても覚えています





忘れもしない、わがチーム、名付けて「スカイウォーク1 (空のさんぽ)」は惨敗しました。

チームリーダーの敗戦の弁を非常にすがすがしく聞きました。

メンバーとはその後、隣の部署になったり遠く分かれたりしましたが、うち一人とは日常的に話す仲が続いており、残る2人とも年賀状のやり取り程度ですが音信があり、他のメンバーも元気にやっていることを人づでに聞いたりすることがたまにあるという状況です。

20年経っても意外に鮮明にその場面を思い出せるというのは凄いことだと思いますが、それだけ印象深かったのではないかと思います。

初心忘るべからずとは能の創始者世阿弥の言葉ですが、人間いつになっても、初心でことに当たれば、その苦い結果も含めて後々まで味わうことができるというものなのかもしれません。

日々新鮮に過ごしたいものです。

ドラマの多かった研修会館の舞台からは以上です。

(平成27年7月15日 水曜日 最終更新:平成28年7月15日 金曜日)

2015年7月14日

好評を博した銀行の「店番号」の仕組みについて少し詳しく説明します

店名は変わりますが、店番号は変わりません





おはようございます。

2015年7月の日本の銀行番号と店番号に関する配信記事です。

銀行番号で書いた記事が意外な好評を博しましたので、続編として店番号についても少しふれておきたいと思います。

4桁の金融機関コードで銀行(他預金金融機関)を特定した後で、その銀行のどの支店のどの口座がという判定に入ります。

まず、店番号です。

本来ならば、1つの銀行を1つの店に見立てればよかったのかもしれませんが、古来の「ムラ」「クニ」から荘園制や御恩方向による土地安堵という封建制度の歴史から江戸幕府の幕藩体制の完成を見る歴史の経緯から、各地方における拠点を持ちたいという自然な欲求が強まり、「支店」という考え方が広まることになります。

最初は日本の企業も、大阪本部と東京本部でしたが、各地域に拠点を持ちその文化風土に即した事業活動を展開していくということから、支店網を争って整備するようになりました。

銀行も、こうした流れに沿って、当局(当時は大蔵省)の認可を受けながら支店を拡充していきました。その支店ごとに振り分けられたのが3桁の店番号です。

3桁ですから、実は000から999までの1000通りしかなく、同一銀行における支店網の限界は、1000ということになります。

巨大統合銀行が出現している現在、実は銀行番号は3桁でよく、店番号は4桁必要だったのではないかとも思うのですが、とにかく店番号は3桁です。

したがってこのコラムを読まれた皆様、支店名などどうでも良いのです。

日本において銀行業務を維持していくために絶対に必要なものは、店番号のほうなのです。




店を統合するのに一番大切なのは店番号





店が統合されるとき、どちらの店番号に片寄せするのか、まったく別の店番号を割り当てるのか、いろいろと方式はあります。

二重口座が発生してしまう可能性があるので、この作業は極めて困難です。

また、001や100といった切りのいい番号は、「本店」や「本店営業部」といった支店の「格」を示す場合があります。

たとえば、銀行番号0001のみずほ銀行の店番号001は「本店」です。

そして100は「丸の内中央支店」でした。

さらに統合されて現在は004になっています。

他の銀行では010というのもよく使われているようです。

日本人の気質は、黒田五十二万石だの伊達六十二万石だの言っておりましたお江戸の時代からあまり変わっていないのかもしれません。

実家は小笠原藩と黒田藩の藩境、わずかに黒田藩側の筆者からは以上です。

(平成27年7月14日 火曜日 最終更新:平成28年7月14日 木曜日)

2015年7月13日

福岡ソフトバンクホークスの二軍球場が凄いということからの教育の話

 芝生





おはようございます。

2015年7月の球場に関する配信記事です。

福岡ソフトバンクホークスが常勝軍団を育成するため、福岡県筑後市に建設中の二軍球場と練習施設がものすごいことになっているようです。

二つの球場に室内練習場、寮にクラブハウスを備え、総工費は50億円以上といわれています。

チームを強くしたいならば、まず設備投資を怠らないというのは野球に限らず育成の王道ですが、この練習施設は、LEDナイターも完備しており暑い昼間の練習を避けた薄暗の夕方から夜間にかけてもしっかり守備練習まででき、選手の疲れをとる温浴施設やプールも完備している優れものです。




どれだけ教育に投資ができるかが鍵





練習と同じくらい大切なのが体作りと身体のケアですが、こうした温浴施設で肩や肘、膝や足首を柔らかく保つことで、怪我を防止しより効果的な練習を消化することができます。

耐久性や衝撃吸収性に優れた天然芝に近い人工芝を完備し、守備の練習から繰り返し行うことで、言い訳できない競争環境を作り出しているのです。

野球ではなかなか目の出ない筆者からは以上です。

(平成27年7月13日 月曜日)

2015年7月12日

日本の優れた金融システムである銀行連携システムの凄さを語りたい話

0396日本興業銀行




おはようございます。

2015年7月の日本の銀行番号という数字に関する話です。

お堅いとか融通がきかないとかいろいろ批判的に言われることも多い日本の銀行業界ですが、そこにいたものの1人として一つだけ申し上げておきたいことがございます。

日本の銀行の非常に優れた凄いところは、ATMで現金の入出金がきっちりと計算されるということと、内国為替での送金がほぼ瞬時できてしまうというところです。

日本人の特性として、電車は数分と遅れず、新幹線に始まるダイヤの乱れは極限まで排除されており、すわ何かの災害が起こって遅延した場合には「何万人の足に影響が出ました」とテレビニュースで大々的に報道されるということがあります。

諸外国であれば、常時遅れているくらいというのが日常なので、そもそもニュースにもならないそうです。

日本人の繊細さについてよく諸外国の人から驚かれる話です。

このように、銀行間の送金の速さは驚きなのですが、これは日本の全銀協システムにおいて、銀行番号(4桁)、店番号(3桁)、口座種別、口座番号(7桁)という統一基準が早いうちに確立されたことが大いに寄与しています。




全ては番号によって一意に決定する仕組み





つまり、「銀行名」など実はどうでも良いのです。

みずほ銀行だろうがりそな銀行だろうがトマト銀行だろうがキャロット銀行であろうが、とにかく、日本の銀行においては、4桁の銀行番号(銀行ではない信金や農協も含むので、統一金融機関コードというのが正式名称ですが)こそが全てを決めます。

栄えある0001は日本で最初の銀行である第一銀行の流れをくんでいるみずほ銀行です。

そして最大手の三菱東京UFJ銀行は、三菱銀行の直系として0005、三井住友銀行は住友銀行の0009を今も使っています。

0002だった三井銀行(さくら銀行)、0003だった富士銀行は、ここ20年くらいの日本版金融ビッグバンによる合併統合により使われなくなってしまいました。

0006の協和銀行や0007の日本勧業銀行、0008の三和銀行もしかりです。

0004や0013はそもそも欠番です。

4は死に通じ、13は世界的に不吉な数、ということで避けたようなのです。

こんなところにも日本人のこだわりが垣間見えます。

銀行番号の配下に、3桁の店番号、そして普通預金だの当座預金だのの預金種別、そして7桁の口座番号で、一つの口座がユニーク(特定)になるというわけです。

本日は数字のお話でした。

かつて0396という変わった銀行番号の銀行(銀行法でもなく長期信用銀行法という特別な法律に基づいて設立された日本興業銀行という銀行)に勤めておりました筆者からは以上です。

(平成27年7月12日 日曜日 最終更新:平成28年7月12日 火曜日)


2015年7月11日

アカウント情報は大切にしないと際限ない個人情報が流出するという話

かつての自前サーバールーム(例)




おはようございます。

2015年7月のサーバーメンテナンスに関する配信記事です。

マイナンバー制度などと言われておりますが、既に現代社会はグーグルアカウントやアマゾンアカウントでかなりの程度個人情報の事実上の代替、情報の紐付けができてしまっております。

筆者も、Gmailを利用しAmazonのサイトで電子書籍などを購入したりリアルな電化製品やガジェットなどを購入しております。

クレジットカードの支払履歴とサイト上の注文履歴、そしてGmailの注文情報メールなどを少し分析すれば、筆者がどのような志向や考えを持ち、どのような経済活動をしているかなど一目瞭然なのです。

クラウド化というものは、個々の経済主体が温度管理されたサーバールームに大きな物理サーバーを置いて自前で管理していた時代から、かなり広域の領域で共通して同じサーバーを利用し、その通信手段としてインターネット高速回線を使い出したことを呼んだものです。

いつしか、戦国シュミレーションゲーム「信長の野望」のごとく、世界中を寡占した限られたサーバー設置業者が世界のデータのかなりを所有し、そして非常なるコストをかけて平穏無事に運営していく時代に突入しました。




世界で最もデータを保有している組織は





おそらく、現在世界でもっとも多くのデータを保有しているのはグーグル、次にアマゾン、だいぶ離れてフェイスブックというところでしょうか。

国家機関、例えばアメリカのCIAなどを軽く凌駕していると思います。

こうした会社は、世界の僻地のどこかしら、例えばアリゾナ砂漠のど真ん中などに、物凄いデーターセンターを複数所有し、そこでは毎日何十台もの超巨大サーバーの設置や取替えを行っているはずです。

どこにあるのかは企業としてトップシークレットであり、かつ当該地域が大規模災害で被災しても、データは隔地間で共有するバックアップを取っているでしょう。

現代のマザー・コンピュータです。

映画マトリックスのような世界がそこにいあります。

このデータ管理のために、こうした世界的情報通信大企業は、国家レベルを超えるシステム投資を行っており、こうした開示データから、どのくらいのデータを保有しているかもわかるわけです。

わかるといいながら、英語が不得手ですので実際の分析には時間のかかる筆者からは以上です。

(平成27年7月11日 土曜日 最終更新:平成28年7月11日 月曜日)

[関連記事]
クロームブック

2015年7月10日

野球漫画のキャプテンから理想的なリーダーシップ像を学ぶという試み

初代谷口キャプテン




おはようございます。

2015年7月の、漫画ばっかり読んでいる筆者からの記事です。

「キャプテン」という、野球漫画の金字塔的作品があります。

作者のちばあきお氏は「明日のジョー」のちばてつや氏の実弟ですが、「プレイボール」という続編を含め素晴らしい作品を世に送り出しました。

さて、その題名に込められたように、この作品はある中学校の野球部の四代にわたるキャプテンの群像を描いたものです。

前キャプテンが次のキャプテンを指名するのですが、ここに、他のスポーツ漫画とは違った、主人公が中心で時間がその周りを流れるというのではなく、あくまでキャプテンというリーダーの地位が固定されていて、その役が回ってくるその時々の選手達にスポットが当たるということになっております。

したがって、「MAJOR」にしろ「ダイヤのA(エース)」にしろ「キャプテン翼」(これは野球ではなくサッカーですが)にせよ、同様のスポーツ漫画の王道である、主人公固定による成長ではなく、ポジション固定の組織づくりの面の強い稀有な物語なのです。




ポジションが人を作るという面に光を当てた




よく、企業や団体の管理職階の研修として、リーダーシップの取り方や発揮の仕方といったセッションが取られることが多いです。

また、クリティカル・シンキングといいまして、ある決定的な決断を迫られた場面において、どのような意思決定のプロセスを経て決定し、その結果の責任を負うかといった話が出てきます。

筆者としましては、もしそのような研修をやるならこの漫画を導入として読んで、そういったリーダーとはどうあるべきかという姿勢を最初に汲み取ってもらいたいと思いました。

初代キャプテンが、中学二年生で転校してきてから、四代目キャプテンが名実ともにチームメイトに信頼される柱になるまで、約4年弱の時間がきっちりと漫画の中で流れ、歴代のキャプテンたち、また周りのチームメイトもそれぞれ成長し、そして卒業していきます。

会社組織も、一人のスーパースターや創業者が引っ張るという面も必要ですが、こうしたリーダーシップを持った人間が多段階に出てきてそのつど新陳代謝が図られるといった発展がないと、この先の時代なかなか難しくなるかもしれません。

などと後進に道を譲る、といいながら100歳過ぎて「近頃の若い者」はと言うのが実は夢だったりします筆者です。

夜中に本を片付けようとして、結局漫画ばっかり読んで夜更かしをしただけの筆者からは以上です。

(平成27年7月10日 金曜日 最終更新:平成28年7月10日 日曜日)

[関連記事]
漫画史考察

2015年7月9日

会社も社員も働き方を納得するまで考えないといけない時代になった話

はたらくくるま





2015年7月の働き方に関する記事です。

会社も社員も、働き方について真剣に考えていかなければならない時代になってまいりました。

大手通信グループのKDDIでは、グループの社員全員を対象に退社後11時間は原則出社禁止するという措置を考え出したそうです。

欧米ではすでに一般的だそうですが、確かにこうすれば休みを強制的にインターバルで取ることができ、まただらだら残業の削減にもなりそうな気がします。

夜中の2時3時までやったところで、まったく効率は上がらず、翌日の出社時間も制限されるようでは、早く帰って休むことも業務のうちと思うことができます。

また、自動車の世界的大手となったトヨタ自動車は、配偶者手当を今後廃止し、代わりに子供に対しての手当は倍増させるということです。




専業主婦ではなく子供の分を厚めに支払う





月額約2万円の専業主婦(夫)らの分を廃止する代わりに、子どもの分をおおむね4倍に増額するとのことで、全体の会社支払額は変わらないですが、会社からの大きなメッセージの変更となりそうです。

家族で誰が働くか、どうやって子供を育てるか、そもそもどのように働くか、これは改めて役割が問われるべき事象なのでしょう。

そして、その大きな生き方に沿った働き方を自ら選びとっていくようになるのでしょう。

労働とは単純時給換算できない、非常に深遠なものであると思います。

雇う方も、雇われる方も、ますます納得感が問われる世の中になりそうです。

すでに引退後の生活に思いを馳せております筆者からは以上です。

(平成27年7月9日 木曜日)

2015年7月8日

2015年7月女子ワールドカップで次へ向かう姿勢が大切と気づく話

再スタート




おはようございます。

2015年7月の女子ワールドカップが終わった感想の記事です。

決勝に進んだ日本は世界最強の米国と戦い、2-5で敗れて準優勝となりました。

米国が開始直後からこれほどまでにギアいっぱいに攻めかかってくるとは正直予想外でした。

数年にわたって日本チームを研究し、前半は高い連動性に裏打ちされた守備に徹して後半得点に賭けるといった日本の作戦を見事に打ち砕いたのです。

開始直後に立て続けに失点を喫してしまったのは残念でしたが、十分に研究し尽くした米国スタッフと選手の気迫が、粘り強いことが身上の日本守備陣を打ち破ったような開始早々の得点劇でした。




次へ向かう姿勢





しかし、0-4と絶望的なスコアになりながら、日本も諦めませんでした。

米国がこれほどまでに本気になってかかった相手であることを証明するように、前半のうちに見事な切り返しからのシュートで1点返し、後半早々にも泥臭く相手のオウンゴールを誘い追加点を上げます。

この大会においても無失点試合を続けてきた米国にとっては1点取られることすら屈辱で想定外だったと思います。

しかしながら、2-4となりもしやとの期待を抱かせてくれた直後、またもセットプレーのコーナーキック、ファーサイドのからのマイナスの折り返しで5点目をぶち込まれてしまい、万事休すでした。

5失点のうち、実に3失点がセットプレーからのものでした。連動する日本守備陣をセットプレーからの力と速さでこじ開けた米国に賛辞を送るとともに、それに今後対処することができる次の日本チームの飛躍に期待したいと思います。

そうして次へ向かっていけば、この試合で3得点ハットトリックを決めた米国10番カルリ・ロイドのような選手が必ず日本にも出てくると思います。

次のチームに期待しましょう。

これ書いたら自分もとりあえずちょっと走ってこようと思った筆者からは以上です。

(平成27年7月8日 水曜日 最終更新:平成28年7月8日 金曜日)

2015年7月7日

昭和の頃のデジタルカメラたちが生まれる前のお話をしたいと思います

モニターも画期的でした




おはようございます。

2015年7月のデジタルカメラに関する配信記事です。

昭和生まれの筆者にはお馴染みのフィルム銀塩カメラをもうほとんど見なくなりましたので、忘れないうちにデジタルカメラがどのように生まれたのか書いておこうと思います。

平成生まれの人にとって見れば、カメラとはデジタルカメラしかないと思われるでしょうが、そもそもカメラの原理は約200年ほど前、銀塩フィルムに光を当てて焼き付けるという技術により発明されたものです。

以来カメラといえばフィルムカメラという時代が長く続きました。

このアナログな光の情報をデジタル信号に変えてモニタに映し出す、これが当時夢と言われた技術デジタルカメラの原理です。

世はバブル経済まっただ中、カシオ計算機が中心となり数社が開発して売り出した初のデジタルカメラは、テレビモニタに静止画を映し出すという画期的なものでしたが、同時期にソニーが売り出した8ミリビデオカメラに瞬く間に淘汰され、まったく売れない代物となってしまいました。

不良在庫を抱えた各社の研究者は、屈辱の量販店での投げ売りに向かいます。

そして、デジタルカメラ開発部隊は各社で冷遇され、雌伏の時を過ごすのです。




そして10年後です





名誉挽回の機会は10年が経過しようとした頃やってきます。

当時流行っていたポケットテレビにカメラ機能を搭載するという奇抜な商品開発アイデアでした。

そしてテレビモニタに代わって台頭しつつあったパソコンへの写真データ転送端子をつけ、開発を進め、ウィンドウズ95という画期的なOSの発売とパソコンブームに商機を合わせて、一気に勝負をかけたのです。

曰く、「テレビ機能は捨てて、カメラ一本でいきましょう」

最初からそのつもりだったな、と言った社長にゴーサインを貰い、10年前の復活戦をかけました。

パソコンと接続するという最初の周辺機器という地位を勝ち取ったデジタルカメラは、瞬く前にヒット商品となり、ここにカシオ計算機を中心とした各社のデジタルカメラ開発屋たちは本懐を遂げたのです。

デジタルカメラは世界シェア過半を制し、日本のモノづくりを象徴する製品となりました。

成功するまで開発する、仕事をするならこれくらいこだわってみたいものです。

今日のこだわったお話は以上です。

(平成27年7月7日 火曜日 最終更新:平成28年7月7日)

2015年7月6日

吉野ヶ里歴史公園として吉野ヶ里遺跡が保存されるまでの長い道のり話






おはようございます。

2015年7月の吉野ヶ里遺跡に関する配信記事です。

不動産開発において、文化財保護法による調査義務は大変な負担です。

数十年前、佐賀県のあるひなびた町に、工業団地を誘致するという話が持ち上がりました。

世は高度成長からバブル経済を迎えた頃、日本全国がなんとか成長に取り残されまいといろいろ知恵を絞っていました。

福岡では福岡空港の拡張、長崎ではオランダ村、そしてハウステンボスといった大規模都市開発がなされている中、佐賀県も、県庁上げて工業団地の整備と誘致に県の運命をかけたのです。

そして、決定した吉野ヶ里の地に、発掘の手が入りました。

ここに大規模な古代都市が眠っていると密かに信じる県庁職員は、限られた発掘期間で最大の成果を上げて、全てを記録に残そうと意気込みます。

そうして、工業団地ができれば子や孫が地元を出て行かなくてここで働いてくれる、と期待してくれた農家の方々を人手として、大発掘隊を組成します。




掘ってみると驚きの古代都市が現れた





そうして、実際に掘ってみたのですが、それは想像を超えた、日本史上類を見ない弥生時代の「都市」だったのです。

大規模な側溝に囲まれた大規模集落は、六本の柱に支えられた物見櫓によって見張りが立てられ、そして「王」にふさわしい巨大な墳丘墓も見つかったのです。

ここで、佐賀県では工業団地推進派と保存派で激しい議論が起こります。

もともと工業団地を誘致したいという地元の熱意もあり始まったこの発掘作業です。

いくら歴史的発見といえ、このまま保存というのでは当初の目的は何も達成されません。

「遺跡で飯が食えるか」とは推進派の言葉ですが、まさにそのとおりだったのです。

当時の佐賀県知事が決断します。

墳丘墓の中を最後に掘ってみて、決めようと。

そうして掘った墳丘墓から、多くの甕棺に埋葬された国王級の人たちと、副葬品である豪奢な剣とガラスの管玉など、国宝級のものが出土されたのです。

考古学界のみならず、保存運動が巻き起こりました。

こうして、この遺跡は、保存が決まりました。

発掘作業に協力いただいた地元の農家の方々への説明会に県庁の職員たちは重い気持ちで臨みます。

説明し、顔を上げたところで迎えられたのは、彼らのほっとしたような笑顔だったそうです。

自分たちの先祖は誇れる人たちだった。

そしてその証拠をずっと残すことができる。

このことがここを掘って本当によかったという気持ちにつながったのでしょう。

人が生きていくのに最も必要なものは、生きていく誇りであると。

こうして、吉野ヶ里遺跡は国の歴史公園に指定され、現在では年間50万人が訪れる名所となっています。

是非訪ねてみてください。

ここに生きたずっと昔の人と、ここを掘った少し昔の人がずっとつながっていることが肌で感じられると思います。

今日の長いお話は以上です。

(平成27年7月6日 月曜日 最終更新:平成28年7月6日 水曜日)

2015年7月5日

大手飲食チェーンストアが中食や内食と競争する時代になったという話

中食や内食も強力なライバルです





おはようございます。

2015年7月の飲食に関する配信記事です。

経済原則に規模の経済というものがあります。

同じようなサービスを大量展開、多店舗展開すれば、単位当たりの提供コストが下がり、顧客に支持されやすくなるというものです。

企業は、この原則に沿って、多店舗展開を図り営業網を拡大し、市場に出ていくのです。

宅配事業などはその典型かと思います。

荷受けする品数が増えれば増えるほど、固定費として必要な配送センターや配達員の効率が上がりますので、費用を賄いやすくなります。

しかしながら、外食飲食業においては、この原則が少し当てはまらなくなっているように感じます。

いわゆる格安大手チェーンに対し、個人経営のお店が競争に勝つという事例です。

この「修正」は外部環境の変化によるものが大きいです。

たとえば、10年程度前の「昔」ならば、飲みに行くときにどこのお店に行くかと決める場合、とりあえず名の知れた大手チェーンの名前(たとえばわたみなど)がぱっと浮かんでとりあえずそこに行っておこうかということになったと思います。

しかし、今は食べろぐといった専門外食アプリケーションがスマホで簡単に見れる時代です。




グーグルマップにすらユーザーコメントが載る時代





またフェイスブックにもお店情報が満載ですし、グーグルマップにすら、簡単なユーザーコメントと店の詳細が「掲載」されているような状況です。

個人経営の知名度がない口コミベースの店でも、客の評判が良ければ広く知れ渡るのです。

実は、大手チェーンの「規格」の味より、より安くより旨いお店は昔から細かくたくさんあったのですが、スマホとアプリの普及によりそういった個人経営のうまい店というのが勝手に外食市場に参入してきたというわけです。

そして、大手チェーン店がいくら安さを追求しても、最低限の労働基準法令に基づいた賃金や人件費、店舗網投資や材料配達の物流コストを賄わなければならないので、個々の個人経営のお店には益々かなわなくなってきているのです。

これからの時代、大型フランチャイズやチェーン店は厳しいという話ですが、単にネット通販がリアルな小売店を侵食するといっただけの話ではないと感じます。

「大昔」の昭和生まれの筆者からは以上です。

(平成27年7月5日 日曜日 最終更新:平成28年7月5日 火曜日)

2015年7月4日

泣いていい場面はあるもの(2015年サッカー女子ワールドカップ)







おはようございます。

2015年7月のサッカー女子W杯に関する配信記事です。

2015年7月、ワールドカップ女子日本代表が二回連続の決勝戦を迎えることになりました。

ここまで2-1や1-0の接戦を勝ち上がり決勝まで駒を進めたチームに最大級の敬意を表します。

物凄いことです。平成に入る前、いえ10年前には想像もつかなかった進化を我が国は遂げています。

失われた何年、などと長らく言われてきましたがことスポーツの世界では、まさに「漫画のような」偉業が次々と実現しています。

準決勝のイングランド戦、日本の決勝点は後半終了間際のオウンゴールでした。

ボールを受けた日本の川澄選手が速攻で上がり、中に無尽蔵の体力で走りこむ大儀見選手と岩渕選手を一瞬で見定め、しかも1対2の数的優位の状況で大儀見選手はフリーな状態であることををちゃんと確認しながら冷静に一息溜めてから最高の低いクロスを上げました。




クリアボールがオウンゴールに





このパスが通っていれば日本にとっては決定的なチャンスになったと思われます。

必死に戻りながらそのクロスをクリアしようと伸ばしたイングランドのディフェンダー、ローラ・バセット選手の足に届いたボールは、無情にも大きく撥ね、自陣ゴール右上のバーに当たってゴールラインを割ってしまったのです。

あの場面、ディフェンダーとしては絶対にボールに触らなければならないところで、それはイングランドも日本の選手もわかっていました。

結果オウンゴールになってしまいましたが、精いっぱいのクリアだったと思います。

同選手は試合終了後泣き崩れ、チームメイトに肩を抱かれてピッチを後にしました。

泣いていいんだとコメントしたイングランド監督とチームに拍手を送りたいと思います。

試合結果は全てピッチに立った者の特権です。

PKを外すことができるのは、PKを蹴ったものだけだという名言もあります。

ラストマッチは2大会連続の米国戦です。日本時間7月6日(月)8:00キックオフ、全力で応援しましょう。

(平成27年7月4日 土曜日)

2015年7月3日

新卒採用に踏み切ることを決断した企業は次のステップに進むという話

上場記念パーティーでの余興




おはようございます。

2015年7月の新卒採用に関する配信記事です。

新卒採用が進んできています。

実施している会社はどこもかなりの内定倍率になっているようです。

どのような会社を選ぶか、これは採用側と就職側の永遠のテーマです。

採用する会社や組織は、今後40年その人が自社で働くことになることをかなり認識して採用に踏み切っています。

なので新卒採用ができるというだけで、会社としてはステージを一つ上げたことになるわけです。




新卒採用はギャンブルだがドラフト制度に似て金の卵にたどり着くチャンスでもある





何のネットワークもスキルもない新卒新人を採用するだけの余裕とビジョンと、何より自身のやっている事業に自信がある会社。

就職側はこのような会社を自分で選び数ある候補から一つに決めてもらいたいと思っています。

筆者も社会人になって20年が経とうとしています。

まさか入った会社が5年後に無くなり、その無くなる銀行の最終日の勘定系システム(預金とか融資とか為替とか)を閉めるところに担当として立ち会うとは思いませんでした。

そうして翌日からの大統合銀行のシステムトラブルです。

この終息には大体1年かかりました。

このように、長い社会人人生の先を予測することは何もできないと思います。

必要なのは覚悟と前に進む気合いだけでしょう。

そのような新卒の方と一緒に仕事をできるのを楽しみにしたいと思います。

先日、前に設立した会社(投資法人)の10周年でした。

10年の月日に思いを馳せながら、次の10年を見据えていきたいと思います。

投資の世界におりますが、まったく相場観が育たない筆者ですが成長余力があるということでお許しください。

こちらからは以上です。

(平成27年7月3日 金曜日 最終更新 平成28年7月3日 日曜日)

[参考記事]

新卒採用が大切

2015年7月2日

パーキンソンの法則が納得されるという実社会におけるいくつかの理由

シャンパンタワーも階層構造です



おはようございます。

2015年7月の記事です。

「パーキンソンの法則」とは、「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」といった大変シニカルな表現です。

もともと、皮肉好きの英国の歴史政治学者であったパーキンソンが著書の中で、人間組織のうち最も完成された官僚制を例にとり、「官僚は部下を持つことで自らの権限を広げようとする」「組織間で仕事を作りあう」「階層構造には際限がない」といった組織の肥大化に対する警鐘を鳴らしたものとされております。




組織は目的を達成するための手段に過ぎない





組織は戦略に従う、という経営学者アルフレッド・チャンドラーの名言がありますが、これも組織とは、組織が目的を達成するための手段に過ぎないということを喝破したものです。

組織づくりで大事なことは、組織のなかの人間が、成果を上げやすくすることです。

組織いじりでは問題の解決にはつながらないのです。

あくまで、どういった組織を用いるのかは、企業戦略如何であるということになります。

ちなみに卑近な例で申し上げますと、飲みごとの予定と消費額は、収入に達するまで膨張し、一次会二次会三次会…という階層構造には際限がない筆者からは以上です。

(平成27年7月2日 木曜日 最終更新:平成28年7月2日 土曜日)

2015年7月1日

日本が戦国時代末期に企てた唐入り(朝鮮出兵)に関する真面目な考察

日本の人口




おはようございます。

2015年7月のはじめの日本の戦国時代に関する歴史振り返り記事です。

先日のAIIBについて記事を書きながら思い出したのですが、日本にも同じような話が高度経済成長以外の歴史にもあります。

当時、実に1世紀にも渡って戦乱に明け暮れた結果、世界最大の銃保有国となりおおせ、戦慣れした戦闘集団を延べ30万も二度にわたって朝鮮半島に投入した、いわゆる秀吉の唐入り(朝鮮出兵)のことです。

なぜ、唐入りは成功しなかったのでしょうか。

そもそも唐入りは、秀吉の師匠であった信長の発想と言われていますが、個人の野望というより、人口1,000万人ちょっとの日本において当時武功あった大名や家臣に領地を分け与えるには、日本は狭すぎる、大陸に向かおうと考えたのではないかと思うのです。




外向き思考の主君信長の夢を継いだのかもしれない





信長の忠実な部下であった秀吉には、その後の徳川幕府がやった、鎖国してだぶついた大名を改易していくという内治方策を採る発想には至らなかったのでしょう。

やったとしても、傘下大名からの反逆(本能寺のような)が恐ろしかった、とも思えます。

徳川幕府は、豊臣家を滅亡させる中、こうして浪人となった元大名たちを半ば意図的に大坂城に集めるように仕組んだ一面もあるかと思います。

そこでわらわら集まってきた全国の牢人浪人に対し、一網打尽の一気の勝負をかけ、だぶつく大名を根こそぎ取り除いた、これが関ヶ原に続く大坂の陣の歴史的性格なのかもしれません。

唐揚げ、と間違えて書きはじめた割にはわりと真面目な話となりました筆者からは以上です。

(平成27年7月1日 水曜日 最終更新:平成28年7月1日 金曜日)